韓国商工会議所会長「日本側が『基本条約で解決済み』と言うなら、会議など必要ない」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

大韓商工会議所(韓国の中央商工会)の会長が、「基本条約は取り引き」「歴史は取り引きで消されるものではない」「このままなら日本と話し合う気はない」としながら、日本商工会議所側を強く非難しました。

韓国の大韓商工会議所と日本の日本商工会議所は、韓日商工会議所会長団会議を1年に1回開催してきましたが、最近は会議が開かれなくなりました

大韓商工会議所のパク・ヨンマン会長は、「徴用問題を取り上げるな。それは政治問題だ」と主張しながら、「経済と政治は影響しあっている」とする日本側の主張を「詭弁だ」と批判しました。言い換えれば、いわゆる元徴用工問題は一切取り上げないで、会議だけさっさとやろうというのです。

別ソースですが、下の写真の頭下げている人がパク所長です(この写真だけニュース1からのキャプチャーで、下の記事引用部分は京郷新聞からです)。ムン・ヒサン国会議長に挨拶をしているそうですが、ムン議長ではなくカメラに挨拶しているようにも見えます。

https://news.v.daum.net/v/20180904115852427

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<パク・ヨンマンの商工会議所会長は29日、「歴史は取引で消えるものではなく、政治問題を韓日経済会議にもってきてはならない」と強調した・・

・・パク・ヨンマン会長はこの日、ソウル中区商工会館で開かれた新年インタビューで、2年連続で韓日商工会議所会長会議が開催されていない理由について「日本がしたことは歴史であり、徴用や慰安婦は韓国人の悲しみと苦しみだ。歴史が取引で消されるものか」と述べた。

三村明夫日本商工会議所会長(新日鉄住金名誉会長)が日韓上会長会議で1965年の韓日協定(※基本条約のこと)と徴用に関連する話をしようとし、パク会長が「経済は経済で、政治は政治だ。政治を会議に持ち込んではいけない」と拒否して会議が開かれなくなったというのだ。

 

パク会長は、日本の半導体の主要品目の輸出規制など、日韓の外交葛藤の所信発言を止めなかった。彼は「日本の会長は『経済が政治の影響を受けるかぎり、政治について議論しなければならない。経済だけ話すのは無責任だ』というが、それは詭弁だ」、「経済がなぜ政治問題を扱うか、日本がこのような立場を堅持するなら、会議などしない」と力説した。

「日本は、韓日協定で補償をしたから、徴用についての話は終わったとします。それは『取引』です。歴史が取引で消せますか。徴用も慰安婦も日本がしたことは、歴史であり、私たちには取引ではなく、歴史であり、生きているの痛みなので、消すことは出来ません。日本の企業が1965年の韓日協定を取り上げて政治的発言をするなら、私も大韓民国国民なのに、黙って聞いているわけにはいきません。経済人が政治争いをしようとするものだから、会わないことにしているのです」・・>

https://news.v.daum.net/v/20191229111247613

 

無理矢理「何かの理屈を急いで作ろう」としている感が半端ない主張です。何より、国家間の協定や条約は、「取り引き」や「政治」ではありません。

どちらかというと、それは国家間の「約束」といいます。だから、日本はそれを守れと韓国に言っているのです。

日本側も、よくもこんな人たちと会議をしてきたものですね。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が発売中(2019年12月27日)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5