日本車を監視する「日本車パパラッチ」登場

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

「文在寅政権の末路」にも似たような内容がありますが、韓国で、日本車を見つけるとしつこく追跡、日本車(のドライバー)が少しでも法を違反すると通報する人たちが増えています。

パパラッチという言葉から、「チャ(車)パラッチ」、「イル(日)パラッチ」と呼ばれているとのことです。一日中付きまとった人もいるとかなんとか。

ああ、なんということでしょう。いったいどれだけ暇ならこんなことができるのでしょうか。以下、毎日経済の記事から部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本製品不買運動が続き、国内で日本車に付きまとい監視する「車パラッチ」まで登場し、日本車オーナーが不便を訴えている(※記事の題は「イルパラッチ」となっています)。

チャパラッチは道路で日本車を発見した場合、ひそかに付きまとって監視し、日本車が交通法規に違反すると、まっすぐ通報する形で、日本車オーナーたちをを苦しめる。チャパラッチ登場で日本車主は当惑しながらも、これといって避ける方法がなくて困っている。

 

30日、インターネットコミュニティと各種ソーシャルネットワークサービス(SNS)などでは、「日本車を一日中付きまといました」、「日本車の追跡結果を報告します」などの投稿が頻繁に上がってきていた。

彼らは道路で日本車に付きまとって、信号違反、スピード違反などを捉え、写真や動画を撮って共有し、警察に通報する。ポータルサイトは最近、「1時間付きまとったが、これといった成果がなかった。次に再び追跡してみる」などの文も上がってきた。

車パラッチは、日本が過去の蛮行と最近の貿易報復措置を行ったことを考えると、日本車を監視することに何の問題も無いと主張する・・>

https://news.v.daum.net/v/20191230152102386

 

「再び」というからには、ナンバープレート、またはその日本車の家(または車を停めるところ)を知っているのでしょうか。

韓国社会に蔓延している、「相手が私と異なるのは悪だ。なぜなら、私が正義だからだ」という典型的なパターンの一つではないでしょうか。

この話題、意外と色んなメディアで目にします。多くのコメントが付いたりはしませんが、基本的にネット世論は肯定的なものが多いようです。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が発売中(2019年12月27日)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5