文在寅大統領、終務式(仕事納め)会議で『日本』と『31運動』に言及・・『北朝鮮』言及せず

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

終務式(仕事納め)を重ねた首席補佐官会議で、文在寅大統領が3つに言及しました。日本の輸出管理厳格化、検察改革、そして国会が機能できないでいることです。北朝鮮に関する内容は無く、記事は「北朝鮮に言及しなかったのは、異例」としています。

国会はいつものことですが、高位公職者犯罪捜査処が国会で成立したこともその大きな理由です。自由韓国党は「韓国のゲシュタポになる」と強く反発しており、しばらく正常化は無理でしょうし、正常化している期間そのものがそう無かった気もします。

日本に関する部分は、イーデイリーの記事から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・首席補佐官で文大統領が最初に言及した2019年の案件は、日本の対韓輸出規制の問題であった。

文大統領は「日本の不当な輸出規制で厳しい状況も予想されたが、国民の応援でむしろ『災い転じて福』のきっかけになった」と評価した。先立って去る7月、日本は韓国に対してホワイトリスト(輸出手続きの優遇局)から排除する経済報復を断行した。韓国政府はこれに相当する措置としてGSOMIA終了を選択し、対抗した。両国は問題を解決するための交渉に突入したが、まだ火種は残った状況だ。

 

文大統領は「核心素材・部品・機器の国産化と産業の育成など、誰も揺らすことができない強い経済の礎を置く機会にすることができた」、「3.1独立運動100年の意味を蘇らせ、意志を集めた国民の力だった」と感謝の意を表した・・>

https://news.v.daum.net/v/20191230170817720

「もっとNO JAPANして」という意味にも聞こえますが・・それなら、日本車パパラッチを「就職者」と分類して給料を支払うという経済政策とかどうでしょうか。

 

それでは、本ブログも今年はこれで更新納めです。適当でしたが(レナのドールハウスも含めて)大掃除も終わったし、映画でも見て、注文しておいたおせち料理食べて、いつもの神社に初詣行って、そう過ごします。夜あたりにツイッターにレナの着物写真載せるかも、です。

皆さんのおかげで、今年も、様々な意味で『順』調に過ごすことができました。本当にありがとうございました。そして、来年もよろしくお願いいたします。

それでは、また令和2年にお会いしましょう。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日(アマゾン発売日基準)に発売です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5