ネタ・エントリー

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

すみません。ニュースチェックちゃんとせず、これ書いて寝ます。雑談のような内容だと思ってください。

記念鋳貨で北朝鮮の動きを説明するユニークな説明会がありました。北朝鮮の、去年末に発行された記念鋳貨(記念硬貨)に、ICBMと移動車両(移動式ミサイル輸送・起立発射台)が描かれていることが明らかになりました。

キャプチャー画像:KBS

https://news.v.daum.net/v/20200103152945592

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

以下の引用はMBCからです。

<北朝鮮が、大陸間弾道ミサイルを刻んだ記念鋳貨を発行したことが確認されました。1ヶ月前に製作されたものと思われ、米国に対してより積極的な姿勢を要求するメッセージも込められたものと分析されます・・

・・韓半島が見える地球儀の前に、移動式発射車両に載せられた大陸間弾道ミサイルが見えます。その横には、火星15と書かれたICBM発射シーンを刻まれています。コインに刻んだフレーズは、「強力な軍事力、平和保障の哲理」。昨年4月にキム・ジョンウン委員長が、最高人民会議で言った施政演説の内容です・・>

https://news.v.daum.net/v/20200103201609105

 

実は、北朝鮮は切手や硬貨などを「乱発」することで有名だと言われています。何のつながりも無く、ディズニーやダイアナ王妃の切手を勝手に発行したこともあるとか。

これは、外貨獲得のためだとも言われています。北朝鮮の切手や鋳貨というとものすごく珍しいというイメージがありますから、コレクターには受けがいいのでしょうか。物にもよるけど、取り引きされる価格は、数万円程度、とも。

そんな北朝鮮で毎年欠かさず出しているのが「反米」関連の鋳貨・切手です。しかし、米朝首脳会談が話題になっていた頃には、鋳貨を作らなかった、とのことでして。今回のICBM鋳貨を「反米」鋳貨と見るなら、2年ぶり、ICBMが刻まれたのは、「多分」初めて、だそうです。

ひょっとして、これがクリスマスプレゼント(有料・数万円程度)だったのでは?

 

余談ですが、これは北朝鮮で最高司令官(金正恩氏)を象徴するとされる記念鋳貨です。金日成大学の電子図書館竣工式で金正恩氏が書いた「自分の土地に足をつけて世界を見ろ」が書いてあります。2019年を「主体(チュチェ)108年」と併記しているなど、面白いといえば面白い気もします。でも、日本の形がちょっとおかしくないですか、これ。

キャプチャー画像:ニュース1より

https://news.v.daum.net/v/20200103130233822

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日(アマゾン発売日基準)に発売です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5