韓国の「人権都市」、脱北者学校を拒否・・「忌避施設(NIMBY)」扱い

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

ソウル市には、脱北者を対象にした「黎明(ヨミョン)学校」というのがあります。全国的にもかなり少ないと言われていますが、ソウル市の場合、公式に「学歴」が認めてもらえる学校は1つしかありません。それがヨミョン学校です。高等学校までの過程があるそうです。とはいえ、生徒の数は89人だけです。

個人的に、韓国に来たなら韓国の学校に普通に通いなさいな・・と言いたいけど、適応期間は確かに必要でしょう。学校のHPを読んでみたら、「『タンクで敵を皆殺ししましょうね』と教えられてきた北朝鮮の学生たちに、いきなり韓国の教育課程を適用するのは無理がある」となっていました。あくまで普通の教育課程への同化のために、いわば「前の段階として」の学校なら、十分意味があることだろうと思いました。ただ、ずっとこの学校に通うことに拘るのはどうかな、とも。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

とにかく、この学校、来年に賃貸契約が終わるそうです。そこで、ウンピョン(恩平)区に移転することになりました。恩平区は「人権都市」・「統一のための基地になる」をスローガンに掲げ、統一博物館というものを作るなど、統一・人権を強調しています。

・・・で、ここでお約束の展開です。恩平区の人たちがヨミョン学校を「忌避施設(NIMBY)」とし猛反対、学校の移転が白紙となりました。

 

<脱北青少年のための代替学校であるヨミョン学校の恩平区移転計画が無期限延期された。一帯の住民の反発で、恩平区の再整備促進計画から、学校移転の案は無くなった・・>

https://news.v.daum.net/v/20191218090018796

<・・住民の反対の裏には、ヨミョン学校を「忌避施設」と言及するなど、「北朝鮮離脱住民」に対する偏見がはっきりしている。恩平ニュータウンの住民が利用するネイバー(※韓国の大手ポータルサイト)のコミュニティーには、学校の移転に「苦情を入れに行きましょう。恩平ニュータウンにこれ以上の忌避施設は容認できない」、「街の質が無茶苦茶落ちてしまいます。我々は、命をかけて阻止しなければなりません」などのコメントが付いていた・・>

https://news.v.daum.net/v/20191210192605490

<・・恩平区が人権都市へ成長している状況で、脱北民の人権を無視する姿は、嘆かわしいだけだ。恩平区を『統一の想像基地』にするというビジョンと公約を提示した自治体が脱北民代替学校前に消極的な姿を見せていることも、悲しいところだ。一時的に保留された学校移転を置いて、地域内に起こる紛争解決のための代替案が急がれる時点だ。>

※そのあと無期延期となりました

https://news.v.daum.net/v/20191211113902223

 

人権を叫ぶ文大統領の現政府からして「脱北民キラー」になっていますから、当然といえば当然の展開です。もしこんな状態で南北統一できたとしても、韓国に来た北朝鮮の人たち、特にその子供がどんな目にあうのでしょうか。単一民族がどうとか自由民主主義がどうとか連邦がどうとかと「名分」を言っていますが、実は北朝鮮も韓国も、『植民地』とのその民がほしいだけでしょう。改めてそう思いました。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、発売中(2019年12月27日発売)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (141)

47 Replies to “韓国の「人権都市」、脱北者学校を拒否・・「忌避施設(NIMBY)」扱い”

  1. 朝鮮時代には西北差別があったとか。つまり北の人間は科挙に合格させないという差別。1811年の洪景来の乱はその西北人の不満が爆発したものといわれていますね。金日成(本名:金成柱)が朝鮮戦争を始め、北朝鮮兵が無類の戦闘力を発揮したのは、戦車や砲兵力といった兵器の優越性もあるのでしょうけれど、北の人たちの南に対するそれまでの恨みのようなものがあったのではないでしょうか。
    朝鮮戦争で越南してきた人たちは、言葉の訛りですぐに分かったそうで、彼らは固まって住んだといわれています。忠清北道の清州にはその人たちが住んだ一角がそのまま残っており、そこがドラマのロケ地になったことからその地域全体が観光地となっています。

    文在寅大統領が脱北者に冷たいのが不思議でならないのです。彼は越南者の息子なのですからね。

  2. 統合30年になるドイツでさえ、旧東ドイツ国民の平均年収は、旧西ドイツより明確に低く、2等市民意識が存在します。
    朝鮮は合併したらより悪くなるのは明確でしょう。

  3. なるほどなぁと思いました。昨日のエントリーを読んだとき、韓国民は脱北者を同胞と思っているのかどうか?というコメントを残したのですが、この記事を読んで韓国民の本音も少し分かりました。
    やっぱりな…という感想です。シンシアリーさんの最後の言葉、北も南も「植民地とその民が欲しいだけ」は納得です。「統一」は支配欲求なんですね。

  4. 昔、スペリ●ールというマンガにこんな話がありました。
    原作はプロの在日朝鮮人作家の半自伝
    マンガやドラマなどの原作を書いている人のようです。

    ストーリーは
    ぼくは母子家庭で小さいときは貧乏だった。母には男がいたが、働かず、母とぼくをいつも殴っていた。
    学校は朝鮮学校で、先生は
    「お父さんがいなくても、北の将軍様がみんなのお父様です。敬愛しましょう」と、いった。
    母に新しい男ができた。
    日本人だった。母は再婚したいという。
    貧乏から抜けられる。ぼくは母が幸せになるならと、反対しなかった。
    新しい日本人の父は、母とぼくに
    暴力を振るわなかった。
    そしてぼくにこういった。
    「大学の費用を全額だしてやる。好きなところにいけばいい。条件はひとつ。
    朝鮮学校を辞めて、日本の高校と日本の大学にいくこと。」
    ぼくは父の提案に乗った。
    日本の大学に行きたい。

    それが決まってから、朝鮮学校の担任の
    先生はぼくをいじめ、同級生達にも
    ぼくをいじめるようにいった。
    裏切りもの。そうよんだ。

    結局、子ども時代を振り代えると
    日本人にいじめられたことはなく、
    母の男も、朝鮮学校の先生も、朝鮮学校の同級生達にも、ぼくをいじめたのは、
    同胞。同じ在日朝鮮人達だった。

    と、いうお話でした。
    そこに描かれている朝鮮学校は
    とても嫌な世界だったのが印象的な
    マンガでした。(作者は心のなかで最初から、朝鮮学校の教えてに反発していた)
    貧乏から抜け出せた主人公に対するヤッカミもあったとは思いますが

  5. >匿名さんへ

    >学校内→家庭内ですよね。
    >でも、家庭でも「民族的習俗」を教えられなくなってきてるんじゃあないですかねぇ。

    日本の元在日台湾人を
    参考にすればよいかと。
    在日朝鮮人と違って、さっさと
    日本国籍を取りました。

    でも、王貞治のように、
    日本国籍を取得されないかたもまれにいます。
    横浜中華街は、戦前は台湾人や中国少数民族が多いそうです。
    で、彼らは国籍を日本にしたけど、
    子ども達には(祭り)など、
    文化を伝えるのだそうです。
    関羽も祭っている。

    伝統と文化は残して伝える。
    そして日本人と仲良くすることにも
    力を入れている。
    自分たちの祭りを観光にして、
    しっかりお金も稼ぐ。
    さらに日本人に自分たちの文化も伝える。

    在日台湾人達は、在日外国人の
    模範生です。

  6. とろいやさんへ

    朝鮮学校の最大特典は、
    勉強ができなくとも、朝鮮大学に入れるとこです。
    そして朝鮮大学を卒業すれば、
    日本の文部科学省の国家試験を
    受けなくとも(北の将軍様への忠誠心を示せば)朝鮮学校の教員になれます。

    大学とは名ばかりで、
    各種学校の扱い、いわば私塾ですので
    学力はいらないのです。

    もっとも朝鮮学校が、激減すれば
    先生の仕事も激減します。
    転職先なんか、まともなところはありません。

    一番困っているのが、
    朝鮮大学を卒業して、
    朝鮮学校の教員になった人達ですけどね

    1. ふふふふふ、朝鮮民族を甘く見てはいけませんよ。
      彼らは、常に「手段のためなら、目的を選ばない」「枝葉末節のためなら肝心要を捨てて省みない」のです。

      「朝鮮学校の伝統という『どうでもいい事』」さえ守れるのならば、抗日戦士の育成だとか、反日活動の拠点だとか、故郷への帰還の日に備えてだとか、という『本来の目的』など、あっさり捨ててしまう」のです。
      ※3番目は本当に忘れてるようですが…

      「日本人入学者を増やすため」に「目の前に突きつけられた『入学してもいいかな』という生徒・保護者からの要望に、力いっぱい応えている」うちに、そうなっても、何ら不思議はありません。

      「朝鮮色を完全に排除した教育プログラム」に改めれば、日本のふつうの高校扱いになりますし。
      「返還不要の奨学金」だけじゃなくて「成績優秀者は海外の名門大学に推薦入学の枠が」とか「定期試験の成績上位者にはボーナス」とか「研究者になった卒業生には博士号取得から50年間研究資金を提供」とか…特典は自由自在ニダ!
      資金はもちろん、日本にタカるニダ。

      「朝鮮学校高等部」からの東大合格者が増え、北朝鮮からの母校への支援に感謝して育ったエリートたちが、日本の政財官界を牛耳るようになって、いやいや徹底したエリート教育で、世界中の名門校を「在日朝鮮学校高等部」の卒業生が埋め尽くす日が来て…あら不思議、将軍様の野望実現の日が…将軍様、その日までお体を大切に。

      ※念のために書いておきますが、ネタだからね。
      ※8行目までは「ホント」かも知れない。
      ※このアイディアを将軍様が採用しても、私は構いません。
      ※実現したら、将軍様とウリがノーベル平和賞を共同受賞するニダ!

      1. 帰るからその為と言って作られた私塾です。
        多くのゴネトクを後押しした存在ですよ。
        今も存在する多くの在日朝鮮人の嘘はココから生まれたのです。

      2. そもそも朝鮮学校は朝鮮総連の下部組織なので韓国とは直接関係ありません。
        民団(在日本大韓民国民団)系にもちゃんと学校はあります
        ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E9%9F%93%E6%B0%91%E5%9B%BD%E6%B0%91%E5%9B%A3#%E6%95%99%E8%82%B2%E6%A9%9F%E9%96%A2
        しかも大阪と京都にある3校は、ちゃんと一条校です。とはいえ、朝鮮学校みたいにそこらに無理やり設置したりしてないので、受け入れ人数は限られてしまってますが……。

  7. 韓国人は脱北者が嫌なんじゃなくて、脱北者を匿うような事をして北に睨まれるのが嫌なのだろう。大統領ムンジェインがまさにそんな奴でしょ。

  8. 朝鮮の歴史の中でも
    一番人権的で民主的で公平であった

    (・∀・)日韓併合時代を否定してる訳ですから
    当然と言えば当然の様に思います

    タダひたすら地獄へと墜ちて行くのが
    韓国人の宿命なんでしょうね
    まぁ、本人達が望んで居るから別にいいんじゃあないの

  9. 今の状態で統一したら?

    そりゃ当然、ソウルに来た北の人は、南の人を奴隷にして王様のように生活するでしょうね。子供たちも今までとうって変わった天国を味わえるでしょう。南の今までの蓄積を食い潰すまでは。

コメントは受け付けていません。