文大統領「日本が輸出規制を撤回するなら両国関係は早く発展するだろう」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

午後の更新が遅れそうで、連続更新します。

文在寅大統領の新年記者会見がありました。日本に関しては「輸出規制(輸出管理厳格化を韓国ではこう言います)を撤回するなら、両国関係は素早く発展するだろう」と話しました。「撤回」という表現を使っているところ、韓国が何かをやるというニュアンスはまったく無いことがわかります。

以下、ニューシーズの2つの記事と韓国日報(全文)から、部分引用します。

<文在寅大統領は7日、日本が輸出規制措置を撤回する場合、両国関係がさらに速く発展していくことができる」と述べた。文大統領はこの日午前9時30分、大統領府で開かれた新年記者会見の新年辞で「日本は最も近い隣人である。両国間の協力関係を一層未来志向的に進化させていく」と述べた。文大統領は、日本だけでなく、米・中・ロとの関係を強調し、今年の外交政策の方向を発表した・・>

https://news.v.daum.net/v/20200107100802213

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

他、韓国日報の「全文」からもう少し日本部分を抜粋してみると、やはりまた輸出管理問題です。

<・・日本の輸出規制措置に対応して核心素材・部品・機器の国産化に企業と労働界、政府と国民が一緒に力を集めました。「誰も揺さぶることができない国」という目標に全国民が共にいました。数十年間出来なかったことが、わずか半年で意味のある成果を成し遂げました。今対日輸入に依存していた核心品目を国内生産に置き換えています。いくつかの項目は、外国人投資誘致の成果も成し遂げました・・>

https://news.v.daum.net/v/20200107100549045

 

米国、中国、ロシア関連では具体的な話はなく、「うまくいく」な内容だけです。ただ、「今年は習近平主席の訪韓が予定されている」と話したとのことですが、中国側は「今年」とはまだ言っていません。

次の記事は北朝鮮関連ですが、こちらはかなり具体的です。記事の最初のまとめの部分だけ、引用してみます。

「韓半島の平和は選択ではなく、必ず行かなければならない道」

「昨年、南北協力の大きな進展がかなわなかったのが惜しまれる」

「南北ともに、米朝対話だけに頼ったのが事実」

「南北間の協力で出来ることがある」

「民族の同胞の共同安全のために接境地域での協力を提案」

「2032年オリンピック共同開催が絶好の機会になるだろう」

「2020東京オリンピック単一チーム協議は継続しなければならない」

「非武装地帯のユネスコ登録、北側が応じてほしい」

「6・15宣言20周年。金正恩委員長が訪韓できるとう南北がともに努力したい」

https://news.v.daum.net/v/20200107101202443

他に、南北鉄道連結、金剛山観光、開城工業団地再開にも言及しました。

 

驚いたのは、全文の約半分が「本政府はこんなによくやりました。今年も続けます」とする内容だったことです。就業者が増えました、などなど。これ、若い人たちはさすがに怒るのでは。それに、国産化でそこまで成果が出せたなら、別に日本に輸出規制を撤回~と言わなくてもいいのでは?と思いました。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、発売中(2019年12月27日発売)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5