菅義偉氏、文大統領の新年辞に「日本の主張は何も変わらない」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

追記にしようかとも思いますが、8日もまた更新が不安定になりそうで(※天気にもよりますので「お知らせ」などの告知は書いていません)、深夜エントリー行きます。

文在寅大統領が新年辞で「日本が輸出規制(輸出管理厳格化)を撤回すれば両国関係は早く発展できるだろう」と話した件で、菅義偉官房長官が、ある種の『返事』をしました。「発言一つ一つにコメントしないけど、日本の主張は何も変わらない」です。最近、韓国関連の菅義偉氏の発言に「一々コメントしない」な類のフレーズが増えた気もします。

以下、韓国日報の記事から、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本政府のスポークスマンである菅義偉官房長官は7日、日本側の輸出規制撤回を前提に関係改善の意志を明らかにした文在寅大統領の新年辞と関連して「韓国側の賢明な対応を求めていく」という立場を繰り返した。

菅長官はこの日の記者会見で、「他の国の首脳の発言一つ一つにコメントすることは控えたい」と言いながらも、「複数の懸案に関する我が国(日本)の立場にはいかなる変化もなく、継続して韓国側の賢明な対応を求めていく」と述べた。日本政府が要求している韓国側の賢明な対応とは、強制動員賠償命令を下した韓国最高裁判決で1965年の韓日請求権協定違反が発生したため、韓国政府がこれを責任を持って是正しなければならないという主張だ。

日本国内の主要なメディアは、文大統領が新年辞で、両国のの対立の根本的な原因である強制動員賠償問題を直接取り上げなかったものの、関係改善の意欲を見せたと評価した。一方、日本政府は先月の韓日首脳会談以後、持続的に韓国政府に解決策の提示を要求している。これにより、両国は対話を通じた解決という前提の下で、当分の間は緊張関係を維持するとみられる・・>

https://news.v.daum.net/v/20200107161019978

 

「日本国内の主要メディア」って詳しくどこの何の記事かはわかりませんが、あれは「関係改善への意欲」ではないでしょう。日本の一方的な撤回を要求しただけなのに、それのどこが関係改善の意欲を見せたことになるのでしょうか。安倍総理がいつも言っている「韓国政府は国際法違反状態を是正しろ」を、少し変えて、「韓国政府が最高裁判決を撤回させるなら、両国関係は発展するだろう」と話したなら、日韓のマスコミはそれを「関係改善への意欲」と報道するのでしょうか。疑問です。

 

 

 

文在寅政権の末路』の重版が決まりました!本当にありがとうございます!!!

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、発売中(2019年12月27日発売)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5