文在寅大統領、支持率47%・・もっとも肯定評価が多いのは「外交」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

文在寅大統領の支持率(国政支持率)が47%、与党である共に民主党の政党支持率は40%と、同機関の前の調査よりそれぞれ3%ずつ上昇しました。総選挙までこの数値を維持できるなら、与党としては悪くない結果になりそうです。ちなみに、文大統領のもっとも評価された項目は「外交」です。

以下、マネートゥデーの記事から、部分引用します。

<文在寅大統領の国政支持率が47%となった。 3週間前より3%ポイント上昇した数値だ・・(※ギャラップ社が10日に公開した世論調査の結果によると)

・・文大統領の肯定的評価は47%、否定評価は43%と集計された。 3週間前(去年12月17〜19日)と比較すると肯定的評価は3%ポイント上昇しており、不正評価は3%ポイント下落した。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

肯定評価の理由は、「外交が上手い」(12%)、「最善を尽くしている・熱心にやっている」(9%)、「福祉の拡大」(8%)の順だった。否定評価の理由は「経済・民生問題の解決不足」(34%)、「北朝鮮関係に重点を置いている・親北」(8%)、「全般的に不足」(7%)などが挙げられた。

年齢別肯定率は、20代47%、30代60%、40代55%、50代40%、60代以上38%と確認された。

政党支持率は、共に民主党が40%、自由韓国党20%、正義党6%、正しい未来党3%などで、与・野の支持率が二倍の差となった。 去年12月17〜19日調査と比較すると、共に民主党が3%ポイント上昇し自由韓国党は3%ポイント下落した・・>

https://news.v.daum.net/v/20200110132303839

 

それでは、これにて。

いつもは引用の後に少し書き加えて終わりますが、今日は「ちなみに、文大統領のもっとも評価された項目は外交です」とすでに書いてしまったので、それ以上のオチはつけられそうにありません。

 

 

 

 

文在寅政権の末路』の重版が決まりました!本当にありがとうございます!!!

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、発売中(2019年12月27日発売)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5