朝鮮日報「文政府の『三権分立』はダブルスタンダード」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

朝鮮日報が、文大統領は(最高裁の賠償判決において)「三権分立」を主張しているけど、韓国内で三権分立を尊重していない、という記事を載せました。

日本に関する部分だけ、引用してみます。

<・・最高裁の強制徴用賠償判決を前後し、多くの専門家が「政府がちゃんと対策しないと、韓日関係は破綻する」と忠告したが、文政府は「三権分立」を掲げ、事実上、何もしなかった。大統領が直接「司法判決に介入することはできない」とし、民政首席(※チョ・グク氏)は「違う意見を言うのは親日派だ」と言った。政府が退路を自ら切ったわけだ・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・政府は、漠然と、米朝・南北関係が良くなると、日本が「蚊帳の外」にならないために頭を下げてくるだろうと期待していたが、朝鮮半島情勢はその逆に流れていった。誤った判断の結果は惨憺たるものだった・・

 

・・三権分立は民主主義の基本的な価値であり、尊重しなければならないことを知らない人はいない。ただし、国際関係と衝突した場合には、話が違う。国内法を理由に国際問題上の責任を回避してはいけないというのが国際法の基本原則である。

日本の最高裁判所が韓国の問題に関して下した判決を、日本政府が韓国に強制することができないのと同じ、逆また然りだ。国内政治で三権分立を徹底的に守りながらも、外交問題では柔軟性を発揮しないといけないものである。ところが、文在寅政府は逆だ。わずか2年前まで立法府を代表していた元国会議長を政権のナンバー2である国務総理に指名し、大統領が司法の首長に「前政府の司法壟断疑惑を必ず究明せよ」と命令もどきを下した。三権分立を尊重する部分は、目を洗って探してみても、無い。

にもかかわらず、文政府は、国際問題で政府の役割を促す苦言に対しては「三権分立も知らないのか!」と睨む。必要な時だけ三権分立を取り出して、自分に不利になると、その後ろに隠れる。 「私がやればロマンス、他人がやれば不倫・三権分立バージョン」である。>

https://news.v.daum.net/v/20200110032120722

 

こういう意見が「無い」わけではありません。でも、意味がありません。なにせ、もっとも重要な「国際法」「ダブルスタンダード」の部分に興味を示す人はそういないからです。記事に賛成する人は「そうだ文在寅は悪い!」とするだけで、反対する人たちは「何を言う文在寅マンセー」を言うだけですから。ソース記事のコメント欄に「朝鮮日報ごときが!」というのがあって、ちょっと笑ってしまいました。

 

 

 

文在寅政権の末路』の重版が決まりました!本当にありがとうございます!!!

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、発売中(2019年12月27日発売)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5