学校の反日強要を暴露した高校生、退学のピンチ?

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

本ブログではエントリーしませんでしたが・・韓国、ソウルにある公立高校・仁憲(インホン)高校にて、去年12月、3年生のチェ君が、学校側の教育方針に反発、実際に撮影した動画をアップロードするなどで、ある問題を世に知らせました。学校側が学生たちに「安倍政権糾弾」など反日スローガンを叫ぶようにするなど、反日を強要した、というのです。他にも学校側は必要以上に文政権を擁護し、反対する意見を言う生徒たちを「イルベ(韓国で極右とされるネットコミュニティ)」扱いしてきた、とも。一部の記事で懲戒が「学生『たち』」となっているのを見ると、チェ君1人ではないようです。

ちなみに、この件、日本でもテレビニュースになったことがありますが・・この問題を明らかにしたチェ君及びその仲間たち、残念ながら、退学処分になるかもしれないとのことです。以下、いくつかの記事から部分引用して紹介します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・チェ君は学校側が、生徒たちに反日スローガンを叫ばせ、政府を支持する立場を持つように強制したと、今年10月に暴露した。すると、学校側は「当時チェ君が証拠として公開した映像に、他の学生たちの姿が含まれており、これは、その学生たちの名誉を毀損したのだ」という理由で学校暴力委員会を開き、チェ君に15時間の社会奉仕措置を、その親には5時間ずつ学校暴力特別教育を受けるように決定した。チェ君は「映像に登場した他の学生たちは、単純な背景であり、全員の顔にモザイク処理をしたのに、何をどう名誉毀損したというのか理解できない」と話した・・>

https://news.v.daum.net/v/20191223000609660

 

そして昨日、こんなニュースがありました。

<自由韓国党チャン・ヌンイン常勤副代弁人は15日、「昨年10月、ソウルのインホン高校で良心の自由を叫び、一部の政治教師たちの不条理を告発した学生たちが、退学の危機にさらされたという。インホン高校は、学生の良心宣言について過去にも懲戒をした」と伝えた。チャン常勤副報道官は、「一回の懲戒では飽き足らず、今回は深刻な手続き的欠陥にもかかわらず、退学レベルの重懲戒を検討しているという」・・>

https://news.v.daum.net/v/20200115181510921

この記事だけだと、詳しく退学なのかどうかは曖昧ですが、かなり重い懲戒になりそうです。すでに全教組(韓国の教員労働組合)から「学校の懲戒決定に政党が干渉するな」という声明が出ています。

 

 

 

文在寅政権の末路』の重版が決まりました!本当にありがとうございます!!!

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、発売中(2019年12月27日発売)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5