韓国、与党国会議員が「ハリス大使は朝鮮総督か」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

今朝紹介した「制裁」発言に対し、韓国与党を中心にまた「ハリス叩き」が目立つようになりました。

以下、中央日報の記事から部分引用します。

<共に民主党がハリーハリス駐韓米国大使に対し、公開的に批判した。文在寅政府の南北協力事業の推進構想についてハリス大使が16日、記者懇談会で「今後制裁を触発することができる誤解を避けるためにも、韓米ワーキンググループを介して扱うのがよい」と発言した部分が問題になった。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ソン・ヨンギル議員は17日、ラジオのインタビューでハリス大使に向かって、「意見表明はいいが、私たちが大使の言葉通りに従うなら、それはもう朝鮮総督だ」、「大使としての位置にふさわしくない、過度な発言ではないか」と述べた。また「個人観光は、国連制裁対象ではない。大韓民国外交が米国の作った境界線の中で遊ぶだけの外交になってはならない」と付け加えた。ソン議員はまた、ハリス大使の言動について「個人の意見なのか、本部の訓令を受けた国務省公式意見であるのか、わからない」と指摘した・・>

https://news.joins.com/article/23684524

 

他にもソル・フン最高委員が「厳重な遺憾の意を表明する」、「内政干渉のような発言は、同盟関係にも役にたたない」と話し、

イ・ヘシクスポークスマンは「ハリス大使は、本人の発言が主権国家であり、同盟国である大韓民国政府と国民の誤解を触発する可能性があると、深い省察をしてほしい」と話しました。

この「朝鮮総督」は、北朝鮮のメディア「ウリ民族だけで」が去年12月13日に使った表現で、ほぼ同時期から韓国の一部の市民団体もこの表現を多用するようになりました。

<・・(※北朝鮮の)対外宣伝媒体「ウリ民族だけで」はこの日、「怒りを醸し出す現地総督の強盗的行為」という題の記事で、「南朝鮮(韓国)米国大使というのは南朝鮮を従属の罠にハメて、政治・経済・軍事・文化などあらゆる面で米国の利益に徹底的に服従するように監視、制御する事実上の現地総督」と批判した・・>

https://news.v.daum.net/v/20191213200243392

こんな表現を与党国会議員が堂々と使うとは、時代も(よからぬ方向に)変わったものですね。

 

 

 

 

文在寅政権の末路』の重版が決まりました!本当にありがとうございます!!!

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、発売中(2019年12月27日発売)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (151)

60 Replies to “韓国、与党国会議員が「ハリス大使は朝鮮総督か」”

  1. 日系米国人のハリス氏を駐韓大使へ任命したのは、米国の仕掛けた「踏み絵」だろうね。韓国社会がまともな国に近づいたかどうかを判定するための。

コメントは受け付けていません。