ハリス大使「日系米国人という理由で批判されている」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

ハリス大使が、「日本系米国人だから批判されている」という趣旨を話したことがわかりました。実際、国会議員がハリス大使のことで「母の実家が恋しくなったのか」と話すなど、明らかにそういう側面がありました。

以下、韓国経済の記事から、部分引用します。

<ハリーハリス大使が、自分が日系アメリカ人で批判の対象になったと述べた。ニューヨーク・タイムズなど外信の報道によると、ハリス大使は16日(韓国時間)外信記者たちとの出会いで、「私の人種的な背景、特に私が日系アメリカ人であるという点で、メディア、特にソーシャルメディアから批判されている」と述べた。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ハリス大使は、在日米軍だった父親と日本人の母の間に日本で生まれた。以降、米海軍太平洋司令官を務めている途中、2018年7月に駐韓米大使に赴任した。

口ひげに関しても「私のひげが何らかの理由で、ある種の魅惑要素になっているようだ」とし「外交官になり、新しい生活を記念するために髭を育てただけ」と口ひげ問題に直接言及したが、海外メディアは「日本植民地時代の総督に含ま改質程度の高圧的な印象を与える」と注目した・・>

https://news.v.daum.net/v/20200118084503101

 

ソース記事によると、NYTやBBCなどは「韓国で、ハリス大使の口ひげが朝鮮総督を連想させることで問題になっている」と報道している、とのことですが・・何かの冗談で言っているならともかく、問題の本質は口ひげではありません。

それに、北朝鮮の宣伝メディアが「ハリスは朝鮮総督」と言ってから韓国社会でもこの表現が流行るようになったのを、彼らは知っているのでしょうか。ただ、CNNの場合「彼が日系であることを問題とするメディアもある」「これは米国では人種差別に値する問題」とも報道しているそうです。

 

 

 

文在寅政権の末路』の重版が決まりました!本当にありがとうございます!!!

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、発売中(2019年12月27日発売)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5