ある意味では、マニュアル社会?

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

この前、ゴーン氏が逃走したのは実は安倍総理の仕業で、自分にかかわるスキャンダルを有耶無耶にするためのものだった・・と保坂祐二氏が主張していました

韓国の日本関連主張が「現実を超えた何か」を必要とするのは目新しいことでもありませんが、なんというか、実にユニーク(思わしくない意味で)な意見でした。

そして今日は、また別の教授が「領土主権展示館は安倍総理がスキャンダルを防ぐために開館したもの」という主張を展開しました。これ、確か前からあったものを拡張移転したもののはずですが・・とりあえず、CBSから部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・(ゲストのイ・ヨンチェ教授)「安倍政権の不正問題を独。島を争点化させて回避しようとする水の乗り物をしているかのように見えます」。

(番組の進行者チョン・グァンヨン氏)「内部の問題を隠し、外部の敵に視線を向かわせるため、わざわざ敵を作る戦略ですね、そうでしょう?」

(イ教授)「そのとおりです。そして・・」

 

・・(チョン氏)「韓国政府が強く抗議するから、日本政府は、理解の差がある場合は、必ず展示館を見て、具体的な議論を始めようと答えましたが、これって、日本側の意図ですよね?紛争地域化して内容的に論議しようこうという巨大ではない。

(イ教授)「そうです・・(中略)・・韓国と日本の主張が違うので、これを議論しようと、むしろ自分たちの論理に自信があると見せつける目的もあるけど、紛争地域であることを強調し、韓国が巻き込まれることを望んでいるのでしょう」・・>

https://news.v.daum.net/v/20200121194805238

他にも、韓国との貿易関連(輸出管理見直しなどで)で日本経済のダメージが大きく、このまま行くと安倍総理の辞任を要求する声が大きくなるだろう、などの話が出ています。

 

妙なのは、この「議論しようというのは日本の作戦だから、巻き込まれてはならない」という話・・確か、開館当日中に韓国各紙から多発的に出てきている点です。出てきたタイミングもそうですが、各氏・各方面で、まるでマニュアルでもあるように同じ意見ばかり。なんというか、「じゃ、議論してみましょう」という意見を早期に潰そうとしているように見えますが、気のせいでしょうか。韓国って、これはこれでマニュアル社会、かもしれません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、発売中(2019年12月27日発売)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5