文大統領、一帯一路参加を本格化・・南北鉄道連結のためか

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

「外交『お、おう・・(王)』」の文在寅氏が、一帯一路への参加を本格化しました。オチ(私感)は後に書くとして、以下、ヘラルド経済の記事から、部分引用します。

<今年「新・北方協力の年」と強調したムン・ジェイン大統領が、中国との事業連携を注文し、「一帶一路」政策への参加を本格化した。大統領府は、具体的な経済的成果だけでなく、米朝関係が梗塞した状況で、中国を通じた南北鉄道協力の成果も図るという腹案だ。

 

ここから「続きを読む」の後になります)

23日、複数の政府関係者によると、大統領府は今月初め、外交部など関係省庁に「韓国の新北方政策と中国の一帯一路で、政策事業を連携できる部分を発掘せよ」という内容の大統領の指示を伝達した。中国での一帯一路事業に参加し、具体的な経済協力の成果を出すことだけでなく、中国を通じた北朝鮮との協力拡大案の検討も指示した。

文大統領は、昨年12月、習近平中国国家主席との首脳会談で、新北方政策と一帯一路構想の連携を強調し、「第3国に共同進出してシナジー効果を出すことができる多様な協力事業が速やかに実行ことを期待する」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200123093443888

 

前にも同じ表現を使った記憶がありますが・・一帯一路って、中国はアイヤー、参加した国々は(借金で)ファイヤー状態です。いまさら韓国が参加して、どんなシナジーが期待できるのでしょうか。

中国という巨大な網にかかって、北朝鮮と生気のない瞳で見つめ合って「もうずっと一緒だね」とつぶやく未来しか無い気がしますが、それは私の心が曇ったせいでしょう。多分。

もしかして、金剛山観光地区などの開発に「韓国も入れて!」と泣きつくとか、そんなことは・・・いや、さすがにそれは無いでしょう。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、発売中(2019年12月27日発売)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5