「高麗葬は日本のせい」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

まだ2000年代になるまえから、「高麗葬は日本が韓国の墓を盗掘するために作り出した話だ」という主張がありました。いまでは、すっかり定説になっています。

高麗葬は、よく「親を山に捨てる」とだけ知られていますが、実は高麗葬が何だったかについては、いくつかパターンがあります。「本当に捨てるもので悪習として禁止された」、「山の洞窟などで親が1人で死ぬように放置し、後になって近くに遺体を埋葬するもの」、「様々な事情による、いわゆる風葬(遺体の風化を待つ)だった」、「誰のものなのかわからない墓をそう呼んでいた」などなど。ちなみに、実は高麗(ゴリョ)ではなく、高句麗(ゴグリョ)の風習だったという話もあります。個人的に、さすがに今の価値観からすると不愉快な話には間違いないですが、当時にはこの事案に対する、当時なりの見方があったのではないか・・と思っています。

ですが、この高麗葬、韓国では「日本のせい」ということになっています。こんな内容です。最近の記事として、「女性経済新聞」からまとめてみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・高麗葬は高麗時代の韓国の文だったと言われているが、先に放送されたMBC「神秘なTVサプライズ」によると、高麗葬は、日本が悪意を持ってまき散らしたものだ

・高麗葬は韓国には一度も訪れたことのない米国の東洋学者ウィリアム・グリフィスという学者の「隠遁の国・韓国」で初めて出てきた

・日本が私たちの民族の誇りを落とし劣等感を与えるために高麗葬という悪習があったと嘘をついたのだ。

・日本が高麗葬という嘘をついたもう一つの理由は、文化財強奪のためであることが分かった。日本植民地時代、当時、韓国の墓を盗掘しようとした日本は、墓を荒らすための名分を作ろうとしたのだ

http://www.womaneconomy.kr/news/articleView.html?idxno=82375

 

まず、高麗葬という話が、併合時代に出版された、いくつかの「朝鮮の説話を集めた本(当時、このジャンルが結構人気だったと聞きます)」に載っているのは事実です。もちろんそれは日帝が作り上げたのではなく、併合時代になってから、ちゃんとした本が出版されるようになったからです。

それでも、韓国はそれらの本を「日帝が韓国人に劣等感を~」と主張してきました。もちろん、80~90年代には何も言いませんでした。確か、90年代末になってから「日本がー」と言い出した、と記憶しています。

 

そして、そういう人たちにとって、もっとも都合が悪いのは、併合時代になるまえ(1882年)に発売された「隠遁の国・朝鮮」です。それについては、引用部分にもあるように、「親日外国人が書いた本だからノーカンな!」という主張になっています。じゃ、ウィリアム・グリフィス氏が本にどう書いているのか?こういう内容です。

「朝鮮の王朝は、2つの悪習を禁止にして、民を喜ばせた。一つは親を生きたまま埋蔵する『高麗葬』で、もう一つは人を生贄として捧げる『人祭』だ。日本でも昔には似たような風習を見つけることができる」。これが「親日外国人が書いたからノーカン」にするような内容でしょうか。

趣旨は似て非なるものですが、前に『孝道契約書』というものを紹介したことがありますので、合わせてお読みください。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、発売中(2019年12月27日発売)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (152)

65 Replies to “「高麗葬は日本のせい」”

  1. 高麗葬をぐぐってきましたが

    >老父母を山に捨てる行為が葬儀風習として実在したかは議論があるところだが、韓国では、これは孝を勧奨するために(仏教における)『雑宝蔵経』の「棄老国説話」と(道教における)『老子伝』の巻6の8「原穀、祖父おほぢを山へ捨つる事」を結合して作り出されたものであるという説がある。1919年に発行された『傳説の朝鮮』には「不幸息子」という童話が収録され、1924年に朝鮮総督府で発行された『朝鮮童話集』には「親を捨てる男」という話が収録されているが、老いた親(前者は祖父、後者は祖母)を高麗葬して山に捨てた父を、子が諭すという内容であった

    と、あるので、中国での
    親孝行を広める目的の説教話が、
    朝鮮人でも伝わっていて
    それをグリフィスという人が、
    小説を根拠に、日本や朝鮮には
    そんな不道徳な習慣があると
    勘違いしたんじゃないかな?

    もしも実在したなら、その老人を
    生き埋めにしたお墓が数多く
    残っていないとおかしいわけで、
    そんなお墓がどこにも残されていないならば、
    高麗葬も作り話だと思いますよ。
    日本の(楢山まいり)とおんなじで

    インカ帝国の生け贄の少女のミイラのようなものが、残ってないのはおかしい。

    あと、日本には(そくしん仏)の
    習慣はありました。
    これは身分の高いお坊様が、
    みずからを生け贄に世の中の幸せを
    祈りながら、土のなかに埋葬されるものです。お坊様は生きている限り、チリンチリンと鐘を鳴らし続け、
    まだいきていることを知らせます。
    ゲームのペルソナでお馴染みの
    (大僧正)のモデル。
    実物のミイラは新潟県の弥彦神社で拝観できます。弥彦神社には
    何度もいってますが、怖いので私は見たことがないです。
    山頂まで登らないといけませんが、
    越後一宮といって、新潟県で一番格式の高い神社です。温泉も多く良い旅館も多いので、ぜひ一度お越し下さい。

  2. >日本では姥捨ての話なんて映画になっちゃってるでしょ

    楢山ぶしこう
    のことかな?

    民間伝承を元にした、深沢七郎の
    処女作で、審査員全員一致で、
    第1回中央公論新人賞をとり、
    大ヒットで映画化されて、
    フランスを始め海外でも翻訳されたとか

    でも、あれも史実をもとにして
    作られた話ではないので
    (その貧しい山村には、70歳になると、真冬の日に楢山まいりにいくという風習があった。老人がみずからくちべらしに、遭難して凍死しにいく伝統)

    架空の村の話を、日本にも姥捨ての
    習慣があったとの根拠にされては
    困ります。
    個人的に、家族のために自殺する老人や
    (飢え死によりは、遭難偽装で凍死のほうがましとか)あってもおかしくはないけど、

    それを村ぐるみに行っていたとなると、
    倫理上問題になるわけで
    少なくとも日本では
    大昔の地方自治体で、姥捨てを肯定していた地域はないのです。

  3. 祖母(90)が老人のグループホームに入れられてしまいました。
    もうヨボヨボだし、長男の嫁(70)だって下の世話までしたくないし。
    仕方が無いのですが、グループホームに顔を出すと祖母は目に涙を溜めて耐えています。
    可哀想で可哀想で・・・。私を可愛がってくれた大切な祖母なのです。
    ちゃんとホームの人が食べさせているのに「お腹すいた。お腹すいた」と言います。
    「歳をとる」って悲しいですね。

  4. 朝鮮では王族~高級貴族を除いた農民農奴には, 葬儀や埋葬と言う言葉も概念も無くて、高麗葬(コリョジャン)と言う働けなくなった老人や親を山に捨てる姥捨てだった。

    李朝時代になると, 奴隷層は家の土間に埋めたり川辺に捨てたり、老婆や間引き赤子を土製のデカイ瓶で茹でて犬猫同様に煮てOったりで葬儀の習慣は全く無かった。

    朝鮮でマトモに葬儀が始まったのは併合後で、朝鮮総督府が儀礼準則を制定してから。
    しかし戦後も女シャーマンと泣き女による謎めいた迷信と奇習、豚の生贄が出る原始的な儀式が続いて、朴正煕(クネ父)大統領は1973年になって, 家庭儀礼準則の大統領令を出して、ようやく韓国でも葬式が行われ様になった。奴らの先祖の墓などここ何十年の話で、それ以前には無い。
    日本が朝鮮統治しなかったら、アフリカのどっかの部族の様に奇習や人食いに明け暮れ、戦後20世紀中まで、石器時代のまま忘れ去られた未開の半島だった

  5. 姥捨て山伝説はインド発生だけど、ヨーロッパにもアフリカにも日本にも、世界中にあるよね。高麗葬も結構、伝説なんじゃないかな。多分、人間が移動しながら暮らしていた時、大好きな親・子でも、弱って動けなくなったときに、置いてかざるをえなくちゃいけなくなる。っていう原罪意識がが人類共通にあると思う。象とか馬とか羊とかライオンとかも弱い子は泣きながらおいてくし。

  6. 今の南朝鮮があるのは日本のせいだ(ぅッ???!)
    だから早く北に吸収されちゃえよ

  7. 疑問なのだが、日帝云々の前に朝鮮人自らが書き記したものは・・・無いんだろうなぁ。
    これも日帝が無くさせたことになっているし、どうしようもないな。
    振り返ってみれば、後にも先にも南朝鮮の歴史は作り話になっていて、朝鮮という括りでみれば北朝鮮はまさに典型的な例になる。朝鮮半島には2つの作り話があって、一方は血統書をでっち上げた国?であるし一方はいつまでたっても乞食よろしく物貰いでその場しのぎの嘘がはびこる国?となっている。いつだったか、誰かがコメントしていたが、北朝鮮から見れば血統書を否定する要素を持つ集団は必要ないんだな。
    でだ、統一したいのは誰だったかね?

    1. >日帝云々の前に朝鮮人自らが書き記したものは・・・
      当然あるでしょう。李氏朝鮮時代は漢文ですから、
      約30年前に漢字を廃止してハングルにした為、読めない。いや、
      読む気がない。日本のひらがなみたいな感じで、
      「私は彼女と一緒になって、成功した。」
      「私は彼女と一緒になって、性交した。」
      日本のひらがなみたいなハングルで、前文を理解しない限り無理。
      だから、ノーベルが取れないんだ。

  8. 現代から見て、忌まわしい文化はあるだろうけど
    そういうものを受け入れず他国のせいにしていると
    本当の歴史を見失うよ

コメントは受け付けていません。