安倍総理「厳格な輸出管理を続ける」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

安倍総理が、韓国への「厳格な輸出管理を続ける」と公言しました。参議院本会議、政府質疑でのことです。新年記者会見で韓国の文在寅大統領が「輸出規制を撤回」に言及したことに対する、「返答」であると思われます。

以下、聯合ニュースの記事から、部分引用します。

<安倍晋三・日本総理は24日、韓日関係の悪化で梗塞された両国間の人的往来を支える政策を展開するつもりだとしながらも、韓国の輸出規制の撤回要求と関連して「厳しい輸出管理」の原則を明らかにし、事実上拒否の立場を示唆した・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・「韓国を輸出先とするレジストの輸出を留保した事実はない」と指摘した後、「昨年7月4日以降(主要品目の韓国の輸出について)個別の輸出許可申請を要求しているが、安全保障の懸念がない民間取引である場合は、許可を出している」と述べた。それとともに「引き続き、国際体制(戦略物資輸出統制体制)に合わせて、厳格な輸出管理の運用のために努力する」とし、韓国の輸出規制撤回要求には応じる考えがないことを示した。

 

このような立場は、昨年7月に日本政府が始めた韓国の輸出規制が安保次元の輸出管理という従来の主張の延長線で、文大統領が14日、新年辞を通じて日本に輸出規制の撤回を公に要求したことに対する回答としても見ることができる。文大統領は今年の新年の辞で「日本が輸出規制措置を撤回すれば、両国関係がさらに早く発展していくことができるだろう」と、日本の輸出規制の撤回を要求した・・>

https://news.v.daum.net/v/20200124161448623

他にも、「民間交流は大事だ」としながらも具体的な内容には言及せず、元朝鮮半島出身労働者問題に関しても日本政府の既存の立場を貫いた、とのことです。

 

文大統領が新年辞や記者会見で話していたこと・・北朝鮮からは個人観光などに対してまったく返事がなく(北朝鮮は中国発の新型コロナウィルスでそれどころじゃないとも聞きますが)、米国の反応は相変わらずで、国内の経済・景気に関しても悲観的展望が目立ち、そして、日本からも「NO」が来ました。

どちらも予見されていたものではありますが、新年なんとかを公言してからわずか2週間足らずでここまで全否定されるとは、これはこれで王の器かもしれません。何の王かはともかくして。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、発売中(2019年12月27日発売)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (161)

43 Replies to “安倍総理「厳格な輸出管理を続ける」”

  1. 何処の国も、妄言に付き合っているヒマは、無いのでしょう。

  2. 最近、ラジオNIKKEIの「レーダー照射は韓国がイランにフッ化水素の横流し」をしていたという話がいくつかのブログで取り上げられています。

    それとは別で(もないか?)ちょっと面白かった記事で、「なぜ韓国はホワイト国にもどれないのか」の記事。

    イスラエルの外交の一蓮の流れの説明?になっていて、なんか納得してしまったのです。
    ttp://www.world-economic-review.jp/impact/article1593.html

    いずれも物証はなく(政府や報道機関のソースなし)考察という段階ですが、日米そしてイスラエル、イランと今の行動などをみていると、それほど外れてはいない感じなのです。

    とりあえず、日本がOKと言って済むものではなさそうなのです。

    1. ついでに米国の基地費用5倍は、裏切りの制裁の入った費用かも。
      韓国の行動を日米首脳はつかんでいるはずなので。
      でもこれらが政府から漏れる時は、韓国がブルーチームから蹴り出される時なので、疑惑程度でおさまり、かつ米国は裏切りを許さず強硬姿勢で韓国にあたるのでしょう。少なくても文大統領の間は米国の姿勢は変わらないのではないかと思うのです。

      北朝鮮とイランを援助している国が韓国だとしたら、米国(とイスラエル)にとっては存在しなくて良い国となるのです。
      基地問題だけでも米国の考えがわかるので、どうなるのか見ていきたいですね。

      韓国の米軍の撤退が、韓国自身、米国、北朝鮮、中国、ロシア、全ての国にwinーwinとなることもあるので、日本は痛みを伴わないように、韓国との関係は切り離すくらいのつもりがいいのかも。
      でも、まあ、米国側の現実路線としては、2倍でも3倍でも毟り取れるものは取り、縮小していくのが現実的ではないでしょうか。(そうでないのならそこに何らかの意志があるのです。)

      1. ラジオニッケイの記事(番組)な!

        「レーダー照射の時のボロ船がイランの船?」
        という疑問もあるけれどもw

        相手がイランだとは思わなかったけれども、「瀬取り(説)」っぽいと思っていたので、納得「度」は個人的には高い(確信までは至らない)。
        イランからの(韓国の派兵についての)嫌われ度もカナリだし、いろいろニュースが繋がってる感はあるね。
        アベちゃんの現地訪問からの根回しも効いてて、対日、対韓の違いの差よw

        ともかく、
        夜中腹減ったので作ったペペロンチーノ。
        唐辛子がドサっと入っちまってw
        メチャ辛で完食断念が悔しいw
        (取り除き切れなかった)

        1. 何が悲しくてあんな危なっかしいボロ船で、それもあんな所でフッ化水素を手渡さなきゃなんないの?イランわそんなん

    2. >イスラエルの外交の一蓮の流れの説明?になっていて、なんか納得してしまったのです。

      リンク先は(スマホなんでめんどくさい)観てないけど、
      ①アベちゃんへの靴のデザート
      ②イスラエル首相(だっけ?)訪韓時の刑法典贈呈
      のハナシでしょうか。
      アレもスゴイよねw

      イ「わかっとんのやで!!」感w
      (日本へのは誤解が解けたらしいけれども)

    3. もと記事読みましたよー。
      面白い。でもちょっと面白すぎるかなぁ?

      イランに密輸するのに日本海で瀬取りする必然性がないような気がする。そこからイランまで同じ船で運ぶわけないから、イランに密輸するなら普通に韓国に陸揚げしてから積み替えた方が良い。

      あれが瀬取りだった可能性は高いと思うけど、相手は北朝鮮じゃないかな?フッ化水素みたいな劇物を海上で受け渡しって危なすぎるし、モノも違うんじゃないかなぁ?

      1. そそ。一蓮の話としては面白いのですが、どうしてもところどころおかしな(整合性が取れない)点があるのですよね。
        レーダー照射は別件。でも戦略物資はイランに運んでいた、とみたほうが正しいのかも。出来過ぎというか面白くしすぎた(関連付けしすぎた)感じはします。
        ただイスラエルの動きの説明(あの時期にわざわざ韓国との友好にだけ来た?)にはなるのと、米国の韓国への塩対応ともつながるので、たぶん横流しはあったのでは、と思われるのです。

        となってくると、日本と韓国の関係でも、今回の徴用工やもろもろで「最終的に日本は譲歩する」との見解とは別に、これを知る上層部は「何一つ譲歩しない」と突っぱねても良い環境になっている、となるのではないかと。(米国は日本に譲歩の圧力をかけてくるのでなく、韓国にかけ、例え米の政権が変わってもこの動きは変わらない可能性もあるのです。)

        まあ結局、韓国の失点でその失点がどこまでのものか、ということなのです。
        (情報の確実なソースはなく想像の段階に終始する話ではあるものの、実に「ありそう」で「韓国らしい」話で飛びついちゃうのです。ネコまっしぐらなストーリーでした。)

  3. 日本の輸出管理で輸出しないとは言ってない
    基地外みたいに騒ぐのはなんかあるぞ
    そこが知りたい
    イランが700億催促しだしたのも時期が合うし
    本当の内情知りたい

  4. 米国外資新規制で日本が「ホワイト国」から外れるとかいうニュースを見ましたが、管理しないと日本がこういう事になるんですよね。当たり前のことですが。
    恐らく中共関連だろうけど。

  5. ムンムンはかりそめの王であり、真の王は北にいる、頭に黒電話を乗せて白馬に跨る肥満の将軍様です。ムンムンは国民を極貧に追いやって自分は贅沢の限りを尽くして1人肥太る将軍様に忠誠を尽くす下僕です。
    南も同じレベルに落として、国ごと将軍様に差し出すべく、ワザと失政を繰り返しているのです。

    って、マジでそんな気がする。

  6. 朝鮮系募集工の報酬を韓国政府に渡して。代わりに払うからで出来た日韓請求権条約。→韓国は実行せず。
    フッか水素を売り渡して。管理は韓国がやるから。→やるわけない。
    〉両国関係がさらに早く発展していく
    この文章変ですね。戦後最悪の日韓関係の今、ベクトルは悪化方向を向いていて発展したらどうなるの。
    言葉がとにかく現実にリンクしてない。有言実行がない。言葉が現実をきちんと表してもいない。言葉に対し忠実になることから韓国は始めるべきです。

  7. 厳格な輸出管理は続けて欲しいです。

    韓国が好きとか嫌いとかじゃなくて、世界平和のために。
    切に願います。

  8. 蠅の王というのが頭に浮かびました
    あれは人間の獣性というか闇の部分をえぐった作品でしたが、文大統領は蠅の王に追従する小者って役どころですね
    ちなみに蠅の王とは蠅が真っ黒にたかっている切り落としたブタの頭のことです

    1. 〉何の王かはともかくとして。

      蝿の王だろ、と思ったらもう言われてた。
      映画コンスタンティンにも出てきたヤツ。

    2. >蠅

      こんな漢字在ります? 日本では殆ど使わないような気がするが。

      1. 蠅、蠅、蚊、蚊、蚊、キンチョール!
        このコマーシャルを知ってる年代の人なら、普通に読めるでしょ。
        でも、パソコンの自動変換で、もう自分では書けなくなってしまったなあ。
        ゴールディングの蠅の王、という有名な小説もあるし。
        蠅なのか、蝿と表記されることもあるのか、厳密にはよく分かってないけど、立派な日本語だよ。
        ひょっとして、チョンチャソレナ!とか言っている人???

  9. 韓国の権利ではなく日本で管理する権利だから、「規制」と言い続ける限り平行線だろうね。

  10. 王たる者には試練がつき物
    七難八苦を乗り越えた先にムンジェイン王の栄光があるのです
    あるのかな?

コメントは受け付けていません。