(※追記しました)韓国、武漢からの帰国者を隔離予定の地域で反発・・住民たちが道路を封鎖

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

新型コロナウィルスの件で、韓国社会のいつもの「あれ」が発動、あれ?な状態になっています。

まず、韓国もチャーター便で武漢から韓国人を韓国に連れてくることになりました。「いったん施設に隔離、様子を見て帰宅」という方向性です。ですが、その「施設」というのが、独立記念館で有名な「天安(チョンアン)」というところにする予定で、マスコミにもそう報道されました。もともとは警察が利用する施設に隔離する予定だった、とも。

ですが、現地住民たちが猛反発、急に別の地域が隔離予定地として発表されました。すると、新しく隔離予定地になった住民たちが、「私たちは政府に甘く見られている(만만하게 보이고있다)」としながら、トラクターで道を封鎖するなど、反発しています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

去る29日午後4時、忠清北道ジンチョン郡の・・(※地名省略)・・「天安市民は自国民であり、鎮川郡民は他国民なのか」「武漢同胞収容反対」などの横断幕が道端にかかった。マスクをした住民100人余りが道路を防ぎ、トラクター・トラック・乗用車で往復4車線の道路を完全に閉鎖した・・

・・政府は、入国する韓国人をアサンとジンチョンの公務員教育施設に分けて隔離すると発表した。隔離場所は国家公務員人材開発院と警察人材開発院など2ヶ所ある。ジンチョンとアサンで会った住民たちは「私たちは甘く見られているから、このような決定もありえたのだ。決定を覆すまで、私たちは退かない」と不満を爆発させた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200130050201265

 

 

ちなみに、以下は国民日報の記事で、日本はどうなっているのかをまとめた部分です。

<・・日本は武漢から206人の国民を乗せたチャーター機が29日午前8時40分ごろ、東京羽田空港に到着した。日本政府は、事前に医師1人と看護師2人、検疫師1人をチャーター機に同乗させて、搭乗者全員を対象に、咳や発熱などの症状を確認した。この過程で、37度を超える発熱や咳などの症状が確認された5人は機内で隔離された空間に乗り、着陸直後、救急車編東京都立駒込病院に搬送された。

機内検査で症状などが発見されていない残りの201人は、日本政府が用意したバス便で国立医療研究センター荏原病院でウイルス検査などを受ける。ここでも症状がない人は、政府が用意したバス便で自宅に移動し検査結果を待つ。自宅が東京から遠く離れているか、家族の感染を懸念してすぐには自宅に戻りたくないという人たちは、日本政府が事前に準備しておいた東京近く千葉県のホテルで待機した後、陰性であることが判明したら、帰宅する。 201人の140人程度が自宅に帰らずホテルに滞在し経過を見守るとしたことが分かった。ただし、日本では武漢から帰国する人たちの件で、感染を恐れて反発したりする動きはない・・>

https://news.v.daum.net/v/20200129181850791

一部の記事では「日本は隔離しないという。日本のネットユーザーたちは『韓国が羨ましい』と言っている」というわけわからない記事もありますが。

 

※追記・・今日から韓国もチャーター便で自国民を帰国させる予定でしたが、直前になってドタキャンとなりました。「いったん、今の場所で待機してください」という連絡があった、と。中国が航空便を許可しなかった、とのことですが、詳しい理由は説明が無かったそうです。

https://news.v.daum.net/v/20200130051946566

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊「文在寅政権の末路」が、発売中(2019年12月27日発売)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5