韓国の保健福祉部長官「チャーター便が遅れたのは、中国が威信を気にしているから」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

1つ前のエントリーにて追記の形でお伝えしましたが、韓国のチャーター機による自国民の帰国が、急に延期となりました。ドタキャンして良い事案でもないし、家が集合場所から遠い人は、家にも帰ることができなくなった場合もあるのではないか、と思われます。

この件について、韓国の保健福祉部長官が、「中国が他国の反応を快く思っていないからだ」と、中国政府が「怒っている」ことをその理由としました。中国政府は「中国でコントロールできるのに、他国が過剰反応している」と思っている、というのです。しかし、長官の話とは違い、日本をはじめ、すでにいくつかの国でチャーター便を利用した自国民の移送が行われています。

以下、アジア経済の記事から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<パク・ヌンフ保健福祉部長官は「中国が対外的な威信を気にし、自分たちがコントロールできる感染症なのに他国が騒ぎすぎだと思っている、という外交的な感じを受けました」と述べた。

パク長官は30日、CBSラジオ「キム・ヒョンジョンのニュースショー」に出演し、中国武漢市に居住している同胞を送還する過程で、当初の発表とは異なり、時間が遅れている背景に対し、このように明らかにした。政府はこの日の午前10時に韓国から出発したチャーター機を介して、現地韓国人を連れてくるという計画を前日明らかにしました。しかし、この日の朝早く、「中国政府が許可を遅延している」とし、現地同胞に空港に集まらず、まず待機するようにと再び発表しました。

パク長官は「飛行機の離着陸には承認が必要だが、その過程で韓国と中国、お互いの意見の相違がある」とし「最後のフライトスケジュールと飛行許可の段階で、まだ完全に確定が取れていない、最後の調整中」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200130110009889

 

「他の国ではもうやってるお」という指摘については、パク長官、「他の国も、思ったほど便が取れず、2~3回やるしかなくなっている」と話していますが・・そもそも1回の飛行で全員連れてくることは想定していないだろうし、韓国も2~3回やればいいはずなのに、中国にもっとも近い国で何を言っている、な感じです。曇った心による邪推ですが・・ちゃんと書類などの準備もせずに「チャーター便で同胞を連れてくる!」と騒いだだけではないでしょうか。

あと、チャーター便による国民帰国も、結局は中国側の協力あってこそのものですから・・こういう「中国が悪い」風に言うのは、さすがにどうかな、と。ひょっとして、日本よりチャーター便が遅れたことを気にしているのでしょうか?

 

1つ前のエントリーで紹介した道路封鎖は、警察1000人が投入され強制撤去となりました。住民たちは、テントを用意して抗議を続けるとのことです。

下のキャプチャー画像は、昨日、韓国の保健福祉部次官がジンチョンを訪問、住民たちから抗議される姿です。ニューシースからのキャプチャーです。

https://news.v.daum.net/v/20200130055549035

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、発売中(2019年12月27日発売)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5