順番と反応

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

ニュース1が、日本のとある記事を引用して記事を書き、袋叩きにされました。『中国、日米との関係を重視してチャーター便を先に受け入れた』という記事です。まずニュース1の記事を部分引用します。

<米国と日本政府が新型コロナウイルスの中国武漢に最初に自国民の撤退のためのチャーター機を送ることができたのは、中国側がこれら二つの国との関係を重視しているからとの主張が、日本国内で提起された。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

30日、朝日新聞によると、日本政府関係者は、政府チャーター機が武漢に向かって離れた去る28日午後、「米国と日本が先に(チャーター)発着の分け前を(中国から)受けた」とし「これにより、中国がどの国を重視しているかを知ることができる」と述べた。米国政府は、29日にチャーター機を利用して武漢から自国民195人を撤収させた。日本政府も同日、自国民206人を帰国させ、この日も210人が2次チャーター機に乗った・・>

https://news.v.daum.net/v/20200130154616037

 

1つ前のエントリーで紹介しましたが、保健福祉部長官がわざわざ「中国側のせいだ」と言っておいたのは、こういう記事が載るのを恐れていたから・・かもしれません。曇ったゴーストがそう囁いています。

ですが、このソース記事のコメント欄がまた傑作でして。以下、随分久しぶりにソース記事のコメント欄の翻訳を載せてみます。韓国側の記事のコメント欄は、日本で言う「いわゆる2ch的な書き方」がメインであるため、どうしても意訳になること、ご理解願います。

いや、この前、あれだけ「マンセー」ネタだった、ネタ子・・じゃなかった「寝た子を起こした」記事も、同じ新聞社の記事なんですが。反応違いすぎますね。もちろん関係の重要さというのもあるでしょうけど、その分、日米が素早く動いたから、こんな順番になったのでしょう。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、発売中(2019年12月27日発売)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5