順番と反応

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

ニュース1が、日本のとある記事を引用して記事を書き、袋叩きにされました。『中国、日米との関係を重視してチャーター便を先に受け入れた』という記事です。まずニュース1の記事を部分引用します。

<米国と日本政府が新型コロナウイルスの中国武漢に最初に自国民の撤退のためのチャーター機を送ることができたのは、中国側がこれら二つの国との関係を重視しているからとの主張が、日本国内で提起された。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

30日、朝日新聞によると、日本政府関係者は、政府チャーター機が武漢に向かって離れた去る28日午後、「米国と日本が先に(チャーター)発着の分け前を(中国から)受けた」とし「これにより、中国がどの国を重視しているかを知ることができる」と述べた。米国政府は、29日にチャーター機を利用して武漢から自国民195人を撤収させた。日本政府も同日、自国民206人を帰国させ、この日も210人が2次チャーター機に乗った・・>

https://news.v.daum.net/v/20200130154616037

 

1つ前のエントリーで紹介しましたが、保健福祉部長官がわざわざ「中国側のせいだ」と言っておいたのは、こういう記事が載るのを恐れていたから・・かもしれません。曇ったゴーストがそう囁いています。

ですが、このソース記事のコメント欄がまた傑作でして。以下、随分久しぶりにソース記事のコメント欄の翻訳を載せてみます。韓国側の記事のコメント欄は、日本で言う「いわゆる2ch的な書き方」がメインであるため、どうしても意訳になること、ご理解願います。

いや、この前、あれだけ「マンセー」ネタだった、ネタ子・・じゃなかった「寝た子を起こした」記事も、同じ新聞社の記事なんですが。反応違いすぎますね。もちろん関係の重要さというのもあるでしょうけど、その分、日米が素早く動いたから、こんな順番になったのでしょう。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、発売中(2019年12月27日発売)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (172)

73 Replies to “順番と反応”

  1. 立憲民主党がまた騒いでいるよ。
    チャーター機まで出して、まるで中国がウイルスで汚染されているかのようだ
    中国の顔に泥を塗ったアベは謝罪しろと。

    1. >新型コロナウイルスの感染が集中している中国湖北省で、武漢市に次いで感染者が多い黄岡市は1日、感染拡大を防げなかった責任で地元の共産党幹部ら337人を処分したと発表した。

      もう武漢市だけじゃなく中国湖北省
      全体に広がってきています。

      なので、日本政府は、警戒区域を
      もう一段階引き上げねばなりません。

      こんな時にこんなざまで、
      いまだに中国の顔に泥を塗ったとか抜かしていると、次の選挙、最速は東京都知事選かな?
      また立憲民主が負けそうですね

  2. WHOはAHO(アホ)だ
    最初に中国全土からの渡航を禁止しておけば・・・死んだ子の年を数えてもな。
    日本もご多分にもれず国内の左の方々を気遣って、中国配下のWHOの「緊急事態」宣言で、ようやく武漢周辺からの入国を禁止した。
    遅きに失したがしないよりは良い程度だな。
    観光業を気遣い、春節が終わるまで待ったお陰で、既に新型肺炎は全国に拡散してる。
    五輪までに収束するかどうか・・・。
    お陰で国内の観光地は日本人までキャンセルが出始めた。
    中国の金欲しさに国民の命を危機に晒した安倍政権は罪が重い。
    二階は何度切腹しても足りないぞ。
    どこの国でも左の方々はバカと決まってるが、国民お命より「人権」という錦の御旗を振り回すから始末が悪い。
    左の方々だけが肺炎になれば良いがな(笑)

    1. >北麓のジジイさんへ

      法律上、中国への渡航禁止を
      だすには、それ相当の根拠が
      必要なんですよ。

      アホとかそういう問題じゃなくて、
      政治的、国際的にできないの。
      アメリカも、日本が渡航禁止勧告を
      だしたそのあとすぐに中国への
      渡航禁止を出しました。
      日本のほうが早い。韓国はいまだに
      渡航禁止を出していません。

      WHOの緊急事態宣言というものは
      それだけ重いもので、海外からの
      投資、株価、果ては為替にまで
      影響が及ぶものだそうです。

      だから、中国はWHOに緊急事態宣言を
      出さないようずっと圧力をかけていたそうです。
      で、WHOはアホだったから、なかなか
      ださなかったんじゃなく、主要メンバーが、そろって中国の手先だったから
      力関係で、だせなかっただけ。

      なので、WHOは緊急事態宣言と
      一緒に、「今回の中国の対応は実に素晴らしい(武漢市閉鎖とか、感染者の海外渡航禁止とか)」と、みんなが鼻じらむほど、よいしょしまくりました。

      本当は、中国が感染拡大を警告していた医者達をデマ拡散の罪で逮捕するなど、
      初動に失敗し、1100万人都市武漢市の約半分が、武漢市から脱出してしまってから、軍を出動させて、武漢市閉鎖し、
      首が確定してやけくそになった武漢市長が色々暴露(武漢市は政治的にコントロール不可能になった)するほど、
      中国は失敗しまくり、世界から信用が
      絶賛低下中だということです。

      ついでに、WHOも緊急事態宣言が
      遅れたことで(あえて春節後にしたと白い目で見られています。)中国との
      関係が問題視されると思われますよ。
      次の人事査定とか

      24日が春節開始。25日が武漢市閉鎖。
      本来であれば、武漢市閉鎖のあと直ぐに
      緊急事態宣言を出さないとおかしい話ですからね

      1. てか、
        23日にWHOは緊急事態宣言をみおくってます。ヒトーヒト感染が中国が封じ込めに動き、
        事態は終息に向かいつつある。と。

        28日には、集金兵が直接WHO事務局長に会いに行き、緊急事態宣言をだすなと圧力。
        代わりに、WHOから中国に調査団を
        派遣するという条件で合意。

        30日、日本でヒトーヒト感染が確認。
        さらに韓国内でも二次感染が確認。世界に感染が広まりつつあることを確認してやっと緊急事態宣言がだせたんですよ

        アホとかではない。中国の圧力。

  3. チャーター機の件では。
    想像ですけど・・。
    中国は「各国1機づつ公平に順序よく。」を念頭に置いた施策を実施した。
    韓国は、一番に拘り、尚且つ複数発着に拘り、結果として中国側と揉めてはじかれた。
    ここいら辺が、問題の根底なのでは?。
    日米は、対応が素速かったし、仏国は時差のハンデが有ったからか?。
    結局、ごり押しが裏目に出て、中国当局からはじかれた。(笑)
    これが、真相なのでは?。
    文は、自国民を助ける事ですら、面子の具にしてしまう所は、文天災だわな。(笑)

  4. 一方その頃日本では

    >勝浦ホテル三日月が声明「同じ日本人として、帰国者のため決断」 武漢チャーター機の191人受け入れ

    なんか、日本に生まれてよかったなあ
    と、思いました。
    わが同胞は温かいな!

コメントは受け付けていません。