「軍艦島」証言者、朝鮮労働党に入って米軍を襲撃していた

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

事案そのものはすでに去年のものですが、韓国でこの件が紹介されるのは珍しいし、ソース記事も1月28日のものですので、今日エントリーします。今回も慶南女性新聞です。

慰安婦問題と同じく、軍艦島での「いわゆる強制労働」は、数人の証言者によるイメージが「当為(とうぜんそうあるべき規範)」として固定されたものです。その証言者のなかでも、2015年あたりから目立っていたのが、ク・ヨンチョル氏です。ですが、どうもその証言とやらが・・「見えないはずのものが見える」ものだったりします。

竹島問題や慰安婦問題でも似たようなパターンがありますが、「労働環境が過酷だった!」などの主観的なものなら、10億歩譲って「あ、そう」と思う人もいるでしょう。でも、たとえば「ありえないはずのものがある」「見えないはずの島が見える」などの証言は、いまでも、本当かどうか確認できます。すると、案の定、「そんなもの、当時は無かった」「そこからはそんな島は見えない」の結論になったります。本件も、そういう類のものだと言えましょう。

以下、ソース記事をまとめてみます。日本の「真実の歴史を追求する端島島民の会」のYOUTUBE動画も、よろしければ視聴してください。13分足らずの映像です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<各メディアが「軍艦島生存者」であり「強制徴用遺族」と紹介す​​るク・ヨンチョル(89・釜山)氏の軍艦島体験証言が、真偽論争に包まれた。親文左派メディアJTBCが、ク氏を庇護するために放送した番組すらも、事実と違うという証言が相次いでいる。国内の反日団体とマスコミは軍艦島(端島)を「地獄の島」と描写しつつ、その証拠としてク氏の証言を前面に出している。ク氏は「軍艦島生存者」として常に紹介されてきた。特に2017年7月、映画「軍艦島」の封切りを前後し、ク氏は頻繁に日帝時代の軍艦島が朝鮮人には暴力と殺人、飢餓が蔓延する地獄のような島だったと証言しており、メディアは彼の証言をそのまま報道した・・>

 

本エントリーでは、ある島が見える、見えないという事案をピックアップして紹介します。ク氏の証言によると、「子どもたちの学校では、教室の窓から中之島が見えた」となっていますが、中之島が見える現在の学校は1955年に作られたもので、当時の校舎からは見えませんでした。「本当に端島で暮らしたことはあるのか」という疑惑が出てくる所以です。

チェ・スンシル氏のタブレットPCを見つけて一躍有名になったケーブルテレビ放送局「JTBC」は、去年8月、看板番組である「イギュヨンのスポットライト」にて、この件を放送しました。「ちゃんと見えるもん!」というのです。しかし、「学校から」ではなく、なぜか海浜から写真を撮って放送しました。問題は当時の学校の窓から見えないというものだったのに。しかも、その写真に写ってあるのは中之島ではなく、長崎半島でした。慶南女性新聞によると、JTBCはなぜかこの回だけ、ネット上での視聴(VOD)ができないようにしてあります。

そして、記事はこう続きます。<・・1931年度慶南ヤンサンで生まれたク氏は、1949年から反政府運動で逮捕された前歴がある。彼は1950年に、南労党(朝鮮労働党韓国支部のようなもの)でもなく、金日成直属の朝鮮労働党に入党し、ゲリラ活動として特にウルサン地域で米軍を襲撃する活動をしてきた。彼は1954年に釜山市内に潜入したが逮捕され、無期懲役を宣告され、20年以上服役し、1974年になってようやく出所した。北朝鮮のために武装闘争を展開、大韓民国と戦った前歴は、現在進行形である。ク氏は今も従北勢力と一緒に活動している。彼は現在、「祖国統一汎民族連合」、いわゆる「汎民連」の釜山慶北支部連合顧問として活動している。これはク氏の口述自叙伝である「シンブルサン」でも確認できる>

http://gnnews.newsk.kr/bbs/bbs.asp?group_name=426&section=13&category=33&idx_num=38360&exe=view

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「文在寅政権の末路」が、発売中(2019年12月27日発売)です!

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が発売中(2019年8月2日)です!

韓国側からも「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (155)

33 Replies to “「軍艦島」証言者、朝鮮労働党に入って米軍を襲撃していた”

  1. 懐かしき軍艦島。
    ウン十年前。定期便などもちろんなく、観光客やまして外国人など考えられない。地元の人しか行かないビーチとその対岸にある島でした。
    当時の地元大学生にとっては、漁師の人にお願いして連れて行ってもらう、ちょっとした幽霊スポット&プライベートビーチでした。

    日本の歴史遺産も、韓国の積年の恨みも、すいぶんにわか仕込みでできるものなのだな、、、、と思いました。本当に地元の人が海水浴でしか立ち寄らない海岸と島だったのです。

  2. >10億歩譲って、、、
    シンシアリーさんは間違いに気がついていない。
    地球一周約40000km、57142858歩だそうです。万歩計地球一周しよう!と呼びかけている人がいます。10億歩を57142858で割ってですよ、もし割り切れたら大変です。向かい合っていて、自分が退くのであれば、余りが57142857だったら、背中合わせで、お尻向けていることになります、それ譲ったというより馬鹿にしているか無視していることになりますが。

  3. スレ違いですが、去年の夏頃、アウシュビツのガス室に関して、建物の歴代の間取図資料を提示し異論を述べている動画がありました。現在建物はユダヤ人と同じコースを辿る観光ツアーに使われているらしいのですが、ガス室入り口は戦後作られ、当時は壁。ユダヤ人は通っていない。ガス室と知られている部屋は死体置き場だったらしいのです。他にも多数の当時の資料を提示していて信憑性が高く、ユダヤ人のホロコーストにもかなりプロパガンダが入っていると認識するようになりました。
    韓国は軍艦島をアジアのアウシュビツに仕立てたいなら、ユダヤのプロパガンダを研究するといいのではないでしょうか。ユダヤ人は紀元前からやっていたみたいですが、韓国にも古朝鮮がある。
    師匠がいるのだし、世界史を勉強するきっかけにすれば損することもない。こんな爺さんをまともに相手する方が時間の無駄。映画も無駄。本当に無駄です。

  4. 韓国人から

    嘘と捏造と虚言と妄想と反日をとったら

    一体何が残るのでしょうかね

  5. 韓国の朝日放送かな?
    それとも、読売テレビかもw
    どれほど有名な解説者がMCでやろうとも、嘘や現実を歪めて放送する事こそがBPOに接触すると思うんだよね。
    ねー、池上さん。
    もう亡くなったが、勝谷さんは茶化しはしたが淡々と事実を流して貰えたな。

  6. 映画『軍艦島』が歴史的証拠だもんな。

    こんなのと会合の場を設けて話し合いなんて出来ないよね。

  7. >ゲリラ活動として特にウルサン地域で米軍を襲撃する活動をしてきた。

    これ、江崎さんの本を読むと関連する話が出てくるね。
    戦後日本軍が撤退した後の半島は、テロと暴動が多発したらしい。

    日本でも朝鮮ゲリラ部隊が1万~1万5千人くらいいたとのこと。

    高倉健の映画で、「朝鮮人が来るぞ」というシーンは、あながち嘘ではない。

  8.  端島石炭の質が火葬に合わない、証言の地理的位置関係が違う、小学校には当然名簿が残っているので照合をすればわかることなのに応答しない。
     韓国人の通常運転の「嘘」です。この手の証言の「嘘」は、偶然に恵まれない限りはなんらかの齟齬を産みます。

     産業遺産国民会議は加藤六月さんの娘さんが代表をされている。日本会議と言うよりは、安倍総理肝いりといった方が妥当な気がします。
     「安倍総理肝いり」よりも「日本会議が裏にいた」方が、JTBCは印象操作しやすかったのでしょう。韓国にとって、日本会議は歴史ねつ造を行う諸悪の根源ですから。
     日本会議が関わっているかどうかは知る術もありませんが、仮に関わっていたとはしてもそれがわかるようなことはしないと思います。韓国じゃあるまいし、抜けた人たちの集まりではありません

     JTBSが動画内でコメンテーターにした恵泉女子大学の李泳采さんは「そこまで言って委員会」などで観ます。こう言ってはなんですが、論理的思考のできない人物だと評価しています。大学HPから学歴を検索できない大学教員ってすごいと思います。どういう経歴の方なんでしょうか?
     もっとも恵泉女子大学のHP自体が、経歴を書いていないません。業績から飛んで検索しなくてはわかりません。経歴を書くと不都合がある場合があるのでしょうか?
     親韓色のある大学かなと感じます。

     韓国の反日活動は、北朝鮮、中国が後押しをしています。韓国単独で日本と対峙したら論理的矛盾が浮き彫りになります。考え方を改める可能性がわずかでもあります。しかし、後押しする存在があると「自分はやっぱり正しいんだな」ということになります。

     嘘を主張するときに、相手の事実や反論を、大声で嘘だと糾弾し受け入れない。その声が大きければ大きいほど韓国では説得力を持つ。今回も慰安婦同様、通常運転の韓国人です。

    1. じわたねほさま
      そして日本人に、嘘を百回言えば本当になるとか、裏で日本人が金を渡したとか、自分の価値観で、負けを認めないところまで、決まりですか。

      1.  韓国がする想像での日本批判はだいたい「合わせ鏡の論理」だと理解しています。

    2. じわたほねさん

      恵泉女学園大学は、キリスト教系の大学です。特に韓国系の大学というわけでもないようですが、NGO活動との関係が深いようです。。
      とはいえ、韓国の聖公会大学、韓信大学とも姉妹関係にあります。

      李泳采(イヨンチェ)氏は、内海愛子氏の後継者のようです。
      内海愛子氏は慰安婦問題などで、韓国側の立場にたっての発言が多いようですね。
      李泳采氏の経歴は、どこにも書かれていませんね。これは不思議です。

      1.  キリスト教系というのは結構、親韓系が多いです。ときおり韓国の牧師が、信者への性犯罪などで紙面を賑わせます。日本のキリスト教の無視できない割合が韓国系です。

         植村記者を講師に迎え入れようとしていた北星学園大学もプロテスタント系のキリスト教主義学校です。姜尚中を学長に迎え入れた聖学院大学もプロテスタント系です。

         韓国人とキリスト教とは親和性が高いようです。

    3. じわたねほ さん

      経歴について

      こんな記事があります。

      ****

      大学を卒業して1998年に6ヶ月間の予定で日本に来ました。 北海道にある障害者自活治療センターに一ヶ月間のボランティアをしに行ったが、一日は若い日本人夫婦の家を訪問することになりました。 私が韓国人であることを知ると、夫婦がひざまずいて日本政府の代わりに慰安婦動員に関して謝ると頭を下げたのです。”

       当時27才だったイ・ヨンチェ(42)は、その時大きな衝撃を受けた。‘飛行機でわずか2時間の距離にある日本について、これまで何も知らなかったんだな。’ドイツに留学に行く当初計画をやめ、彼は東京に居残った。 日本語を学び東大大学院に研究生として入った後、翌年慶応大大学院に進学して韓国研究で名高い小此木政夫教授の指導を受けて修・博士過程を終えた。

      ****

      hankyoreh
      ttp://japan.hani.co.kr/arti/international/15369.html

  9. 具然喆(ク・ヨンチョル)なる人物はググると色々と出てくるいわくつきの輩みたいですね。

  10. 長崎県は、端島を含めた明治日本の産業革命遺産のあと、隠れキリシタン改め潜伏キリシタンの教会群が世界遺産に登録されたお陰で、日本人観光客で大いに賑わっています。

    端島を軍艦島と言って話題に取り上げた時期はとっくの昔に過ぎており、そこで誰が働いていたかなんて全く興味の対象外となっています。
    ましてや朝鮮人労働者がいたかどうかなんてどうでもいいことなんです。

    つまらんデマが拡散するほど人気の観光地ではなくなったので、一部の基地外じみた韓国人観光客がいて騒いだとしても、誰も関心を示さないでしょう。

    それにしても嘘つき韓国人は長生きですね。
    自殺がなければ永遠に生きるのではないかと思ってしまいます。

    英雄がたくさんいたとされる古代史と日本人に虐げられた近代史。
    屈辱的でかつ無駄な知識を貴重な青春時代に詰め込まなければならない韓国人学生は、本当に無駄な時間を費やしていますね。

コメントは受け付けていません。