新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」のご紹介

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

おかげさまで、また新刊を紹介できます。本当にありがとうございます。「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が、新書版になって生まれ変わりました。単行本版を新書化し、新章「約束を望む日本、拘束を望む韓国」を追加したものとなります。

妙な話ですが、本書は「品位」の話です。韓国では『格』という字が、まるで上下関係を表すようになっていますが、私は、「品位」や「品格」という言葉は、他人との比較やランク付けの意味ではないと思っています。お金で品位とか品格とかの話になると、どんな形になるのでしょうか。大金持ちは品位があるのでしょうか。そうではありません。それは違います。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

日本に来てから、私は、韓国では見いだせなかった『平等』の価値観を感じました。それは決して他人との比べ方や、お金の絶対額で見えてくるものではありません。共産主義などで言う平等とも違います。韓国には無かった、その平等の概念。それこそが、人とお金の間に存在する共存関係に絶妙な品位を作り出している。そんな内容の、いわば日本人の品位に関する本です。

本ブログでも一部を紹介しましたが、「『自』中華思想」、「お金は幸せに必要なのか」などのエントリーも、もともとは本書のために用意した内容となります。他にも、韓国人とクレジットカードの悪縁、日本と韓国で「最低賃金」という存在の意味の差、タイトルにもなっている「なぜ借りたお金を返さないのか」を通じての韓国社会分析、そんな内容を、思いっきり書きました。

実は、韓国社会のこの「お金」に関する心理は、日韓関係で現れている韓国側の見苦しさと瓜二つでもありまして・・・そういう内容の本です。

 

本エントリーは固定ではなく、固定エントリーは「文在寅政権の末路」と合わせておきました。画像などは単行本版のものですが、あとで固定エントリーのほうに追加致します。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)

 

 

 

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5