北朝鮮、新型肺炎患者「0人」?「国家の指針に絶対服従せよ」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

本当かどうかはわからないものの、北朝鮮の新型肺炎患者数は「0」となっています。北朝鮮側のメディアが明らかにしたとのことですが、そもそも北朝鮮が感染病関連で患者の数を明らかにしたことがないので、本当に0なのか、0にすることにしたのかは分かりません。

ただ、「嘘ではないかもしれない」という声もあります。なぜなら、人民に『絶対服従』を要求、北朝鮮を完全に『密封状態』にしたからです。北朝鮮が体制維持のために重視している中国からの脱北者送還(中国に逃げた民を北朝鮮に送り返すこと)すらも受け入れないでいるとのことです。

気になるのは、中国との取り引き無しに北朝鮮の人たちの生活が成り立つのか、という点です。北朝鮮関連情報では有名なものですが、北朝鮮の経済も、違法と合法の曖昧な狭間で「市場」に依存しており、特に中国の丹東、延辺との取り引きは活発に行われていました。それらも中止となり、庶民経済に大きな影響を及ぼすことでしょう。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

労働新聞は「もっとも必要なのは先制的に完全遮断すること」としながら、「国境や港湾及び空港等の国境通過地点の検疫と、外国出張者を医療的に監視、海外訪問の制限、外国人との接触禁止、国際輸送手段と観光の根絶、入国者隔離施設を用意」などを掲げました。また、「個別の人々が国家的に建てられた規定の外で勝手に遊ぼうする現象を強く掌握・統制し、国家的な緊急措置に絶対服従するように強い規律を立てなければならない」としました。

https://news.v.daum.net/v/20200201154952864

 

 

<・・北朝鮮のこのような極端な閉鎖政策が経済に悪影響を与えるという指摘が出ている。外国人観光客の入国禁止に続き、北朝鮮に滞在する外国人からの外貨収入さえ減少した場合、ドル枯渇による外部からの生活必需品の調達に支障が懸念されるからである。対外経済政策研究院チョン・ヒョンゴン選任研究委員は、VOAとのインタビューで「今回の事態で、北朝鮮の観光収入の減少はもちろん、輸出の25%ほどを占める中・朝国境貿易が直接的な影響を受けるだろう」と述べた。彼はまた、「(主要外貨収入の根幹だった)観光収入と海外労働者の利益などがコロナウイルスのせいで大きく萎縮して、それに応じ、外貨稼ぎの面で非常に大きな困難があるものと見られる」と付け加えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200205063336229

 

ちなみに、例の金剛山観光地区韓国側施設撤去の件も、「延期するから来るな」と公文が来た、とのことです。

文「でも個人観光は行けるよ」

金「来るな!」

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。※画像は単行本版のものです

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5