日本政府、VANK放射能オリンピックポスターに公式に抗議

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国では勇者扱いされている「VANK」という反日団体が制作した「放射能オリンピック」ポスターに対し、日本政府が韓国政府に公式に抗議した事が分かりました。単に相手の悪意だけでなく、「五輪マークの無断使用」など、いいところをついています。以下、聯合ニュースの記事『日本、BANK東京オリンピック放射の憂いポスターに抗議』から部分引用します。あのふざけたポスターを「憂い」としている点で、すでに記事失格ではりますが。

<韓国のサイバー外交使節団「VANK」が2020東京オリンピックを控え、日本の放射能安全性の問題を提起するポスターを作成ことについて、日本政府が韓国政府に懸念の立場を伝達したことが明らかになった。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

VANK(バンク)は、2011年3月に発生した福島第1原発の爆発事故の影響で、7月24日に開幕する東京オリンピックで放射能安全性の懸念が提起されることもありえるというメッセージを込めて、先月初め、パロディーポスターを製作した。バンクは、オリンピック聖火リレーの姿を、放射性物質を運搬するようにパロディにしたこのポスターをフェイスブックなどのSNSを通じて公開する前に、先月6日、ソウル鍾路区在韓日本大使館の新築敷地仮説壁面に付着した。

 

8日読売新聞によると、日本政府は、バンクが製作したパロディポスターが東京オリンピックと福島原発事故の被害地域を「揶揄」する行為とし、韓国政府に懸念の意を伝えた。これと関連し、日本政府関係者は、読売新聞に「外務省と大会組織委員会がポスター公開後、韓国政府と国際オリンピック委員会(IOC)に『福島とオリンピックを貶める行為であり、エンブレムの無断使用も見過ごすことはできない』という立場を伝えた」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200208095342378

VANKもそうですが、これを「パロディ」「憂い」としながら必死に擁護する記事の書き方のほうに、もっと吐き気を感じました。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。※画像は単行本版のものです

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5