慰安婦問題、韓国で大学講義が開設される・・「専門化」の始まりか

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国の聖公会大学で、慰安婦問題に関する専門講義が開設されました。ちゃんとした大学正規講座で、受講すれば学点(単位)ももらえます。韓国でもこういうのは初めてで、記事は、「これまでは学界が対応する形だったが、これからは教育で対応する」、とも。慰安婦問題の専門化、もちろん韓国に有利な見方での専門化育成が始まったと言えそうです。以下、韓国日報の記事から部分引用します。

<・・5日学界によると、聖公会大学は、今年の1学期教養科目として「日本軍慰安婦問題の歴史と運動」を開設する。慰安婦問題だけを集中的に扱う正規講座を開くのは聖公会大が初めてだ。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

この講義では、慰安婦問題を研究してきたカン・ソンヒョン聖公会大の東アジア研究所教授が務める。カン教授は韓国日報との電話通話で「(慰安婦が売春という発言に対して)偽りと妄言という批判が続いているにもかかわらず、そういう発言は止まらず、むしろ、より拡散している」とし「いままでは学界で対応したが、今からは教育を通じて対応するのが正しいと思って講義を開くことになった」と説明した。

 

聖公会大は学点(※単位)交流システムを介して他の大学の学生にも該当講座を開放する予定である。慰安婦問題を深く対処するため、国内外の専門家招聘も計画中だ。慰安婦被害者支援団体である正義を覚える連帯(※旧挺対協)は「日本だけでなく、国内でも歴史修正主義が力を得ており、人権、平和教育の観点で、この問題を理解して対応する人材の育成が必要な時点で、あまりにもタイムリーな講義だ」と明らかにした・・>

https://news.v.daum.net/v/20200205153425105

 

「日本が悪い」と書いて提出すれば単位がもらえる、韓国では難易度イージーすぎる講義になりそうですね。この低難易度で、単位欲しさに群がる人もいそうです。

しかし、どうせ別の意見を出すと「名誉毀損」で潰されるのに、大学で教える必要があるのでしょうか。韓国で「慰安婦問題に異論を出してはならない」は、専門化ではなくもう義務化されていますので。実は専門家を育成するのではなく、「戦士」を育成するためかもしれません。小学生のときから「私たちの手で真の解放を」と叫んだりしていますから、ある意味では「生涯教育」と言えるかもしれませんが。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。※画像は単行本版のものです

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5