米下院に「臨時政府100年」と書かれた決議案が?

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

あまり話題になりませんでしたが、去年4月、韓米首脳会談が開かれるタイミングにて、米国上院・下院にて、韓米同盟の重要性を再確認するという内容の決議案が上程されました。

本エントリーで扱うのは、上院ではなく、下院のほうです。下院のほうで上程された決議案は、基本的には韓米同盟の重要性を強調するなど上院と同じものでしたが、そこには、「100年前の大韓民国臨時政府の樹立が、今日の韓国の民主主義の脈動と成功、繁栄の基礎であることを認識する」という内容が含まれていました。

読者の皆さんならもうご存知でしょう。韓国は、併合時代そのものを違法だとしています。臨時政府のほうが公式の政府であり、日本の合法的支配など無かったというのです。そんな韓国にとって、具体的なことは書いてないものの「100年前の臨時政府樹立」というフレーズが米国会の決議案に入ると、これは韓国側としては大勝利でしかありません。多分、韓国側が様々な形で「働きかけた」結果、相応の関係にある国会議員が決議案を上程したのでしょう。ニューヨークの韓国人団体が、上院下院両方にこの内容を入れようとした、という話ならありますが、具体的なことまではわかりません。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

で、この決議案が果たして採択されるのかどうか、シンシアリーはかなり注目していましたが・・いくら待っても、上院の方(上院の方には臨時政府関連の内容はありません)はちゃんと採択されたものの、下院のほうで採択されたという話はありませんでした。もし採択まで行けたなら、韓国側は大騒ぎになったはずですが、そうではありませんでしたし・・多分、採択までは行けなかったのではないか、と思われます。

 

そして、今年になって、先月、米国会の上院で、またもや「韓米同盟の重要性を再確認する決議案」が上程、採択されました。韓米同盟に関する思わしくない話が多いし、防衛費問題や在韓米軍撤収の噂などもあり、そういう動きを国会が牽制するためだったのでしょう。

注目すべきは、今回も上院ではなく下院のほうです。今回、下院のほうで決議案を上程した国会議員が、去年4月と同じだったからです。こちらのほうは、まだ採択まで行けたかどうかはわかりません。多分、上程されたのが先月28日だから、まだ結果が出ていないのかもしれません。

でも、今日になってVOAのHPで確認できましたが、なんと、先月上程された下院決議案からは、臨時政府関連部分が削除され、上院のものとまったく同じ内容になっている、というのです。これなら、別に採択されてもされなくても、問題ないでしょう。

https://www.voakorea.com/korea/korea-politics/200128-congress-alliance

 

ひょっとすると、去年この決議案が採択されなかったのは、ひょっとして、臨時政府関連の内容があったからではないだろうか・・そんな見方もできます。希望的観測にすぎないかもしれませんが。

しかし、韓国側の「働き」は、まだまだ続くでしょう。当然採択されそうな内容の決議案に、こっそり臨時政府が~などのフレーズを入れるかもしれません。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。※画像は単行本版のものです※

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5