(※追記しました)菅官房長官、VANK放射能ポスターの件で『あってはならないこと。強力に抗議している』

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

※13日の夜に、VANK側の主張を追記しました。エントリー下段にあります※

思ったより更新が遅くなりました。最近、ちゃんと更新できない日が多くて申し訳ありません。

菅義偉官房長官が、例のVANK放射能ポスターの件で、『あってはならないこと。強力に抗議している』と明らかにしました。聯合ニュースは、政府スポークスマンである菅義偉氏のブリーフィングでこの件が出てきたのは初めてだとしなが、『安倍政権が東北大震災克服を自分の業績にするために極度に敏感になっている』とする記事を載せました。まず、聯合ニュースの該当記事を部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<「サイバー外交使節団」と呼ばれる韓国の民間団体「VANK」が2020東京オリンピック・パラリンピックを控え、日本の放射能安全性の問題を提起するポスターを作ったことで、日本政府が極度に敏感な反応を見せている。

日本政府のスポークスマンである菅義偉官房長官は13日の定例記者会見で、このポスターと関連した日本政府次元の対応を問う質問に、「現実とは全く異なるもので、あってはならないことだと思う」とし、ポスターの内容に強い不快感を示した。菅長官はまた、「(日本の)政府としてはそのようなことが二度と起こらないように、あらゆる手段を動員して強く抗議している」と付け加えた。

菅長官が定例記者会見で記者の質問に答える形式で、この問題に対する日本政府の立場を明らかにしたのは初めてである・・(中略)・・2011年の東日本大震災をちゃんと収拾できず支持基盤を失った民主党政権を追い出し執権した安倍晋三総理と政府は、2020東京オリンピック・パラリンピックを東日本大震災を乗り越えてきた成果を内外に知らせるための舞台にしたがっている・・>。

https://news.v.daum.net/v/20200213154053354

 

前に紹介した関連エントリーと、同じ記者さんが書いたものです。前のエントリーのソース記事は、あのふざけたVANKのポスターを『パロディ』『日本オリンピックを憂いしてのもの』としながら必死に擁護する書き方が目立ちました。今回もまた、五輪マーク無断使用の件はスルーし、「放射能安全性の問題を提起したポスター」とするなど、その書き方は変わっていません。

ただ、前の記事とは違い、今回のソース記事は、どことなく「『日本が悪い』と書きたくて書きたくて仕方がないけどさすがにそうは書けないから困っている人の書き方」に見えるのは、私の心が曇っているからでしょうか。次の記事あたりには「日本が悪い」と露骨に書いてあったりして・・ちなみに、日本の民主党政権ですが、彼らが日本国民の支持を失ったのは、震災「だけ」ではないと、私は思っています。

 

※追記※

ほぼ同じ内容の別記事(同じ聯合ニュース)がアップされました。そこに、VANK側の主張が書いてあったので、紹介します。簡単に言うと、『心配してやってるんだよ』と『表現の自由を侵害するな』の二つです。こちらはすでに「日本が悪い」になっているようです。

<・・パク・キテVANK団長はこの日、聯合ニュースとの通話で、「私たちが製作して配布した東京オリンピック放射能パロディポスターは反日活動をするものではない」、「五輪に参加する選手や関係者が放射能にさらされるおそれが大きいことを国際社会に知らせ、警戒心を高め、日本政府に対し、責任ある対策を用意するように要請するものだ」と反論した。彼は「私たちのような民間団体の正当な要求に対して韓国政府と国際オリンピック委員会(IOC)に抗議すること自体が、自由民主主義社会で保障されるべき表現の自由を侵害するだけでなく、政治的な姿を露出することだ」と指摘した。パク団長は「私たちは、国際社会に放射能問題を正しく教えて、それに対する責任ある管理を促すだけで、全く政治的に問題はない」と付け加えた。>

https://news.v.daum.net/v/20200213200726085

自分の正義に酔って「表現の自由」を叫ぶ・・日本であった某不自由展と中身が同じに見えるのは、気のせいでしょうか。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5