韓国政府内で「補償は韓国政府がやるべきだ」という報告書があった

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

去年、イ・ナギョン前総理を始めとする日韓関係の専門家チームが、「補償は全面的に韓国政府が行うべきだ」とする報告書を大統領府に提出していた、という記事がありました。中央日報の記事ですが、元ソースは日本の読売新聞です。しかし、「日本の意見に従うようだ」とされ、文在寅大統領及び大統領府はこの案を拒否した、というのです。

以下、中央日報の記事から部分引用します。

<韓日両国間の懸案である強制徴用裁判と関連し、昨年初め、当時の李洛淵(イ・ナクヨン)総理が出した報告書を、文在寅大統領が採用しなかったと、日本の読売新聞が12日報じた。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

この新聞は「2018年10月30日、最高裁判所は(徴用裁判被告)新日鉄株金(現日本製鉄)に賠償を命じた確定判決を下した後、知日派であるイ首相は、専門家対策班の座長の役割を引き受け、2019年、青瓦台で文大統領と面談しながら韓日関係の専門家の意見が反映された報告書を提出した」と言う。

読売は、報告書に「原告らへの補償は、韓国政府が全面的に責任を負う。そうでない場合、韓日関係に重大な問題が発生する」という内容が盛り込まれていたと報じた。文大統領は「一旦、分かった」としただけで、最終的には、その報告書を採択しなかったという。読売は「実は、報告書は、事前に大統領府側と協議された内容であったが、報告書が提出された頃に断行された青瓦台の(人事のため、気流が変わった」とした・・対日強硬派が要職に就任したせいで、日本の主張に伴うような報告書は、最終的には蔵入りになるしかなかった、との主張だ・・

・・大統領府の関係者はこれと関連し、「日本のメディアがどのような視点で報道するかは、言論社の自由だ」、「特定のメディアが特定の視点を持って報道しただけ」と明らかにした。>

https://news.v.daum.net/v/20200213000525284

 

イ前総理もずいぶんと反日主張が多い人ですので、彼を知日派とするのは、個人的に違うと思います。実際、2018年からイ前総理は「司法が決めたことだから政府は何もできない」という文在寅政府の主張を、そのまま代弁しました。特に去年12月には、「韓国側に解決策を出せというのは、日本の自己否定だ」というとんでもない話をしていました。いろいろ事情はあるかもしれませんが、とても「韓国政府が補償しないといけない」としていた人の言うことだとは思えません。もし報告書のことが本当なら、イ総理こそ、それからの数々の発言で『自己否定』をしていた、とも言えるでしょう。

 

※今日は、夜まで更新できません※

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。※画像は単行本版のものです※

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (152)

37 Replies to “韓国政府内で「補償は韓国政府がやるべきだ」という報告書があった”

  1. 読売新聞への攻撃が始まったのではないですか?
    あの件で。
    必ず、勝たないといけないと思い込む人たちだから

    ※ちょっと産経新聞は置いといて・・・まずは文さまを批判した読売に、と言った感じ               文さま 命!っ

    ※参考:読売新聞 2019/08/04
    【徴用工への補償をめぐる日韓の主な交渉記録(全文)】
    が載りましたが、ちょっと時期がずれているかも。

    【日韓請求権条約を守れない人々】なんて本も書けそうです。

    「守ったほうが・・・」
    「守らない!」・・・守ってたまるかの声・・
    「そんなの知らない!」・・・泣き叫ぶ女
    「嘘よ嘘!全部でっち上げだ!」・・そうだそうだの大合唱
    「黙ってろ!」・・・ざわざわと人が話す。

    「生活が楽にならずに恨地下にいる私たち・・・だれが悪いの?」
    ・・・・沈黙・・・

    「恨地下は、地価に通じるんじゃあないか!」
    ・・・「そうか金になるのだな!」・・・

  2. 今回は反論はないのですか。
    触れて欲しくない度合いが高いんですかね。

    >最終的には蔵入りに
    それ言っちゃ、自分らちょろいって語るに落ちてるんですが。
    うちが真っ当なことを言う程に、つか言うだけでそれが出来なくなって行くだなんて、なんておいしいんでしょ。

    困るのは真っ当でないことを当然のこととする所とツルまれることなので、その辺が当たり前にならないように、法の支配の勧めにより努めましょうか。

  3. 「日本の意見に従うようだ」とされ、文在寅大統領及び大統領府はこの案を拒否した

    理由がこれってイカれてるわ
    個人ならともかく国としての判断だぞw

  4. ウリデドンリャンムンジェインニムマンセー、マンセー!!
    (テキトーな韓国語。以下 同)

    ウリ、ヨロブン イルボンサラム ヌン カムサ ハムニダ。
    チョンマル ウィデ デドンリャン ニム イムニダ!

    大統領がデドンリャン(テドンヤン?)かどーか、偉大がウィデでいーのか、知らんw

    (訳)
    私たち(の)大統領 文在寅様 万歳、万歳!
    私たち、皆んな 日本人は 感謝しています。
    本当に 偉大な 大統領 様 です。

  5. 「自己否定」こそ、朝鮮文化の本質です。
    イ総理こそ、「朝鮮人の鑑」。

    そして、進化の行き着く先は…「何を否定しているんだか分からない究極の生命体」つまり「ムンたん」ですね。

    逆に「すべてを肯定する」と、行き着く先は「何を肯定しているんだか分からない謎の生命体」つまり「ポッポ」に…
    終点は同じところのようです。

  6. 韓国の政治家に自分なんてあるんでしょうか?有るのは保身だけ。活動圏→文在寅→李洛淵と圧力がかかっていただけでしょう。しかし、文在寅の丸投げ無責任体質はどうしようもないですね。

  7. これ、元の読売新聞記事がどういうモノかが分からないので(検索しても見つかりません、サイト自体会員制になってるし)、本当のことなのかが分からないです
    が、仮にそうだとしたら、さすがのイ氏も日本の空気を読んで去年末に考え変えたんじゃ無いですか
    勿論、それはあくまで自己防衛のためだけでしょうけど
    先月首相が交代したのも、これのせいじゃないか、とうがちます

    いずれにしても、日韓関係を拗らせている最大の要因はムンムンですなあ
    それを後押ししている、大多数の韓国民にも最大の責任がありますが

    1. 無理を承知でしがみついて、あわよくば土俵際までもつれこんで、死に体だろうがなんだろうが日本と一緒に砂かぶりに落ち、ドローか判定勝ちに持ち込む技。もちろん審判は買収済み。決まり手は「チョッパリくずし」

      1. 朝鮮相撲の代表的な決まり手、
        「丸投げ」「放り出し」「拝み倒し」
        「集り切り」「やみうち」「威張り倒し」
        「買い収め」「裏脅し」「共倒れ」

  8. 昨日こう言っていたとしても、今日真逆のことを、矛盾したことを話していても全く驚きませんね。
    一般的な日本人の感覚として、既に彼らはそのような見方をされるのが普通になりつつあります。
    随分世の中変わったなと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。