「安重根」は「金正恩」を隠すためのものなのか

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

以下、『新聞社(または放送局)による』ということを前置きさせてください。ちゃんと書く記事もあります。

韓国社会で「なんたら集会」の価値を決める基準は、『自発的に』です。市民団体が政治勢力化し、恐ろしいほどの影響力を行使するようになりましたが、それとともに、彼らは自分たちの存在を『自発的に』という言葉の後ろに隠そうとしているのです。自発的に集まった。市民団体がリードしたものではない。ああ、素敵なことだ。そう認識させるためです。もちろん、彼らの主張に少しでも深入りすれば、まっさきに市民団体が姿を表します。

いままでは政府が『市民団体がやることだから知らない』としていましたが、市民団体もまた『市民が自発的にやっていることだから知らない』としているわけです。また、全然別の団体に見えても、実は大手団体の『支部』のようなものだったと明らかになることもあります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

今日、全羅北道の青年たちが、初めて選挙権を手に入れた今回の選挙で、「親日議員を選ぶわけにはいかない」と宣言した・・という記事がありました。親日妄言を処罰できる法律、親日半民族行為者の財産を没収できる法律などを作って欲しいなど、いくつかの提案もしたとのこと。

どうみても、本ブログでも何度か取り上げた、親日(とされる)候補者たちを落選させる運動の一環にしか見えませんでしたが、いくつかの記事を読んでみても、市民団体の名前は出てきませんでした。ハンギョレ新聞、ファイナンシャルニュース、ニュース1、MBN、スポーツ京郷、そして聯合ニュースにも、青少年団体、青年たちとしか書いてませんでした。ただただ、「安重根義士の死刑宣告日である2月14日に合わせて~」の部分だけ、強調していました。

でも、「ニューシース」だけ、彼らが市民団体所属であることを明らかにしていました。「ギョレハナ」という団体です。

https://news.v.daum.net/v/20200214140510635

 

この団体は、主に大学生たちの活動、特に反米活動が目立つ団体です。反日ももりとん強いけど、反米、在韓米軍撤退などが彼らの主な活動目標です。

2018年11月、金正恩氏の訪韓を歓迎するためのいくつかの団体が活発に活動していた頃。ある小学校に、ある団体が「平和統一関連の授業を行いたい」と提案してきました。当時の朝鮮日報の記事を部分引用します。

<民間統一団体が「平和統一授業」をするとし、小学校を訪問、6年生を対象に、金正恩北朝鮮国務委員長歓迎団の参加申込書を受けていたことが、18日、確認された。授業を聞いた学生たちは「早く来てください」「いつでも歓迎します」とキム・ジョンウンを歓迎する文も書いていた。学校側は一歩遅れてこのような事実を確認し、その団体に抗議して、申請書を返してほしいと要求した・・

・・この小学校の関係者によると、この授業は、民間の統一団体である「ウリ民族一つになるための運動本部(ギョレハナ)」所属講師が進行した。団体側が学校に「平和統一の授業をする」という内容の公文書を送り、6年生の担任の先生2人が申請した。授業は16日、1〜2時間目にかけて行われた・・>

https://news.v.daum.net/v/20181119030518650

 

いくら韓国が反日大国だとしても、左右葛藤というものがあるかぎり、団体名を知っていることと、知らないこととでは、このニュース、この団体への見方が全然変わるでしょう。なのに、記事には『安重根』は出ていても、『金正恩』は無し、団体名は伏せたままです。便利なものですね、安重根って。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

 

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (105)

32 Replies to “「安重根」は「金正恩」を隠すためのものなのか”

  1. 韓国にはヘイトスピーチ法は不要でしょうね
    反日に背く発言は社会的に抹殺されるでしょうから

    中国で習近平のポスターに墨を投げつけた女性が逮捕され釈放後はロボトミー手術?と疑われるほど変わってしまったとか

    文大統領も選挙に向けて成果が欲しいでしょう。金正恩の訪韓も習近平の訪韓もなさそうですし。
    三・一運動記念に向けて原稿を書いてるでしょうけど

  2. 韓国人にとっては「安重根義士の死刑宣告日である2月14日に合わせて、青年達が自発的に反日を叫ぶ」べきなんですよ。そうであってこそ、韓国人の心の隙間が満たされる、、
    金正恩うんぬんよりも、反日が最優先。青年達の所属団体など聞かされず、心の隙間が満たされ韓国人は満足なんですよ

  3. 世界は反米とか反〜な国っていくらでもありますけど、その国に多大に恩恵受けてたり傘下にあるのに反米、反日な国って他にあるんだろうか?いつも不思議に思います。年末のあれで脱退、レッドチームに正式に鞍替えして、いよいよ疑問に決着つくとシャンパン用意してたんですがね。

  4. 日本のシールズなものかな?
    10代の共産党の下位団体。

    その実体は親が共産党員が多かったらしいですが。
    若者が声を上げて世の中を変えていこうというものでしたが、
    若者であることに、価値をおいたので、
    社会人の年齢になったら、ただの無職。

    就職するにはめちゃくちゃ不利。
    日本の世の中は自分では何もしないくせに、
    世の中や他人に文句ばかりいって
    要求の多い人を雇いたがらないのです。
    シールズも年齢がいったら、はい!解散。

    そのてんは、グレタ トンベリさんと
    似たところがあります。
    自分は何もせず、他人に文句ばかりつける。
    だけど、子供であることだけに価値をおいているので、
    あれも年をとれば、ただの自分は
    なにもしないくせに、文句だけをいうおばさんになるわけです。

    (文句だけをいっていることは活動たは思いません)具体的な解決策をだす。
    代案をだす。それは実現可能なもので、
    数字や根拠を添えて、みんなを説得できるものでないと意味はない。

    文句だけをいう人に価値はないですよ

    1. グレタさんの話しが出てきたけど同感ですね。
      文句だけを言うのが活動家じゃない。でも現状では、一等席に座りながら環境に文句つけてるグレタお嬢さんと、旭日旗を見つけてはちまちまイチャモンつけてる団体は、全く同類ですね。

  5. パッと湧いてきたイメージはNOジャパンのロゴですね、何処でも誰でも同じ様式のプラカードや旗をもって参加してましたね、韓国の自発的運動が続かないのは自発じゃないからなんでしょう、それと国民性なんでしょうか韓国人は続けることが重要だとは思ってません、日本人は続けることが成功への道だと思っています、民族性からも相容れない関係なんですね、そう言えばシンシアリーさんは繰り返し本を出してますね日本人ぽい行動です、反日種族の方が繰り返し本を出すようなら日本人みたいなんですが多分続かないでしょう、理由はそれが韓国人気質でからです。

  6. 反日ももりとんって何ですか?
    盛豚ですかね、美味しそう。

    政治に関心がなければプロ市民や日弁連も知らない、興味ない、それが怖いです。

    1. シンシアリーさんが、もちろん(motiron)とタイプしようとしたんだけど手が慌てて『T』と『R』が前後逆になり、もりとん(moriton)になったのではないかと。

  7. 素性に触れないところやソースの出処をぼかすところとか
    韓国メディアも日本メディアと同じくらい雑な仕事ですね。

    志位るズを学生の集団みたいな紹介してネットから
    ツッコミ入れられても反省しない日本メディアと
    ツッコミすらない韓国ネチズンの差からすれば
    似た状態でも問題は同質とは言えないのですが。

    それにしても伏せなきゃいけないことを忘れてうっかり
    団体名を書いちゃった記者は後で総括されそうですね。

  8. シンシアリーさん、いつも興味深い記事を読ませて頂き有難うございます。御著書と当ブログのお蔭で韓国や韓国人の考え方が少しは想像できるようになりました。

    「ギョレハナ」という団体名ですか。左翼新聞として名高い「ハンギョレ」のacronym(文字の並べかえ)のような名前ですね。

    この2つの名前は韓国語では共通した意味を持つ語から構成されているのでしょうか(例えば両者に共通の「ギョレ」は同じ語あるいは漢字だと同じ文字、あるいは「ハナ」と「ハン」は同じ語根から成っている、といった関係になっているのでしょうか)?

    それとも韓国語をカタカナで表記したために偶然に似たカタカナ表記になっているだけでハングル文字で表記すると全く別の表記になり2つの名前は全くの無関係なのでしょうか?

    1. ハナは「一つ」ハンは「一つの」です。ちなみに、「ハン」は次に来る言葉と間を置くか置かないかで意味が変わります。例えば「ハンナラ党」は「大きな国・党」という意味です。

      ギョレは、もともとはガルレ(갈래)を語源とする言葉です。ガルレは、分かれているものを意味します。例えば、道が二つに分かれる分かれ道の場合、「ドゥ・ガルレ・ギル、두갈래길(二つに分かれる道)」と言います。すなわち、ギョレはもともとは分かれている状態を表すガルレから派生した言葉なわけですが、これを無理矢理「『民族』の純粋な韓国語だ」と主張する人たちがいます。たぶん、「民族」が日本で作られた言葉だから、でしょう。詳しくいつから使われた言葉なのかも不明です。

      ハンギョレ新聞は「一つの民族新聞」、ギョレハナは「民族・一つ」になります。

      1. > ハンギョレ新聞は「一つの民族新聞」、ギョレハナは「民族・一つ」になります。

        ニュアンス的には、ギョレハナは「民族統一」に聞こえますね。
        #根っこは一緒かぁ~

      2. シンシアリーさん、早速お教え下さり有難うございました。

        なるほど、それら2つの名前が似ているのは偶然ではなく、同一の単語や関連する単語から共に構成されているので良く似ていて当たり前なのですね。お手数をお掛けして済みませんでしたが、一つ利口になれました。どうも有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。