ロッテ、3~5年で韓国内店舗200店を閉店と発表。全店舗の28%

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

久しぶりに経済ネタです。随分前に日本でも一部で同じことがありましたが・・『とりあえず安く売ればなんとかなると思ったが、そうではなかった』現象。そのまま韓国で再現されています。

韓国経済、特に韓国「内」のお金の流れを語るにおいて、「マート」という言葉を外すわけにはいきません。韓国関連ニュースをチェックされる方なら、マート、大型マート、財閥系スーパーなどの言葉をご存知でしょう。財閥企業の新世界やロッテなどが全国的に運営する大型スーパーのことです。日本とは違い、超の字が付く大企業が地域物流そのものを掌握しながらシェアを広げ、コンビニみたいな店舗数競争に発展しました。もっとも代表的とされるのが、併合時代に三越デパートの一つとしてスタートした「新世界」の「Eマート」、ロッテのロッテショッピングシリーズ(ロッテショッピング、ロッテマートなど)です。

ですが、そのマートが、大幅な赤字に転落、特にロッテの場合、韓国内の各店舗(700店)の約28%(200店)を、これから3~5年で閉店すると発表しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

数年前から、「とりあえず安売り」競争を始めました。聯合ニュース系列の「マイダス」というネットメディアの記事ですが、こういう状況です。

<国内流通業界に吹く超低価格ブームが、新年ではさらに荒れる見通しだ。不況で消費心理が冷え込み、一銭でも節約しようという人が増えたからである。メーカーの立場では、「自分の肌を自分で切り下ろす」式の競争で出血が多いものの、顧客誘引に強力な効果を発揮するので、簡単に放棄することは難しい。

新年から極限の超低価格で大々的な攻勢を広げたのは大型マートである。これらの価格性能比を重視する「コスパ」が消費の重要な基準と浮上し、昨年から超低価格戦争を繰り広げてきた。生活必需品から牛乳・ワイン・家電などで超低価格の領域を着実に広げた結果、顧客の足を戻すために、ある程度成功したメーカーであるほど、新年早々、超低価格割引で市場を制圧するために乗り出した・・>

http://www.yonhapmidas.com/article/200206185737_466596

 

しかし、そんな売り方で利益が出せるはずもなく、納品する小さな会社を叩き潰すやり方(いわゆる甲乙の横暴)でなんとかしてきたものの、それも限界。

以下、SBSの報道によると、ロッテのマート、ドラッグストア、デパートなどを総括する「ロッテショッピング」の場合は、連続で赤字を記録、純損失8500億ウォンとなりました。ロッテショッピングは3割の店舗を閉店すると発表しました。記事によると、「その数千人の雇用をそのまま承継するのは、事実上、難しいだろう」と。Eマートも、営業利益が70%減少しました。

https://news.v.daum.net/v/20200214094221759

 

SBSは「オンラインのせいだ」としていますが、果たしてそうでしょうか。確かに韓国でもネットショッピング市場は大きくなってきましたが、その実態はオフラインとさほど差がありません。

「オンラインショッピング(ネットショッピング)、体は大きくなったが・・1年で赤字1兆3千億ウォン」が、現状です。2020年2月6日のイーデイリーの記事です。こちらもまた、「出血競争」が原因だ、と。

https://news.v.daum.net/v/20200206063019002

韓国は、この状態でもまだ「デフレではない」としています。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (139)

40 Replies to “ロッテ、3~5年で韓国内店舗200店を閉店と発表。全店舗の28%”

  1. SBSは「オンラインのせいだ」としてい>ますが、果たしてそうでしょうか。確かに韓国でもネットショッピング市場は大きくなってきましたが、その実態はオフラインとさほど差がありません。

    これ、別のソースでもみたんですが

    ロッテの経営不振は、反日とか関係なく
    数年前から続いていて、

    多角経営と、デパートなどの
    大型店舗が時代に会わなくなってきたから。で、やはりオンラインの人気が
    原因とみてました。

    顧客が、デパートの包装紙に
    価値をかんじなくなった。
    でかい店舗は維持費にも大金がかかり
    人件費もばかになりません。
    前々から赤字続きなので、生き残るために、黒字の店舗のみ残して、
    赤字店舗を全部廃業。
    経営のスリム化を図るそうです。
    なので、反日とか、デフレとか
    関係なく(無理して店の数を増やしたけど、大失敗に終わりました)と、
    見たほうがよさそうです

  2. 日本の百貨店系統も今回のコロナ恐慌で店舗を多数畳むことになるでしょうね。
    日本と韓国はやはり似ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。