韓国、韓米連合訓練「19-1同盟」訓練から「同盟」の字を削除

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓米合同軍事訓練『19-1同盟訓練』が、来月行われます。ですが、様々な事情(?)により、「同盟」という字を使わないことになった、とのことです。

読者の皆さんもよくご存知でしょうけど、去年、外交負う(おう)文在寅大統領が北朝鮮の顔色を気にし過ぎで、韓米合同軍事訓練がしばらく中止となりました。それからも、再開はできたものの、簡略化、訓練の名称も変えました。キー・リゾルブ訓練が「19-1同盟訓練」、フリーダム・ガーディアン訓練を「19-2同盟訓練」になりました。多分、2019年の1回目、2回目ということでしょう。

ですが、去年下半期から、韓国側がこれらの作戦から「同盟」の字を削除していることが分かりました。来月の訓練も、「同盟」の字を使わないとのことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<韓国軍が、来月実施する韓米連合訓練の名称から「同盟」を削除することが12日分かった。軍は昨年、韓米連合訓練「キーリゾルブ演習」を廃止した後、名前を「19 -1同盟」に変え、実施した。しかし、北朝鮮がこの名称に反発すると、去年下半期の連合訓練では、「同盟」という言葉を外し、「北朝鮮の機嫌をうかがう」という批判を受けた・・

・・今年の連合訓練の名称は「上半期連合指揮所訓練」に暫定決定されたことが分かった。軍は昨年下半期連合訓練を「19 -2同盟」と呼ぶことにしていたが、訓練直前に方針を変えた。軍は当時、訓練名称を準備練習が始まった後にも発表できず、『訓練名も無いホン・ギルドン軍」という批判を受けた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200213031857263

 

日本でも人の名前の記入例などに「山田太郎」というサンプルを使うことがありますが、韓国では「洪吉童(ホン・ギルトン)」がサンプルとして代表的です。

19-1同盟と19-2同盟の話は私も聞いていました。19-1と19-2って、18と17かよ。もう少しかっこいい名称にすればいいのに、とか思った記憶があります。でも、それすら去年の2からは「同盟」も使わなかったとは、初耳です。文在寅政府、必死ですね。「上半期連合指揮所訓練」としたところで、北朝鮮はかならず「訓練そのもの」を問題にするでしょうに。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (132)

“韓国、韓米連合訓練「19-1同盟」訓練から「同盟」の字を削除” への30件の返信

  1. 19-1同盟訓練 19-2同盟訓練 ってわざわざ北朝鮮を刺激する名称に変えたとしか思えないんだけどな。
    ああ、そうか。
    訓練の協力者がアメリカから北朝鮮に代わっても名前を変えないためか。

  2. 相変わらずシンボル如きを重大視するんだね。
    シンボル変えたって現実は変わらないのに。

コメントは受け付けていません。