韓国、韓米連合訓練「19-1同盟」訓練から「同盟」の字を削除

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓米合同軍事訓練『19-1同盟訓練』が、来月行われます。ですが、様々な事情(?)により、「同盟」という字を使わないことになった、とのことです。

読者の皆さんもよくご存知でしょうけど、去年、外交負う(おう)文在寅大統領が北朝鮮の顔色を気にし過ぎで、韓米合同軍事訓練がしばらく中止となりました。それからも、再開はできたものの、簡略化、訓練の名称も変えました。キー・リゾルブ訓練が「19-1同盟訓練」、フリーダム・ガーディアン訓練を「19-2同盟訓練」になりました。多分、2019年の1回目、2回目ということでしょう。

ですが、去年下半期から、韓国側がこれらの作戦から「同盟」の字を削除していることが分かりました。来月の訓練も、「同盟」の字を使わないとのことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<韓国軍が、来月実施する韓米連合訓練の名称から「同盟」を削除することが12日分かった。軍は昨年、韓米連合訓練「キーリゾルブ演習」を廃止した後、名前を「19 -1同盟」に変え、実施した。しかし、北朝鮮がこの名称に反発すると、去年下半期の連合訓練では、「同盟」という言葉を外し、「北朝鮮の機嫌をうかがう」という批判を受けた・・

・・今年の連合訓練の名称は「上半期連合指揮所訓練」に暫定決定されたことが分かった。軍は昨年下半期連合訓練を「19 -2同盟」と呼ぶことにしていたが、訓練直前に方針を変えた。軍は当時、訓練名称を準備練習が始まった後にも発表できず、『訓練名も無いホン・ギルドン軍」という批判を受けた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200213031857263

 

日本でも人の名前の記入例などに「山田太郎」というサンプルを使うことがありますが、韓国では「洪吉童(ホン・ギルトン)」がサンプルとして代表的です。

19-1同盟と19-2同盟の話は私も聞いていました。19-1と19-2って、18と17かよ。もう少しかっこいい名称にすればいいのに、とか思った記憶があります。でも、それすら去年の2からは「同盟」も使わなかったとは、初耳です。文在寅政府、必死ですね。「上半期連合指揮所訓練」としたところで、北朝鮮はかならず「訓練そのもの」を問題にするでしょうに。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (132)

30 Replies to “韓国、韓米連合訓練「19-1同盟」訓練から「同盟」の字を削除”

  1. 表裏一体で、
    名前を変えれば違うモノ
    知らせなければ無かったモノ

    名前を寄せれば同じモノ
    喧伝すればあったモノ
    ということかいな。北に訓練そのものを問題視されたら、阿ったのにこのザマだってことになるんですかね。

    ところで「洪吉童」は元ネタに実在の人物がいる昔話の義賊の名前のようで、道術使いで神出鬼没の設定があるようですね。そこから、いるんだかいないんだかわからないといった所も、批判に使われる理由なんでしょか。

    氏名サンプルでお話の主人公なのは面白いです。うちだと桃太郎や浦島太郎ですかね。逆に良くある名前(鈴木一郎、山田花子)や名無しの権兵衛に類する名前はどんなんでしょう。熊さん八つぁんとか。

  2. 同盟?Σ(-᷅_-᷄๑)
    条約も国際法も違反しまくった韓国。
    支払いの催促にも拒否w
    普通に差し押さえればいいのに、そして、さっさと現金化。
    勿論、アメリカへの軍委託金(用心棒代)ですね。もうすく1万人ほどが強制で休みですね。ゴネたらお金貰えるんか分からんけど、日帝に協力した親日罪が成立するだから、米帝に協力してきた1万人にも親米罪でいいね。
    デモしたら集会罪で逮捕勾留ね。

  3. >日本でも人の名前の記入例などに「山田太郎」というサンプルを使うことがありますが、韓国では「洪吉童(ホン・ギルトン)」がサンプルとして代表的です。

    しっくりこないなあ・・・
    韓国の姓でホンさんってそんなにたくさんいるのか?
    嫌味じゃなくて犯罪事件のニュースに出てくる「チョン某」とか「キム某」のほうがメジャーなイメージ

    1. 日本でも多い名前って意味では
      佐藤・鈴木・斎藤でしょうが、
      それだと本当にサンプルと同じ名前の
      人がたくさんいて逆に紛らわしいので
      現実に居そうだけど、実はあんまり
      いない名前がサンプルとしては
      良いのですよ~

    2. >匿名さん
      よくいる名前じゃなかった模様です。
      女性のサンプルも沈清伝というお話の主人公から取られている模様です。

  4. 同じ口で米との共同訓練をウェノムに盗られたとか言い出すからな
    やりたいのかやりたくないのかどっちだよ

  5. 少しずつ譲歩させて、最後は全部自分の思い通りにする。

    文在寅大統領だけでなく、北朝鮮や韓国の人達の考えが良く現れた行動ですよね。

    日本はもう朝鮮半島に何も譲る必要はない。
    だからと言って、関わる必要はもっとない。

  6. >韓国では「洪吉童(ホン・ギルトン)」がサンプル

    英語で言うジェーン・ドゥーか。前世紀の日本では「鈴木一郎」がメジャーだったんだけど、メジャーになって殿堂入りしそうなのでもう使えない。

  7. 日本だけではなく米国にまで喧嘩を売るとは…。
    すばらしい大統領デス。
    米国は日本の様に甘くはないデスよ

  8. ぼくも記事を読んで即座に「いや、これ、訓練したことを誤魔化してんじゃねぇよと北が怒るだけだろ」と思った。

    北から「茹でた牛頭」を超える表現で叱られる可能性が高い。

  9. ムンたんは、合同訓練を「北」とやりたい!

    「大統領閣下、北韓軍が38度線を越えて来ました」
    「心配ない。合同訓練だ」
    「閣下、北は実弾を我が軍に向かって撃っています」
    「心配ない。数発ぐらいなら、誤射だろう」
    「閣下、我が軍に死傷者が出ております」
    「心配ない。我が軍の兵は、死など恐れない」
    「閣下、青瓦台が包囲されております」
    「心配ない。歓迎用の共和国旗は、準備してある!」

コメントは受け付けていません。