韓国、なぜか日本との外相会談では「GSOMIAは暫定的」とは言わなかった模様

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

カン・ギョンファ外交部長官が茂木敏充日本外相と会談しました。ミュンヘンで開かれた安保会議でのことです。

カン長官は『日本は可視的で誠意のある措置を取るべきだ』と話したとのことですが、なぜか、いつもの決め台詞『GSOMIA終了は暫定的なもの』は、言わなかったとのことです。言わなかった理由は、「いつも日本側に言っていることだから」とも。

お、おう・・なところですが、とりあえず、以下、聯合ニュースの記事から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<ミュンヘン安全保障会議に出席しているカン・ギョンファ外相は15日(現地時間)茂木敏充日本外相と会談をし、日本の対韓国輸出規制の撤回と強制徴用問題などを議論した。

カン長官は、ドイツのミュンヘンコメルツバンクに設けられた会談で、日本の輸出規制が早急に撤回されなければならないという私たちの政府の立場を改めて確認した。それとともに、日本がより可視的で誠意ある措置を行う必要があると強調した。

 

韓国政府は、韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)終了猶予が日本の輸出規制措置を解決するための暫定的措置という立場を示してきたが、この日の会談では具体的な話は出なかったという。外交部当局者は「GSOMIAが暫定措置だという点は、日本側には常に伝達してきた事項だ」と説明した・・>

https://news.v.daum.net/v/20200215185835903

 

会談内容については、「徴用問題、北朝鮮核問題、新型肺炎問題などで話し合った」という記事は多いものの、何か進展があったとする記事はいまのところ、見つかりませんでした。結局、今回も中露(+北)が「安保会議があったのに日本と韓国は会談もしなかったらしいよ(ヒソヒソ)」とするのを防ぐためのイベント性会談だったのでしょう。

しかし、「撤回しろ」というのも「いつも言っていること」のはずですが、なんで「G暫」は言わなかったのでしょうか。せっかくの外交部長官会談なのに。ねぇなんでなんでー?

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (131)

27 Replies to “韓国、なぜか日本との外相会談では「GSOMIAは暫定的」とは言わなかった模様”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。