米・民主党候補たちは、北朝鮮制裁をどう考えているのか

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

米国の次の大統領選挙、トランプ氏の再選を防ぐため、民主党では大統領候補の座をかけて予備選挙が行われています。その中で有力とされる6人に、北朝鮮関連事項、例えば制裁などについて、ニューヨーク・タイムズが質問してみました。本エントリーは、その内容をまとめた中央日報の記事からの引用ですが、質問の訳は聯合ニュースのほうがずっとわかりやすかったので、質問の内容は聯合ニュースからの引用となります。

質問内容は、「金正恩との『個人外交』を続けるか」、「北朝鮮が核プログラム全てを諦めるまで制裁を強化するのか」、「北朝鮮が核物質生産を凍結すれば制裁を緩和するのか」、「制裁解除の前に実質的な軍減縮(disarmament)が必要なのか」、「北朝鮮が核実験するなら先制攻撃はありなのか」、「在韓米軍の撤収は」です。それぞれ、ピートブティジェッジ(P)、バーニーサンダース(B)、ジョー・バイデン(J)、エリザベス・ウォーレン(E)、マイケル・ブルームバーグ(M)、エイミー・クラブチャー(A)氏の答えです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

(中央日報)https://news.v.daum.net/v/20200211132209594

(聯合ニュース)https://news.v.daum.net/v/20200211234308509

 

興味深いのは、『核兵器(核、ミサイル全て)全て破棄まで制裁を強化し続ける』に同意している人が、ジョー・バイデン氏だけだという点です。制裁を今以上に強化すると言う意見をは、いまのところ彼だけのようです。ただ、ある条件で制裁を緩和することに賛成した人でも、「北朝鮮が約束を守らないなら制裁は再開できる」、「北朝鮮の人権問題改善も必要だ」など、相応の前提条件を出す人たちもいました。先制攻撃ありには、ほとんどが賛成。

また、韓国関連の意見で現文在寅政府ともっとも考えが似ているのは、サンダース氏だったそうです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5