文大統領の「パラサイト」祝電に反論した映像制作会社、袋叩きにされ謝罪文を掲載

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

別に狙ったわけではありませんが、ムンパシリーズになった今日のエントリー、またムンパネタです。

・ある映像制作会社の関係者が、寄生虫(パラサイト)に対して文在寅大統領が送った祝賀メッセージについて、思わしくないとする評を出しました。文大統領は「過去1年間で作られた全ての映画のなかでもっとも優れていることが認められた」としましたが、この関係者は「国際映画祭は、記録スポーツ試合ではありませんよ」と話しました。賞というのはそんなふうに映画に優劣を付けるものではないとする趣旨だったのでしょう。ですが、この映像制作会社、ムンパの集中攻撃を受け、謝罪文を掲載しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・9日、文在寅大統領が忠清南道にある伝統市場を訪問しました。ここでいう伝統市場というのは、別に伝統とは関係なく、古いタイプの商店街のことです。そこで、あるお惣菜屋を訪れ、「最近、景気どうですか」と質問しました。すると、その店のおばさん、『物乞いみたいです。全然売れません』と答えました。韓国語では、何かがものすごく悪い状態を表す慣用表現に「物乞いみたいだ(거지같다)」というのがあります。そして、この映像が、放送局のYOUTUBEチャンネルでそのままアップされました。言うまでもなく、そのおばさんの店の場所、電話番号などがすべて特定され、ネットにばら撒かれました。

 

・反面、12日、同じく商店街を訪れた大統領に「大統領様がよくしてくださって、心が平安です」と話したある花屋には、賛美の声が集まり過ぎで、花屋のHPがダウンしたりしました。花屋の話によると、わざわざこの店を訪れた客の中には「大統領に対するあなたの言葉に涙が止まらなかった」と話す人もいたとか。

https://news.v.daum.net/v/20200218103913211

ここまでくると、「ムンギョン(文警)」と言ってもよさそうです。文軍(ムングン)とか聖文隊、とか・・

 

以下、意外と「デケムン」に関するコメントが多いようで、人生に何の役にも立たないと評判の『シンシアリーの韓国語講座』、始まります。

「ムン」は文(在寅)大統領のことだから置いといて、まず「デ」ですが、これはデガリ(대가리)のことです。モリ(머리、頭)の俗語です。「ケ」は、ケジョド(깨져도)、すなわち「割れても」のことです。本ブログでは「頭を割られても」に訳しました。もう少し自由に書いていいなら、「どたま割られても」がいいでしょう。

次は絶対に別のネタにしたいと思います。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (150)

77 Replies to “文大統領の「パラサイト」祝電に反論した映像制作会社、袋叩きにされ謝罪文を掲載”

  1. >この関係者は「国際映画祭は、記録スポーツ試合ではありませんよ」と話しました。賞というのはそんなふうに映画に優劣を付けるものではないとする趣旨だったのでしょう。

     スポーツの勝敗も優劣をつけるものではないです。結局は、この関係者も韓国人ということですね。「パラサイト」を観たことはないですが、側聞するところに拠ると韓国社会の貧困の闇を描いたものだとか。
     「優劣以前に貧困を放置している為政者として」大統領が手放しに賞賛するのはおかしい。むしろ、この映画の受賞に際して「このような映画の素材を与えない社会を目指したい」とするのが正しいのでは?
     関係者はそういう社会矛盾を描いていることを理解しているので、文災害の祝辞に斜め上から反発したのではないかと思います。

     「おまえがいうな」という訳です。

     そういう批判にはことさら敏感な文災害。全自動異物排除掃除機「ムンパ」の出番です。

    >・反面、12日、同じく商店街を訪れた大統領に「大統領様がよくしてくださって、心が平安です」と話したある花屋には、賛美の声が集まり過ぎで、花屋のHPがダウンしたりしました。花屋の話によると、わざわざこの店を訪れた客の中には「大統領に対するあなたの言葉に涙が止まらなかった」と話す人もいたとか。

     「大統領」を「偉大なる指導者様」に変えても違和感がないところが素敵です。

    1. じわたねほさま
      支持者の思想が北と同じだから、その行動も同じになるんでしょうね。
      弾圧による、同調圧力。
      「花屋のHPがダウンしたりしました」も作り話かも知れませんしね。

      1. リプライありがとうございます。

        >「花屋のHPがダウンしたりしました」も作り話かも知れませんしね。

         私と同じく「日本人的な予想」ですが、韓国はいつも斜め上をいきます。「実際に人を動員してダウンさせた」「右派が攻撃を仕掛けた」まで考えないと駄目な国です。

         「元々花屋にはHPなんぞない!」 まで視野に入れて初めて韓国が理解できると思っています。

        検証してみましょう。
        記事にあるソウル南大門には「花屋」は3つあります。

        ■ERICA FLOWER (日本の方が経営している)ホームページは
        (ttps://ameblo.jp/erica-flower?fbclid=IwAR3CDbnT1LJAptxUYx6xZ7phoIdopwwGc11xQnNJtA4UKxkcY40339I2cvY)(頭の’h’は外してあります。以下同じ)
        韓国語のHPは見当たりませんでした。

        ■Namdaemun Market
        花屋のホームページはなくマーケットのホームページがあります。(ttp://www.namdaemunmarket.co.kr/)

        ■Nicolai Bergmann Flowers & Design 書き込める場所はなく
        当然ダウンしません。
        (ttps://www.nicolaibergmann.com/)

        つまり、「ダウンする花屋のHPはありません」(笑い)

        これがこの記事の正体です。もちろん私が見落とした可能性もあります。あとはフローラルホテルがあるくらいです。日本人だとこういう記事は「誰かが」検証します。
         韓国人は「信じたいことがすべて」です。だから日本人につく嘘も粗雑です。
         「歴史の真実に」なぜ日本は屈しないのか憤慨します。粗雑な嘘で固められた真実に屈服する日本人はいません。そんなのに迎合するのは韓国人だからです。

        1. ※実は検証するまでもなく、元記事を見ただけで嘘だと思いました。上の記事には現地の写真があるのに下の記事にはないからです。
           韓国お得意の「対照法の嘘」です。事実に相対する嘘を一つつけることでより事実を引き立たせて主張を明確にする。これは韓国の大手メディアでもときどきみかけます。特にコラム関係で。

        2. じわたねほさま
          嘘っぽい話の検証までしていただき、ありがとうございました。やはり、読んでて嘘っぽいと思いますよね。

  2. 皆で貧乏になるのならいいじゃないか風の社会主義者のやり方ですね
    旧東ドイツのホーネッカー政策がベルリンの壁を壊される要因にもなりました

    大韓民国が自由主義圏から共産圏に移行するならそれぐらいは必要でしょ

  3. 正解はどれ?
    1「大統領閣下のお姿を遠くから拝んだら、肩こりが治りました」
    2「大統領閣下のお名前を心に浮かべたら、宝籤が当たりました」
    3「大統領閣下のお写真を毎日拝んでたら、息子に嫁が来ました」
    4「大統領閣下のお言葉のとおりにしたら、会社がつぶれました」

    1. とろいやさま
      こんばんは。
      5「大統領閣下のおかげで、国が潰れました」
      6「大統領閣下が、北朝鮮に人道的支援をしたので、お礼にミサイルが飛んで来ました」
      文大統領を神格化する、発想が無理でした。
      「大統領閣下が、近くに来られるとの事で、寝たきり老人が、歩いて見に行きました」
      駄目ですよね。
      「大統領閣下が、崖から落ちた人をお救いになるため、崖から飛び降りたので、皆で大統領閣下の後を追って、崖から飛び降りました」
      理想は、これかな。

      1. 1425「大統領が韓日断交を実行してくれたおかげで、全人類が幸福になりました!!」

        1. 1426「大統領閣下のおかげで韓日断交が実現したので、ここに七誌さんが来なくなりました」

      2. そうです、正解は5番ですwww

        おまけ
        「大統領閣下の御威光によって、日本人が、死に絶えました」
        「仲間は、みんな笑い死にさせられてしまった。私も、もうダメだ」というのが、最後の日本人の言葉でした。
        「笑い死にしなかった日本人も、いただろう」ですって?
        もちろん、そいつらは、みんなゴブリンだったのです。
        あなたはそれを理解するべき!

        1. >とろいやさん
          1427「大統領閣下のおかげで、日本はゴブリン・ハガーだけの国になりました」?

  4. > 次は絶対に別のネタにしたいと思います。

    ダチョウ倶楽部さん的なボケ?
    ツボにはいって、ビール吹き出しました(笑)

  5. 映像制作会社の関係者のコメントも妥当だし
    商店街のおばさんのコメントも直接ムンジェインを非難してるというわけでもないのに攻撃を受けるとはねぇ
    ムンジェインに対する世間の評価が悪くなっているから
    ムンシンパは焦っているんでしょうかね

  6. 映画が評価されたのは名誉なことなんでしょうが、それを
    「過去1年間で作られた全ての映画のなかで
     もっとも優れていることが認められた」
    って序列や優劣で捉えるのは芸術を賛美する態度ではない。

    でも韓国の価値観からすれば文委員長の見方が正しくて
    ツッコミ入れた人のほうが間違いと言えるでしょう。
    そこはムンパの問題とは違うような気がしますね。
    一元的序列思想を否定するのは反民族的ですから。

    銀英伝でトリューニヒト議長閣下が気に入らない相手に
    憂国騎士団をけしかけたみたいなことを、文委員長が
    裏でやってる可能性も否定できないとこですが……。

    文委員長の指示か、市民の自発的行動か。どっちかなあ。

  7. なるほど、俗語だからどたま割られても、ですか。
    もう一息、これ受け身の表現なんですか。誰かに割られても、なんですか。暴力前提なんでしょうか。

    もしそうなら、端からやる気満々で攻撃的なのも宜なるかな。

    しかし、もう何かを攻撃または称賛することそのものの方に重点がありそうになっていますね。ムンパとされる人達も不満が溜ってそうに思います。左右のどちらだろうと、どこに属していようといまいと不満と不安に苛まれている人が増えてるんですかねぇ。

  8. カルト宗教団体みたいな国だしな
    驚くようなことじゃない

    大丈夫だ、民主主義ランキングがあるから

  9. 北の首領様への北朝鮮人民の態度と同じ。韓国を見るたび、パラノイアってディストピアのゲームを思い出す。市民、幸福は義務です。って。

    1. 七誌さま
      「北朝鮮の将軍さま」と一緒ですよね。
      この頃、意見が合いますね。

    2. 常日頃から大統領様と様付けしてる国民ですからやっぱりという思いです

  10. どたまかち割るなんて、そうめったに使わない表現のはずなのに、
    そういう言葉が2文字に略されてしまうくらいよく使うのが韓国の言語文化なんですかね。

コメントは受け付けていません。