文大統領の「パラサイト」祝電に反論した映像制作会社、袋叩きにされ謝罪文を掲載

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

別に狙ったわけではありませんが、ムンパシリーズになった今日のエントリー、またムンパネタです。

・ある映像制作会社の関係者が、寄生虫(パラサイト)に対して文在寅大統領が送った祝賀メッセージについて、思わしくないとする評を出しました。文大統領は「過去1年間で作られた全ての映画のなかでもっとも優れていることが認められた」としましたが、この関係者は「国際映画祭は、記録スポーツ試合ではありませんよ」と話しました。賞というのはそんなふうに映画に優劣を付けるものではないとする趣旨だったのでしょう。ですが、この映像制作会社、ムンパの集中攻撃を受け、謝罪文を掲載しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・9日、文在寅大統領が忠清南道にある伝統市場を訪問しました。ここでいう伝統市場というのは、別に伝統とは関係なく、古いタイプの商店街のことです。そこで、あるお惣菜屋を訪れ、「最近、景気どうですか」と質問しました。すると、その店のおばさん、『物乞いみたいです。全然売れません』と答えました。韓国語では、何かがものすごく悪い状態を表す慣用表現に「物乞いみたいだ(거지같다)」というのがあります。そして、この映像が、放送局のYOUTUBEチャンネルでそのままアップされました。言うまでもなく、そのおばさんの店の場所、電話番号などがすべて特定され、ネットにばら撒かれました。

 

・反面、12日、同じく商店街を訪れた大統領に「大統領様がよくしてくださって、心が平安です」と話したある花屋には、賛美の声が集まり過ぎで、花屋のHPがダウンしたりしました。花屋の話によると、わざわざこの店を訪れた客の中には「大統領に対するあなたの言葉に涙が止まらなかった」と話す人もいたとか。

https://news.v.daum.net/v/20200218103913211

ここまでくると、「ムンギョン(文警)」と言ってもよさそうです。文軍(ムングン)とか聖文隊、とか・・

 

以下、意外と「デケムン」に関するコメントが多いようで、人生に何の役にも立たないと評判の『シンシアリーの韓国語講座』、始まります。

「ムン」は文(在寅)大統領のことだから置いといて、まず「デ」ですが、これはデガリ(대가리)のことです。モリ(머리、頭)の俗語です。「ケ」は、ケジョド(깨져도)、すなわち「割れても」のことです。本ブログでは「頭を割られても」に訳しました。もう少し自由に書いていいなら、「どたま割られても」がいいでしょう。

次は絶対に別のネタにしたいと思います。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (150)

“文大統領の「パラサイト」祝電に反論した映像制作会社、袋叩きにされ謝罪文を掲載” への77件の返信

  1. パラサイトと言えば、韓国!

    日本人「民族性だろ?知ってる。」
    韓国人「映画だろ?知ってる。」
    日本人「え!?」
    韓国人「え!!」

  2. 文在寅を持ち上げるようなコメントをしないといけないような雰囲気って金正恩みたいだな

  3. ここのネトウヨは大概馬鹿だから、ムンが支持される理由がわからずにホルホルしているけど、わたしには韓国の下層民にはムンは支持される理由が理解できるのです。

    経済が悪化して、貧富の格差が激しくなるほど、虐げられた下層民にはムンは熱狂的に支持されるでしょう。日本共産党と一緒で、支持層は学者や医者、そして飯を食えない下層民ですね。

    韓国は世界でも中流が多い日本と真逆で、この層が極めて大きいのです。この層が持つのは劣等感であり、自分たちは搾取されている、世の中は誤っているという正義感なのですね。
    だいたいこの層=2chの嫌儲と考えるとわかりやすい。

    じゃあ、この層が間違っているかって言うと、韓国では財閥により階層化と身分差別、搾取があらゆる意味でなされている、ナッツ姫なんかが典型。

    で、恵まれない生まれの貧民は一生貧民、その貧民の妬み恨みが、ムンの支持へと向かうわけです、世の中を変えてくれると。財閥を懲らしめてくれると。ここも日本での共産支持の連中と同じですね。

    ムンが支持されるのは、韓国では正しいし理解できるんですよ、共感はしないけれどね。ネトウヨにはまあ理解できない話ですな。

    1. まず、
      アンタ自身で
      「私を含めたネトウヨ云々」言ってたやん!

      アンタが(も)ネトウヨだろ?私はそー思っとったでw
      ネトウヨの定義も書けず、この間の「告白w」。
      訂正撤回は未だなされずやんかw

      都合の良いこっちゃでw
      だから軽蔑される。
      自分の発言にさえ、責任をとらない(とれない)。
      だからチ◯◯ス
      野郎というのさw

      1. >だからチ◯◯ス野郎

        チートスですね。
        お菓子とおかしぃとかけているわけですね。(きっと

        1. ああ、残念!
          揚げパンのチュロスでんがな。
          「お菓子」に目ェつけたんは、サスガやでw

          1. た、たしかにチュロスのほうがおいしそう。
            今日のおやつを選べ!と言われたら、チートスよりチュロスがいい。

            「このチートス野郎!」より「このチュロス野郎!」のほうが、そこはかとなく甘い、ひねられた美味しさを含む意味になりそう。

            (´・ω・) へーなるんだ?
            (;`ロ´;;)な、なるかも!

  4. 心底つまらないことを言います
    頭を割られたら死んじゃうので支持できません
    こういう理屈を超越したとこに韓国の神髄があるんでしょう
    日本人には理解不能です、近づかないのが賢明です

    1. ほんとにつまらないな。
      ニュアンス、空気、比喩表現、などを理解できないのは典型的な発達障害の特徴。

    2. とくめいさんは、特攻は間抜けの墓だと思う人なんだ。
      人はなぜ国のため戦うのか、命より大切なことはあるのです。

      韓国人の場合、それが世の中を糺すこと、搾取する連中を刑務所に入れるか、吊るすことに向いているわけですよ。

      1. 七誌さんの七誌さんらしさ、ですができれば説明を。わけがわかりません。

        記事内の用語「デケムン」
        とくめいさん「頭割られたら死んじゃうので支持できません。理屈を超越してるので、日本人には理解できないので近づかないのが賢明」
        七誌さん「とくめいさんは特攻隊が間抜けの墓だと思う人なんだ(以下略)」

        (´ーロー) ・・・あー?
        (・ω・`) ようこそ、七誌ワールドへ

        1. 人には「発言していない言葉の責任」を問い、
          自分は「発言した言葉の責任から逃げる」、

          このチュロス野郎!!大甘だぜ!
          砂糖まぶしたろか!恥ずかしい!

  5. 安倍「菅さん、最近痩せたね」
    菅「そうですか?」
    安倍「野党のせいだね。申し訳ない」
    菅「実は、回虫が見つかりまして…」
    安倍「虫下しは飲んだの?」
    菅「それが効かないんですよ」
    菅「新種らしくて、お腹の中から寄生虫の声が聞こえるんです」
    安倍「なんて言ってるの?」
    菅「謝罪しろって言ってます」
    安倍「しばらく、絶食したら?」
    菅「そうします」
    2週間後…
    菅「またなんか言っています」
    安倍「なんて言ってるの?」
    菅「経済戦争だ!」

  6. 文様は、北の金様の次に人民による崇拝の対象となりました。

  7. 和訳は「脳みそパーン!しても文在寅」で良いんじゃないですかねぇ…

  8. 統一朝鮮になったとしてもムンパは何の抵抗もなく生きていけますね。自由の大切さなどどうでもよいみたいですから。
    韓国人の半数がムンパなんですから、もう思い切って統一してもらいなさいよ。

  9. ムンたん「パラサイト。実にウリナラの実状を的確に描いている!
    何処かに寄生しながら上に上にと邁進し、自由を名乗りながら自由を規制し、春節には全国民が帰省し、声闘では勝っても負けても奇声をあげ、他国の既製品をウリジナルと言い張り、勝った勝ったと気勢をあげる。
    この映画関係者にこの言葉を贈ろう、
    『やればできるじゃないか、おめでとう』」

コメントは受け付けていません。