断罪文

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国で「親日清算」という名分で様々な建造物、オブジェ(石碑など)、場合によっては墓石などが撤去されるのは、珍しいことではありません。ただ、「歴史的に価値のあるものをそんな理由で壊してはならない」という声も、無いわけではありません。

そんな経緯で、韓国では「じゃ、壊さないけど、断罪する」という意味で、その建造物や石碑などに断罪文を作ることが増えています。

もっとも分かりやすい写真が、これです。去年8月のものですが、「親日派」とされた人たちの功績をたたえた碑を倒し、その前に『~~な悪いことをした人たちの墓石です』という内容の、いわゆる断罪文を設置することです。写真から見える黒い色の説明文みたいなものがそれです。

画像キャプチャー:聯合ニュース(2019年8月8日)

https://news.v.daum.net/v/20190808131059461

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

全羅南道クァンヤン(光陽)というところにある、ユダン公園にも、親日派とされる人たちの記念碑があります。撤去すべきだとする意見が多かったものの、大勢の人の記念碑が年代に合わせて作られていることもあって、撤去してはいけないとする意見もありました。その記念碑の中で親日派とされた人たちの碑にも、また断罪文が決まりました。

<・・キム・ボクドク文化芸術課長は「4月までに断罪文設置を完了し、その人物の歴史的事実を正確に摘示し、市民やユダン公園を訪れる訪問者に親日行跡を広く知らせる契機にしたい」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200221154041782

 

一言で、『壊せば無くなるじゃないか。保存して、ずっと恥をかかせてやらないといけない』という心理の表れであると、私は見ています。以下、JTBCの報道からも、そういう心理を垣間見ることができます。

<・・このような断罪文が作られるようになったのは7年前(※ソース記事は2019年のものです)。最近、光州広域市が親日派の記念碑65ヶ所に断罪文の設立に着手しており、京畿道と忠清南道も事前調査に入りました。

【キム・スンフン民族問題研究所光州支部長:歴史の記録を無くすのはとても慎重でなければならない。生きている歴史の教材になれるじゃないですか。壊せば写真しか残らないじゃないですか]

この間、国立国楽院も作曲家キム・キスと、カヤグム(伽耶琴、琴)の名人ハム・ファジンの胸像に親日行跡碑を書き加えました。ソウルと大田の顕忠院(※の国立墓地)に埋葬された親日派11人に対し、政府は、断罪碑の設立を検討しています>

https://news.v.daum.net/v/20190815210617853

断罪『文』・・・いや、なんでもありません。

 

 

 

※このお知らせを最新エントリーに書くのはこれで最後です。本ブログのスマホ版のモバイル表示(ヘッダー画像などが見えない簡易バージョン)に、メニューを追加しました。ブログ名の左にある「≡」の部分をクリックしてみてください。「雑談議論お知らせなど」、「韓国情報」、「レナスレ」、「写真エントリー」、「ホームに戻る」があります。「韓国情報」は、レナスレ、お知らせ、写真エントリー以外のほぼすべてのエントリーが該当するので、過去エントリーの読み込みがうまくいかない場合にも使えると思われます。

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (153)

68 Replies to “断罪文”

  1. 死者を罰する、という発想が日本人には馴染まない。
    生前に悪事を働いた人よりも、生前の罪をあげつらって安全圏から死者を侮辱する人の方に嫌悪感を抱きますね、我々は。
    他の文化圏ではどうなんだろう。

  2. ハリウッド映画のプレデターやエイリアンの方が、まだマシな生物であるような気がしてきた。これほど邪悪な民族性は、たとえ米国の映画関係者と言えども正確に描くことができないと感じる。
    だからこそ、エキセントリックな半地下住居が高い評価を受けてアカデミー賞を受賞することができたのだろうな、きっと。

  3. 怨霊信仰のない国は気楽でいいですね。日本でこんなことをした日には、いつ祟りが来るか、怖くて夜も眠れなくなります。なんせ、天皇陛下のおひざ元になった東京のど真ん中で天皇陛下に反逆した平将門の首塚を1000年以上大切に守り続けている国ですから。

    1. 日本のは怨霊信仰だけではありませんよ。
      将門は逆賊のままですが、西郷さんは当代に名誉回復までしています。弟と従兄弟は高官のままでしたし(さすがに首相だけは遠慮したようですが)。

コメントは受け付けていません。