「国民はバカではない」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

前にも「総選挙は韓日戦だ」とする内容をお伝えしたことがありますが、他にも韓国では総選挙のために反日を煽りだすのではないか、という予測がいろいろ出ています。私の立場からすると、煽るまでもなくいつも韓国は反日ですが・・

以下、中央日報の「総選挙のための反日感情煽りはオウンゴールでしかない」というコラムから、部分引用します。

<昨年7月、文在寅大統領の週間支持率が一気に4.0%ポイントも上がったことがある。2018年9月の南北首脳会談以来、今までこのようなことは無かった。与党の支持率も3.6%ポイントも上昇した。一方、野党は3.2%ポイント悪化し、8.3%ポイント差だった与野党間の格差が15.1%ポイント差まで、あっという間に広がった。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

原因は反日感情だった。強制徴用判決と関連して、日本が報復したというニュースが溢れ、反日感情が沸き立ったのだ。文大統領と与党は強く出たが、野党は「日本への間違った対応だ」と下手に与党を攻撃し、世論から袋叩きにされた。

反日感情に支持率が激しく動くのは、目新しい話でもない。 2012年、李明博大統領が独島(※竹島のこと)に行った時も、支持率は6%ポイントも上がった。腐敗容疑で実兄であるイ・サンドゥク議員が拘束され、人気が落ちたところで、反日カードを使ったという批判があふれた。このように反日感情が強まるほど、政権の支持率が高くなるのは鉄則になった。

総選挙を控え、与党側はなかなか苦しいだろう。選挙の好材料が次々と消え去ったからだ。実績として使える金正恩答礼訪問も習近平の訪韓も、凍えきった韓半島の状況とコロナ19のせいで水の泡となった。だから与党としては反日感情攻略が美味しそうに見えるのは自明である・・>

https://news.v.daum.net/v/20200218003443523

 

ここから、記事の後半部は「国民はバカではない。そんなことしたらオウンゴールになるぞ」という結論になります。うーん・・問題提起は悪くなかったのに・・・結論がちょっと。韓国で、いつ、誰が、反日を煽ってそれで損をしたことがありますか。私は、パッと思いつく人がいません。『反日扇動だけでは勝てなかった人(または没落が避けられなかった人)』ならいますけど、それは彼が反日だから負けた・没落したとは言えないでしょう。

 

記事で「そんなことしたらオウンゴールでしかなくなるぞ。国民は馬鹿ではない」の事例としてあげているのは、なんと、ジョージ・ブッシュ大統領とイラク戦争です。イラク戦争をやったときには支持率が上がったけど、その後に急激に下がった、とするのが、『オウンゴール』の事例となっています。

さぁ・・イラク戦争の評価はおいといて、もしそれが『国民が指導者の扇動に一時的に騙されたものの、結局は国民が指導者を審判することになる』の事例とするなら、それは『米国国民がバカではない』からでしょう。

李明博氏、この前に再逮捕されました。ネットでは、李明博氏の再逮捕を喜ぶ人たちによって、『李明博はこんなに悪いやつだ』とするありとあらゆる悪評が書いてありました。でも、そこに「独島に上陸して反日感情を利用した」とする内容は見た記憶がありません。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5