リュ・ソクチュン教授、大学講義から排除される

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

慰安婦は売春の一種だと話して、国を挙げての総攻撃を食らったヨンセ大学のリュ・ソクチュン教授。来年は定年となるためか、大学側はリュ教授に最後の年の講義を二つ許可していました。ですが、相次ぐ講義により、結局、講義から排除された、とのことです。以下、MBCニュースから、部分引用してみます。

<・・非難世論が大きくなると、延世大側は今回の学期の講義からリュ教授を一旦排除することにしました。延世大関係者は「最近、教員人事委の決議に基づいて、リュ教授が開設しようとした講義の担当教授割り当てを保留することにした」と明らかにしました。リュ教授は、2020年度1学期社会学専攻の授業で「経済社会学」、「大韓民国産業化と民主化」の二つの講義を行う予定でした。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

今学期の講義が失敗に終わったリュ教授は校内倫理・人権委員会の調査を受けた後、教員人事委員会に回付された状態です。ここでも懲戒意見を出す場合は、最後の段階である懲戒委員会でリュ教授の最終処分が決定されます。

正義記憶連帯(※挺対協)は講義排除はその場しのぎにすぎないとし、リュ教授を懲戒しろと要求しました。

【ハン・ギョンヒ/正義記憶連帯事務総長] 「リュ・ソクチュン教授の正確な懲戒、正確な司法判断が、少なくとも韓国ではそのように歪曲された事実が広がることを防ぐことができる一つの起点になる」。

リュ教授はまた、名誉毀損と侮辱の疑いで告訴警察の捜査も受けています。>

https://news.v.daum.net/v/20200220202810969

 

国民日報によると、大学側は、リュ教授に名誉ある最後の講義を与えようとしていたのではないか、という見方もあります。ここからは国民日報の記事です。

<・・延世大リュ・ソクチュン教授事件学生対策委員会は、「リュ教授が今学期で定年退職する予定だが、学校側が、時間を稼ぎ、リュ教授を名誉退任させようとするのではないかと疑わしい」とし「リュ教授はすぐに謝罪し早急な懲戒手続きを経なければならない」と話した。市民団体「安倍糾弾・西大門行動」は「親日歴史を美化させるリュ教授が教壇に立てないように、強力な懲戒をしなければならない」と指摘した・・>

https://news.v.daum.net/v/20200220095448305

韓国日報など一部のマスコミ記事によると、リュ教授は挺対協が北朝鮮と繋がっているという趣旨を話したこともある、とのことです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5