新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか」と「文在寅政権の末路」のご紹介

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

 

本エントリーは、新刊、2020年3月1日発売の「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」と、2019年12月27日発売中の「文在寅政権の末路」のご紹介となります。発売日はアマゾン表記基準です。

いつものことですが、「本当にありがとうございます」以外に、言葉もございません。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(扶桑社新書)

文在寅政権の末路 (扶桑社新書)

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」は、2019年2月に発売された単行本版に、新章「約束を望む日本、拘束を望む韓国」を追加したものとなります。

妙な話ですが、本書は「品位」の話です。韓国では『格』という字が、まるで上下関係を表すようになっていますが、私は、「品位」や「品格」という言葉は、他人との比較やランク付けの意味ではないと思っています。お金で品位とか品格とかの話になると、どんな形になるのでしょうか。大金持ちは品位があるのでしょうか。そうではありません。それは違います。

日本に来てから、私は、韓国では見いだせなかった『平等』の価値観を感じました。それは決して他人との比べ方や、お金の絶対額で見えてくるものではありません。共産主義などで言う平等とも違います。韓国には無かった、その平等の概念。それこそが、人とお金の間に存在する共存関係に絶妙な品位を作り出している。そんな内容の、いわば日本人の品位に関する本です。

本ブログでも一部を紹介しましたが、「『自』中華思想」、「お金は幸せに必要なのか」などのエントリーも、もともとは本書のために用意した内容となります。他にも、韓国人とクレジットカードの悪縁、日本と韓国で「最低賃金」という存在の意味の差、タイトルにもなっている「なぜ借りたお金を返さないのか」を通じての韓国社会分析、そんな内容を、思いっきり書きました。

また、電子書籍だけですが、『新章だけ』のバージョンも存在しますので、新章だけお読みになりたい方は、こちらを利用してください。

日本人は約束を、韓国人は拘束を望む (扶桑社BOOKS新書)

 

「文在寅政権の末路」は、なんというか、実に「題のとおりの」内容です。

文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、文政権から見た場合、それはそう悪くない末路ではないのか、しかし、大韓民国という立場から見た場合は、どうなのか。

後継者問題はどうなっているのか、韓国経済、特にデフレ問題はどうなっているのか、ろくに民衆運動利益も無い彼が「運動圏」出身に囲まれている現状は、果たして何を意味するのか、南北の問題はどうなっているのか、日米韓の問題はどうなっているのか、そして、日韓の問題はどうなっているのか。

あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、だからこそ私が思っている内容を、日本の皆さんに紹介したいと思っている事案、側面を、自分自身に率直に書きました。

ぜひ、ご一読を!

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (1006)

“新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか」と「文在寅政権の末路」のご紹介” への44件の返信

  1.  > 『新章だけ』のバージョン
    著者の働きかけと扶桑社の工夫,両者の連携した対応に感謝いたします.(私は実本派なのですが,いつの日か お世話になるでしょう たぶん)

  2. 読了しました。一気に読めました。

    日本語で気になるところはありますけど、それ以上に面白かったです。ただし、将来を考えると暗澹たる気持ちになりますね。

  3. シンシアリーよ。
    元歯医者か何か知らんが、お前は祖国のために
    韓国に留まって血を流す覚悟で一人ででも変革を行おうという
    意思はないのか?
    お前の同胞から見れば、祖国の悪口を言う裏切り者、
    日本人から見れば、安全圏に逃げてきて言いたい放題言う
    事大主義者。
    DNAは裏切らない。
    日本国籍取得だけは許さんからな。
    お前たちに必要なのは血を流す覚悟なんだよ。
    今までの経緯から見てそこまでしないと
    本当に今の日本人からは信用されない。
    「朝鮮」という因果の鎖は断ち切れんぞ腰抜け野郎が。

    1. 無理。

      されて終わり。
      君は日本から(君が安全と勘違いしてる日本から)朝鮮で死ね殺されろと言っている。

      鮮半島にいて朝鮮半島の真実を語れば 死、殺されるだけ。何もできずに殺されるだけ。

      本に居ても安全ではない。我が国で朝鮮人種はピストルで朝鮮人種を殺してる。ま
      あ、身バレは死を招きますよ、我が国にいても。
      まして半島で…..

  4. 読みました。辛口に評価するなら70点。辛口に評価すれば、の話です。

    言いたい事は分かる。気持ちも伝わってくる。だが、それを読み手が一々整理しないといけないのかな?
    章立てや構成が練れていない。読みにくいし、読んでいてよくわからなくなる。
    ただ、書きたい事を書こうという点では、心はこもっていたように思う。

    例えば、①ムンジェイン政権のこれまでの意図や政策、そして、②政策の結果や韓国の現状、この2つが理解しやすいように整理して書かれていれば、それに即して③ムンジェイン政権の現在の動き、④今後の韓国やムンジェイン政権の行く末、を書くことによって、説明力(説得力)が出てきて読者に理解しやすくなる。
    「読者に分かりやすくするために単純化しろ!」とまでは言いたくないけどね。

    親日派狩りにしても、もう少し分析が欲しい。歴史的経緯、民族情緒と民族的思考、現政権の意図、便乗した動き、、、
    これまでの親日派狩りは○○で、ここ最近で何がどういう風に起きていて、今(今後)の狙いは何か、、、こういう整理が本の中でできていないと読み手の脳内でも乱雑に情報が詰め込まれるため、整理して理解しようとする人間にとってはそれが負担になる。
    流れが見にくい、因果関係が把握しにくい、ストーリーが頭に入ってこない、、等々。

    それと、シンシアリーさんを例の番組で批判したのは、韓国人がただ愚かだからではない。そこには邪悪な意図がある。ま、そこを的確に書くのは危険なのであれば、せめて「ドール趣味も許容できない人々が集う国が、日本の凌ぐ文化大国になれると思っていることは実に不思議である。」とか、「どこかの国の公然と教えられている歴史観と比べて、公表しているドール趣味には嘘が無い」くらい、皮肉っても良かった(笑。
    学問の自由がないのにノーベル賞を求め、趣味の自由がないのに文化大国を目指す、実に滑稽ではないか。そういう点に気付いていないなら、誠にマコトに頭が残念なのである(感想。

    今後、さらに独自な切り口があっても良い気がする。今作はチョグク氏を巡る解説で、日本ではあまり紹介されていない切り口(モノの見方)があったので、そこはかなり面白かったと思う。

    次作に期待します。

  5.  読ませてもらいました。でもすぐに変えてほしいことがあります。
     リンク先をKindle版と紙書籍版と2つ並べて表記したほうが良いです。
     ぼくのようにせっかちはリンク先(紙書籍版)を即座にワンクリック購入してしまって「あああああああああ!」っと、なってしまいがちです。なりました。泣きました。
     まあすぐにキャンセルできましたが。
     さてすぐに買い直したKindle版。読了。おもしろかったー。
     次の大統領選挙を理解するために必要な予備知識が一冊にまとまっている感じですね。
     前回の文在寅大統領当選までの「え、マジで?」な超展開ぶりも相当に面白かったんですけど、今回の「焼畑農業はじめました。種は播きません」状況もかなり面白いですね。
     本著を読むと、ああなるほどこうして焼畑になっのかーと、俯瞰して見えてくるものがあります。力作です。

  6. ここ数年の侮蔑的な隣国の言動から
    どのような国民性、国の成り立ちなのか興味を持ち
    ブログ・発行本を拝見しています。
    今回、発行された本も拝見しました。
    何と言っていいか。
    一体、いつの時代を生きている人々なのでしょうか。
    私としては、そういう傾向があることを踏まえて対応するだけです。今後も御意見参考にさせていただきます。
    ありがとうございました。今後も頑張ってください。

  7. 昨日、本を買って読破しました。
    274ページかな、精一杯書きましたね。
    韓国人は扇動されやすい、ってのは頷けます。それは、日常で不満が多いからでしょうね。市民団体や宗教団体も多い。外敵を作って自分と自国を正当化するスパイラルから脱却出来ない。
    私は韓国と朝鮮民族の本音は外部から統治されることを望んでいる様に思えます。中国にね。
    表に出なくとも、貴方の仕事とファンは増えますから安心して良いですよ。

  8. 本日、Amazonより届きました
    年が明けてからになりそうですが、ゆっくり拝読させて頂きます

コメントは受け付けていません。