文大統領、新型肺炎「感染者の接触者」と接触

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

コロナ19のせいで、本ブログが本題として扱う(日本関連韓国情報)ネタはほぼ全滅状態です。

脱線するにも重すぎず軽すぎず適度に脱線するネタは無いのだろうか・・と思っていたところ、急にネットに「文在寅 自家隔離(自宅隔離)」というキーワードが見えたので、なんのことだと思って調べてみたら・・ニューシースの記事によりますと、こんなことがありました。

<文在寅大統領が出席した25日の大邱市役所での特別対策会議に、コロナ19確定者の接触者(※新型肺炎と確診された人と接触したことがある人のことで、イ・スンホ大邱市経済副市長です)も同席していたことが確認された。

大統領府は26日午前0時、会議を取材していたニューシース写真記者に連絡し、自家隔離を要請した。該当記者と大邱対策会議場を取材した記者団が、自己隔離に入った・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・一方、この日の会議には、文大統領を含めユ・ウンヒェ社会副首相兼教育部長官、ジン・ヨン行政安全部長官、パク・ヌンフ保健福祉部長官、クォン・ヨンジン大邱市長、イ・スンホ大邱市経済副市長などが参加した。

会議参加者をすべて自家隔離する場合、文大統領と社会副首相、中央災難安全対策本部1・2次長、大邱市長など防疫責任者と決定権者全員が自家隔離対象者になることもありえる。>

https://news.v.daum.net/v/20200226083047008

 

それで、一部では「文在寅自家隔離www」という展開になり、また一部では「大邱がわざとやった大統領へのテロだ」という展開になり、文在寅・自家隔離が話題になったわけです。後になって「確診者との接触者との接触は自家隔離対象ではないので、文在寅大統領は自家隔離対象ではない」と保健当局がわざわざ発表する騒ぎとなりました。該当記事、題とURLだけ紹介します。

「(速報)保健当局、文在寅大統領は自家隔離対象ではない」

https://news.v.daum.net/v/20200226084821446

とりあえず検査、とりあえず閉鎖、とりあえず隔離、しかもコロナ19は拡散する一方。こんな状況で、わざわざ大統領が大邱まで行く理由があったのでしょうか。多分、昨日お伝えした「大邱封鎖」などのミスをカバーするためだったでしょうけど。ちなみに、その経済副市長は検査結果「陰性」だった、とのことです。オチが貧弱ですみません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5