文大統領、新型肺炎「感染者の接触者」と接触

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

コロナ19のせいで、本ブログが本題として扱う(日本関連韓国情報)ネタはほぼ全滅状態です。

脱線するにも重すぎず軽すぎず適度に脱線するネタは無いのだろうか・・と思っていたところ、急にネットに「文在寅 自家隔離(自宅隔離)」というキーワードが見えたので、なんのことだと思って調べてみたら・・ニューシースの記事によりますと、こんなことがありました。

<文在寅大統領が出席した25日の大邱市役所での特別対策会議に、コロナ19確定者の接触者(※新型肺炎と確診された人と接触したことがある人のことで、イ・スンホ大邱市経済副市長です)も同席していたことが確認された。

大統領府は26日午前0時、会議を取材していたニューシース写真記者に連絡し、自家隔離を要請した。該当記者と大邱対策会議場を取材した記者団が、自己隔離に入った・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・一方、この日の会議には、文大統領を含めユ・ウンヒェ社会副首相兼教育部長官、ジン・ヨン行政安全部長官、パク・ヌンフ保健福祉部長官、クォン・ヨンジン大邱市長、イ・スンホ大邱市経済副市長などが参加した。

会議参加者をすべて自家隔離する場合、文大統領と社会副首相、中央災難安全対策本部1・2次長、大邱市長など防疫責任者と決定権者全員が自家隔離対象者になることもありえる。>

https://news.v.daum.net/v/20200226083047008

 

それで、一部では「文在寅自家隔離www」という展開になり、また一部では「大邱がわざとやった大統領へのテロだ」という展開になり、文在寅・自家隔離が話題になったわけです。後になって「確診者との接触者との接触は自家隔離対象ではないので、文在寅大統領は自家隔離対象ではない」と保健当局がわざわざ発表する騒ぎとなりました。該当記事、題とURLだけ紹介します。

「(速報)保健当局、文在寅大統領は自家隔離対象ではない」

https://news.v.daum.net/v/20200226084821446

とりあえず検査、とりあえず閉鎖、とりあえず隔離、しかもコロナ19は拡散する一方。こんな状況で、わざわざ大統領が大邱まで行く理由があったのでしょうか。多分、昨日お伝えした「大邱封鎖」などのミスをカバーするためだったでしょうけど。ちなみに、その経済副市長は検査結果「陰性」だった、とのことです。オチが貧弱ですみません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (129)

60 Replies to “文大統領、新型肺炎「感染者の接触者」と接触”

  1. さて、ダイヤモンドプリンセスへの対応がどうだったか…
    ダイヤモンドプリンセスを参考にしてうまく対応できるのか?

    その解答例になるのか、厚労省の結果も仕方なかったとなるのか、比較対象にできそうな事例が発生してます。
    むこうで、陸のDP号になるのではと心配されているようです。

    ヨーロッパ各地でコロナウイルス感染拡大…スペイン・カナリア諸島のホテルで1000人隔離
    https://www.businessinsider.jp/post-208404

  2. これが色々見たなかで短くてわかりやすかった、と思います。
    新型インフルエンザ等の発生に備えて医療機関に求められること
    ttps://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/dl/pamphlet131220_01.pdf

    いま本邦はこれの3ページ、地域感染期の医療体制の左から右への移行が視野に入ったという所でしょうか。他のところでは疫学的な追跡の可否やその効果への評価、また重症化の度合いを発生段階と対策の変更の目安にするとありました。

    今は視野に入って備える為に全数検査はしないけれど、まだ隔離による感染拡大の抑制も続いている半端な所の模様です。陽性が出れば症状に依らず入院の要請をしなければならないんですね。

    今後、重症化や医療機関による治療の必要な人が増えれば、次に来るのは、この隔離を止めることになります。陽性が確定しても症状が軽微なら自宅療養です。

    これをいきなり宣言するとパニックを起こしかねませんし、まだその判断はされていません。なので今後の動向によって対策の優先順位が変わることがあるというのを念頭に入れつつ、いろんな風説やデマに踊らされないように気を付けて、手洗いうがいの励行でいいみたいです。

    水際対策に反省点があるなら後日に生かせるようにしなければなりませんが、今はその時ではないので感染拡大の抑制にそれぞれが出来ることに勤しみましょう。やっぱりよく寝て美味しいものを(略

    1. 私は意思が大変強いので( ̄∇ ̄)

      一日おきに必ず、「腸内のアルコール消毒」を欠かしたことがありません!

      さて今日は、なんのアルコール消毒するかな?
      蒸留系か、醸造系か。
      和か洋か。
      ビタミンCも摂らないとな。レモンやライムは必須であろう!とか。

    2. 基本的に全数検査なんて無理だし、そんな主張は多くの方はしてないんですよね…

      ただ、医師が必要認めても検査しないとか、かえってパニックをあおるだけですよ、さすがに無能日本政府と無能政権党も突き上げに行動し始めたようですが、予算処置なんて諸外国に比べるとしょぼい(現状予備費150億くらい、諸外国と1桁違う)、それも消費税で痛めつけてるにまか変わらず…
      (なお、野党が無能ではないとは思っていないで念のためw)

      ただ、DP号で言えば、まだ初期の頃でしたし検査負荷もあったかもしれませんが、やはり全数検査して、まず1回目の分離をして降ろして隔離するべきだったともいますよ。
      まあ、米政府が提案を拒否ったって話がありますから、日本人だけでもそれをやるべきだったと、あとの外国人は各国政府が迎えに来れば日本と同じ処置しますよ(これって武漢からチャーター機で救出したのと構図としては似たようなもの)とアナウンスして船内隔離(というか入国拒否)すれば良かったと思うのですがね…

      海外勢が文句言ってきたら、船籍はイギリスなので日本の施政権は船内に及ばないってのを強調すればいいだけだったのだしね…
      政府擁護派の方が船籍言いますが、なら、対応中に政府がそれで対応が困難だと強調しないとね…
      そういう海外宣伝戦みたいな意味でも失敗だよねさすが害務省…
      船での管理失敗したら船籍国・船主国と責任のなすりあいになるの見えてるんだからさ…

      カナリア諸島のホテルが陸のDP号になるかという割れてるようなので、欧州のお手並み見てから、厚労省の評価をしてもよろしいでしょうね…
      厚労省の対応仕方なかったかもではあっても、反省点だらけなのは事実ですから…(医師にもいろいろ論争ありのようですが、あの対応に否定的な方も多いですから…)

コメントは受け付けていません。