ソウル市、S教の教主・指導部を殺人罪などで検察告発

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

本ブログ、経験上、余計なアクセスを避けたいので「S教」としていますけど、ま、何の宗教かは読者の皆さんならご存知でしょう。

その某S教・・新型肺炎の拡散に大きな関連性があるそのS教の教主イ・マンヒ氏及び指導部を、ソウル市が検察に告訴しました。今回の新型肺炎の件で「殺人罪」で告訴したとのことですが・・・・さすがに殺人とは違うのではないか、な気がします。どことなく、朴槿恵政府で某S号の船長に対して行った対応と似ているような、似てないような、そんなところです。

以下、聯合ニュースから部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<ソウル市が、イ・マンヒ総会長をはじめとするS教の指導部を、殺人罪などで告発した。ソウル市は1日午後8時頃、イ・マンヒSイエス教総会長と12個支派の派長を、殺人、傷害罪と感染症の予防管理に関する法律違反の疑いでソウル中央地検に告発した。ソウル市は「被告発人が検診を拒否しており、信徒たちがコロナ19拡散防止のために防疫当局に積極的に協力するようにするための、いかなる措置も取らなかった」と告発の背景を明らかにした。

 

ソウル市は「むしろS教が政府といくつかの地方自治体に提出した信徒名簿には漏れや虚偽の記載があるなど、防疫当局の業務を妨害した疑いも提起されている」と説明した。ソウル市は「このような被告発人の行為は、刑法上殺人罪と傷害罪に該当し、不正確な信徒名簿を提出するなど、感染症予防法違反の疑いがあり、告発することとなった」と説明した・・>

https://news.v.daum.net/v/20200301200641966

市長自ら検察に「公正な捜査と処罰」を要求した、とのことですが・・S教を擁護するつもりなどまったくありませんが、これって、殺人の罪なのでしょうか。とりあえず、久しぶりに朴元淳市長の支持率は上がりそうですね。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5