文在寅大統領の31節記念辞・・相変わらず

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

31節を記念し、文在寅大統領が祝辞をしました。去年もそうでしたが、相変わらず、31運動で1919年だけで7600人が殺されたとするなど、検証されていない数字を持ち出しました。そして、独立運動精神があるから新型肺炎にも勝てると話しました。

もともとが無茶苦茶な人なので、相変わらず無茶苦茶ではあるけど前回と同じ無茶苦茶で、目新しい無茶苦茶はありません。簡略に気になる部分だけ引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・1919年だけでなんと1,542回の万歳デモ運動が起きて、全国で7,600人余りが死亡、16,000人以上が負傷、4万6000人余りが逮捕拘禁されました。世界的に類例のないことでした。日本の弾圧が厳しくしたが、私たち民族の気概は、決してくじけませんでした

去年に続いて2回目です

・学生、農民、労働者、女性が自分で独立と自強、実力養成の主人公になって、むしろより大きな希望を提起しました。1920年だけで武装抗日独立軍の国内進攻作戦がなんと1,651回も行われました。

初耳です

 

・その年の6月には、私たちの独立軍は日本軍と独立闘争において初の全面戦争を繰り広げ大勝を収めました。その偉大なる独立運動隊長ホン・ボンドの遺骸を韓国に持ち込むことになりました

前にも書いたことがありますが「日本が恐れた英雄」が乱発されています。去年4月エントリーしたことがあります

 

・コロナ19を克服し、韓半島の平和と共同繁栄を成し遂げることこそ、揺るぎない大韓民国を作ることであり、真の独立であり、新たな独立の完成です

コロナ19は飾りで、言いたいのは「統一しないと独立じゃないよ」が本題でしょう

・日本とは未来志向~~~~

はいはい

・3・1独立運動精神が100年間私たちに新しい時代を開く力となったように、我々は、必ずコロナ19に勝ち、私たちの経済をさらに活発に蘇らせられることでしょう

全文、ファイナンシャルニュースにあります。URLはここ↓です。

http://www.seoulfn.com/news/articleView.html?idxno=373695

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (145)

68 Replies to “文在寅大統領の31節記念辞・・相変わらず”

  1. シンシアリーさん。騙されてますよ。
    > 1919年だけでなんと1,542回の万歳デモ運動が起きて、全国で7,600人余りが死亡、16,000人以上が負傷、4万6000人余りが逮捕拘禁されました。世界的に類例のないことでした。日本の弾圧が厳しくしたが、私たち民族の気概は、決してくじけませんでした
    ※去年に続いて2回目です。

    昨年の3/1前後のシンシアリーさんの投稿と紹介してある聯合ニュースの報道を確認しましたが、「1542回の万歳デモ」の記述はありません。2回目ではなく初出でした。死傷者数については日本政府が見解が異なることについて一方的に公表するなと抗議したのが昨年です。これは上海にいて3.1は伝聞情報だと認めている朴殷植『韓国独立運動之血史』の死者7509名、負傷者1万5849名、逮捕された者4万6303名、を引用したもののようです。
    そしてなんと!万歳デモ回数は、wiki引用?!でした!
    日本のwiki 3.1運動にこうあります。

    規模[編集]
    3月から5月にかけて集計すると、デモ回数は1542回、延べ参加人数は205万人に上る。そしてデモの回数・参加人数が多かったのは京畿道や慶尚南道、黄海道、平安北道などの地域であった。地方都市でデモを行う場合、人が集まる「市日」(定期市が立つ日)が選ばれ、通常より多くの動員ができるよう工夫された。[要出典]

    要出典とあるのは出典がないので、その編集を呼びかけるものです。今回の大統領談話が出典になるんですかね。韓国のwikiはどうなっているんでしょうか?先にそっちが記載していたとしたら、韓国人の工作員が日本のwikiの編集に手を出しているのかもしれません。

  2. 3・1運動は鎮圧されて残党は海外に逃げ出しましたが、コロナ19もそうなるということでしょう。

  3. これまで意識していなかったのですが、1919.3.1 ってスペイン風邪(新型のH1N1亜型インフルエンザ、発生地はアメリカ)の流行中ですね。(ピークは死者4万人/月の1918/11と1920/1ですが、1919/1-1919/3も死者1万人/月ほど。)
    ttp://www.tokyo-eiken.go.jp/sage/sage2005/
    ttp://www.tokyo-eiken.go.jp/sage/sage2005/sflu-trend/
    最終的に、内地の死者は40万人くらい。朝鮮はその半分くらい(人口比で内地より多め)ですが、併合していなかったらどうなっていたのだろう。ちなみに、インドは1,000-2,000万人という恐ろしい数字が。

    こんな時にデモなのか、というより、こんな時だからデモだったのでしょうね。(今、武漢でデモしたら、ぶち殺されると思うんですよね。)

    1. 「日帝の統治のもとで、疫病が蔓延して、20万人の死者が出た」

      韓国の歴史教科書に載る、としたら、そういうふうにしか書かれないでしょうね。
      「事実だけを並べて『ウソ』をつく」手法ですが。
      で、これも「日帝支配の犠牲者」にカウントされる訳です。

      日韓関係って、こういう構図が多いです。
      で、「まるっきりのデタラメ」と「主観的で過激な印象表現」がそれに花を添える、と。

      1. >「日帝の統治のもとで、疫病が蔓延して、20万人の死者が出た」

        まさに歴史教科書へ載せるのに最適の表現ニダ。
        決して嘘は言っていないニダ。

    2. スペイン風邪でしたか。人種差別撤廃の勢いも劣らず強かったとも取れます。3.1の歴史の記述が間違っているのではと思います。出来たら当時の新聞を精査して世相を読み取ってみたいものです。

      1919年1月14日パリに日本代表団が到着し、国連憲章に人種差別撤廃を入れる提案を2月13日に行い、そして4月11日に日本の提案は賛成15票、反対保留5票で過半数の賛成を得たが米国の反対で全会一致に変更され否決された。

      1918年1月米大統領が民族自決を含む14カ条平和原則を宣言しそれに刺激されて日本にいる韓国人留学生が運動を始め2月8日に東京神田YMCAで独立宣言(2.8宣言)が発表されている。これが影響を及ぼし朝鮮では、1月に死去した李氏朝鮮最後の王である高宗の葬儀予定日の3月3日に合わせて独立宣言が計画されたとされています。これはwikiの背景説明ですが、疑問があります。米国が解放者で日本が弾圧者という構図は、運動の性格を反日とするのには好都合ですが、実際はそうではないと思います。3.1宣言文を見ても反日とは思えない。

      日本は朝鮮が独立できないから仕方なく併合したのであって、伊藤博文も併合には反対だった。高宗の意を継いで独立を目指すことは日本の併合と矛盾しない。アジア各国にも日本は独立を許可していて、石油資源国として欠かせないインドネシアでさえ、最後には独立を認めています。朝鮮が力をつけて独立することを日本は否定しないと思います。独立宣言と併合統治は矛盾しない。

      日本政府は新しい国際連盟への参加条件に人種差別撤廃を入れることを1918年11月13日に決定している。1919年1月に日本全権はパリに到着、2月には人種差別撤廃を提案して、米国上院はこれが規約に入ったら国連加盟はしないと決議して反対しています。黒人組織などは賛成の声を上げ白豪主義のオーストラリアは強固な反対者になっています。人種差別国にとっては死活問題になる程世界は大混乱しており、日本にいる韓国留学生はこの日本政府と日本の世論や世相に影響を受けた可能性が高い。そもそも高宗は天皇陛下を最も信頼し、「自ら改革を行なったが全て失敗し万策が尽きたから、天皇陛下に施政権を譲渡する。国民は日本に従って幸せになりなさい」と最後の訓示を国民に行っています。高宗の葬儀に合わせると言うことは李氏朝鮮の歴史を受け継ぐという意味であって、臨時政府でもなければ反日でもない。それが暴徒化して統制を失ったのでしょう。

      パリ講和会議の日本の人種差別撤廃提案百周年を日本のマスコミは無視して、3.1暴動百年と報道した。いまだに軍国主義日本としか認識できない日本人は、米国を経てパリ入りし、米国内で黒人指導者と会い、支持を取り付けるという周到な準備をしてパリ講和会議に出席して世界に衝撃を与えた日本提案が、日本の社会の雰囲気が生み出したものだということを全く理解できていない。当時の日本がどれほど民主的で開明的で人道主義に溢れていたかと私は推測せざるを得ない。大正浪漫と言われる時代の世界で最も自由な社会の雰囲気は雑誌などの表紙にも表されている。

      なぜ第一次世界大戦に参加した各国の中から日本の自衛隊だけが2019年フランス革命式典に旭日旗を掲げて先頭で参加したのか、誰も説明しない。パリ講和会議に与えた衝撃が今でもフランスには残っているからだと思います。当時はフランスが議長国で、米国の横暴を受け入れて全会一致に変更して可決された日本提案を葬り去ったのですからフランスにとっても歴史に残る汚点だと思います。

      スペイン風邪流行の時代の日本が精神的にも物質的にもどれほど豊かであったのかと思います。朝鮮併合もそういう国民の善意の上で国民の犠牲の上に行われた。だから3.1暴動の裏切りに日本国民は怒り恐怖して、直後の関東大震災での朝鮮人暴動に気をつけろという動きになった。なのに、今の日本人は軍国主義者と文明も知らない愚かな日本人が人種差別を行ったと思っている。そう教育してきた。こんな嘘をあと50年も続けるのか。ほんとうに情けなくてこの時代の日本人に申し訳ない気持ちが消えない。

コメントは受け付けていません。