韓国・新型感染症中央臨床委員長『8割は軽症なのに全数検査して何の意味がある』

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

治療も受けられず、入院も出来ず、待機中に自宅で死亡する人が増え、さらには新型肺炎以外の患者がちゃんと治療を受けられない事態となり、結局、ギブアップ宣言が聞こえるようになりました。医療崩壊及びそれに関する問題、そして公式に発表された関連データ(基礎疾患など)は紹介してきましたので、同じ流れとして、

まず、ニュース1の記事、部分引用します。

<・・現在、大邱で病院に入院している患者は36%である751人に過ぎない。残りの1300人は、家で待機している。クォン・ヨンジン市長は、「病床の確保よりもはるかに多くの感染者が発生し、入院待機中で、自宅で2日以上隔離される患者が増えている」と述べた。大邱の確診者のうち3人が死亡し、大邱の死亡者は7人に増えた。追加死亡者のうち2人は、検体検査の後、確診かどうかを待っていた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200229110408527

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

こんな状況ですから・・いつもは文政府支持であるハンギョレ新聞もまた、『ここまで検査して何の意味がある』という趣旨の記事を載せました。記事のインタビュー韓国国立中央医療院長は、日本の対策を紹介しながらそれを参考にすべきだとしています。

<・・専門家は、症状がある患者のうち80%は入院治療の必要性が低い軽症患者だと推定されているだけに、診断検査の段階から高危険群を中心とする診療戦略を立てなければならないと提案する。

オ・ミョンドン新型感染症中央臨床委員会委員長(ソウル大医学部感染内科教授)は、この日、新型感染症中央臨床委員会の記者会見で、「S教信徒のうち3〜4週間前に感染した人は、すでに潜伏期間が過ぎて回復し、感染力がないだけに、彼らを全数調査して何の意味があるのかという問題がある」、「これ(全数調査)のために効率的な医療資源の利用が阻害されている。もう高危険群を中心とした診療戦略を採用するときだ」と説明した。

 

チョン・ギヒョン国立中央医療院長も「25日に対策を発表した日本の場合、検査は入院を要するほどの肺炎患者を治療する目的で実施するものだと、方針を立てている」と述べた>

https://news.v.daum.net/v/20200301222801341

この「とりあえず検査、とりあえず閉鎖」のやり方に対し、韓国内では今までは「世界が韓国を褒めている」、「韓国は患者が増えているのではなく、見つけているのだ」、「安倍はオリンピックを意識して検査せずにいる(※他の国もそこまで検査していません)」、「検査を怠けた日本も米国もあとから大流行するだろうから、そのときにウリナラが心配だ」などなど、強気な意見がほとんどでした。しかし、少しずつ「これは違う」という声が聞こえてくるようになったわけです。しかし、こんなときだけ「日本に学べ」なニュアンスで言うところが、また・・・要は、バランス感覚ではないでしょうか。

 

 

無事発売日となりました!

ありがとうございます(・∀・)

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (155)

“韓国・新型感染症中央臨床委員長『8割は軽症なのに全数検査して何の意味がある』” への156件の返信

    1. 検査に拘る人もいるようなので
      医師の考え方を纏めたブログより要点のみ転載
      考え方は人それぞれなので好きにすれば良いと思う

      (以下転載)
      COVID19の全件PCR検査を拒否する理由をまとめると以下です。

      (1)PCR検査は偽陽性・偽陰性の確率が結構ある(現時点で「正しい確率」は30-50%と言われる。一定の環境下では70%という報告も)
      (2)有病率(検査前の確率=ある集団中に何人の感染者が居るか)と感度・特異度の掛け合わせで偽陽性・偽陰性の確率が決まる
      (3)感染者が多くない集団に対して「手当たり次第に」検査をしても、偽陽性・偽陰性の結果が増えるだけ(現時点では新型コロナは検査前の確率が不明)
      (4)だから医師が相当程度に疑わしいと判断する者にだけPCR検査をする=高い有病率の集団を相手に検査をすることになる
      (5)偽陽性の場合は健常者が病棟へ⇒自由の侵害と本人の感染リスク
      (6)偽陰性の場合は感染者が慢心して市中へ出て行くおそれ⇒他の人への感染拡大リスク
      (7)陽性だと判明しても現段階では対症療法しかない(適応外使用は除く)

      現状では「検査して新型コロナウイルス=COVID19の可能性を潰したい」と思って検査しても、仮に陰性だったとしてもCOVID19の感染可能性は残っているのですから、ほとんど無意味だということです。

      陰性の結果が出た人が「安心」してしまってマスクを着用せずに不特定多数の人が集まる場所に出て行っては困ります。

      『自分、或いは家族が感染しているのかどうかわからない』状況であれば「安心・慢心」しませんから、自宅で安静するという行動を選択させることができ、それが全体最適だということです。

  1. ♪アビガン アビガン アラリヨ アビガン峠を 越えてゆく…

  2. > 要は、バランス感覚ではないでしょうか。
    ま、そういう事でしょうね。医師が検査を必要とする患者さえ検査を受けられないってのは、これじたい医療崩壊の様な物であって。
    今TBSでニュースやってたけど、一斉休校に関し「見切り発車だ!首相と国民の距離は広がった!」て、未だに安倍批判やってたんで、TBSは日本を滅ぼすつもりかね

  3. 予定通り行われればだが…4月の韓国の総選挙が楽しみだね。
    「外交の天才」のおかげで中国・北朝鮮・米国には叩かれ、自己満足のコロナ対策の結果、世界から入国禁止の事態を招いたのは誰なのか…。
    その中で韓国国民がどのような判断を下すのか実に興味深い。

  4. ほらテレ朝の玉川とか日本の左翼が韓国褒めたからこんなことに…。検査数世界最高とかまだまだ調子に乗って止まらないんじゃないかな。ルビコン河を渡りきってから泣きながら戻ってくるいつものアレかと。

    1. そのテレビ朝日の玉川や日本の左翼には韓国のテグに永住してもらって、韓国医療の素晴らしさを長期取材してほしいもんですw

  5. No Japanの初志を貫徹して下さいね♡
    防疫後進国に学ぶ事など何も有りませんってば、検査ですよ、検査!……コッチ見るな!

  6. すこし場違いか?とも思いながら 重大だと感じるので
    「新宿会計士さんのブログ」に貼った同一趣旨文です。

    私は 今回の安倍談話 大した事言わんだろうと yahooニュースで済ましてました。
    先程 山口敬之氏・小川栄太郎氏のyoutubeを見て考え方を変えました。
    今 首相の声明文を読みました。確かに隔靴搔痒の極みです。

    しかし 重大な事態が起こってる。露骨に言えばパニックを起こす、その苦心を感じます。
    こんな事態で トイレットペーパー騒動を起こすような国民です。
    国民を甘やかしてきた付けです、しかし 仕方ない これで対処しよう、に読めます。

    なにが問題なんでしょうか?
    私は 子供と若者だと感じました、それも無症状・感染媒介者としての!
    香港の例(家族6人子供だけ無症状)関東で3件程 父母子感染があったような。
    専門家が その危険を指摘しシュミレーションした結果に驚いたのではないでしょうか?

    確かに妄想に過ぎないかもしれませんが 賢明な当ブログの皆さんで検討戴けませんか?

    1. エビデンスらしきものを貼っておきます。

       新型コロナウイルスの感染拡大を受け3月2日、東京・厚労省で開催された政府の専門家会議が開かれ、道内感染者は推計940人に上るとの考えが示されました。

       メンバーの一人、北大医学研究院(理論疫学)の西浦博教授が2月25日の時点の調査で940人に上る試算を示し、「(公表されている)道内感染者は77人だが、推計と10倍のひらきがあり、軽症で若年層に広がっているのでなければ整合性がつかない」と述べました。
      UHB 北海道文化放送 2020/03/02 17:57
      西浦博教授は 1/20頃 中国の推計患者数を約10倍としました。
      私は その後の経過から非常に正確であったと思ってます。

    2. とりあえず、「誰が」「どのように」考え、あるいは推定しているのか、明確にしてもらえんかな。
      なお、当ブログの皆様は、別に「賢明な」などとおだてられて喜んで返信するような者は少ないと思うが。

      1. 忽那賢治先生のyahooの記事です。
        ttps://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20200229-00165263/

        忽那先生も穏当で正確な事を発せられて来た方です。
        もし興味もたれたら『新宿会計士さんのブログへ』

        ここでは 今夜この議論は 行いません。

        申し訳ございませんでした。
         

  7. ホントに初期の初期ならば意味が抑え込みとして意味があるけどね。
    ネットで日本人が韓国人にあらゆる説明しても韓国の方が優れてる、日本は医療体制がダメだと言いはってたよね。今、あの韓国人たちは何を思ってるんだろうかww。

  8. 手段の目的化かなぁ 検査結果の利用方法はともかく,全数検査を可能にしたのは前大統領がMARSの教訓から体制や設備の素地を整えたから という見方は無いのかねぇ

    1. 楽韓さんによると、MERS規定というのが残っていて感染者は陰圧室に隔離することになっていたそうです。そのための全数調査と思われ。
      ただ、MERSとコロナ19の検査の精度、感染しやすさ、病状などの違いを無視してMERSのときと同じく封じ込めると思っていたようです。陰圧室の空きがあってこそ重症者を収容できる流動性が確保できるのですが、気づいたら病室は満杯で医療崩壊。現状を見てPDCAサイクルで柔軟に対処法を変えることが不足していたようです。

  9. 日韓のマスコミ、日本の野党、韓国政府の三者が日本政府sageをやっている中、韓国の専門家が日本政府ageをやっているように見えて、一種の小気味よい面白さを感じます。

    コロナ感染で医療崩壊した大邱は、まさにリーダーシップのなさを露呈したなれの果てだと誰しもが思うでしょうね。

コメントは受け付けていません。