韓国与党「S教と特定政党との癒着を黙って見ているわけにはいかない」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

昨日の「ボクの腕時計、見て見て」エントリーと・・まさかとは思いますが、関連した内容と言えなくもない内容です。

韓国の与党「共に民主党」が、「S教と特定政党の癒着」を持ち出しました。ですが、なんと、一部の記事にて、本当に『朴槿恵時計を意識したものと見られる』と書いてあります。いや、あれは偽物だとすぐバレたはずですが・・以下、聯合ニュースと朝鮮日報の記事から、部分引用します。

<・・共に民主党は、Sとの関係を明らかにせよと、野党に公開要求した。チョ・ジョンシキ政策委議長はこの日、「イ・マンヒ総会長とS教側の、特定政党との癒着関係に対する国民の疑惑について、明らか立場を表明することを要求する」と述べた。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

これは、イ総会長が前日の記者会見で、「朴槿恵時計」をしていたことを念頭に置いたものとみられる。未来統合党(※自由韓国党から改名)の前身である自由韓国党の母体であるセヌリ党は、朴槿恵政府当時の与党だ。

先に、共に民主党共同常任選対委員長のイ・ナギョン元総理は、「一部の野党指導者がS教を庇護するような態度をとって、多くの国民に懸念を与えている」と批判した。共に民主党はこの日も、未来統合党に、政治攻勢でしかない政府批判を中止せよと要求した・・>

https://news.v.daum.net/v/20200303113837973

いやいやいや、聯合ニュースほどの大手なら、腕時計が偽物である可能性が高いと書き加えておいてもよかったのでは。

 

ここからは朝鮮日報です。

<・・共に民主党チョ・ジョンシキ政策委議長が3日、S教のことで「特定政党との癒着関係に対する国民の疑惑について明らかな立場表明を要求する」とした。チョ議長はこの日の午前、党院内対策会議・常任委員会議で「適当に見過ごすべきことではない」とし、このように述べた。

インターネットコミュニティなどでは、過去、朴槿恵元大統領が率いたセヌリ党の党名がS教名と同じだとし、関連性があるのではないかと疑問を提起する書き込みが広がっている。ヨ・ヒョンホ青瓦台国政広報秘書官は、自分のフェイスブックに「未来統合党とS教連係説」を書いた記事をシェアしたりした。また、前日イ・マンヒS教総会長が記者会見で朴槿恵大統領の名前が書かれた腕時計を付けていたことで、ネチズンの一部では、二人が親しい仲だったのではないか、という話も出ている・・>

https://news.v.daum.net/v/20200303110037029

朝鮮日報はこの後、腕時計は偽物である可能性が高いなどの内容も書いています。

昨日、腕時計エントリーで半分冗談のつもりで書いた「HAHAHAHA」の部分・・まさかのまさかとは思いますが、本当にそういう展開になる可能性もゼロではないみたいです。

 

 

 

無事発売日となりました!

ありがとうございます(・∀・)

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5