自分勝手に身分制度を作る人たち

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

以下、韓国内で嫌悪問題を指摘してきた、ウォンジュ(原州)大学の多文化学科教授キム・ジへ氏が、市民記者としてオーマイニュースに書いた記事です。

2009年6月14日のものですが、実はこれ、前にも紹介したことがある『いまでは珍しい韓国社会批判資料』の1つです。

イエス尊待法エントリーを書いてから、少し補完する形で韓国語の敬語の問題(『尊待』の言葉を使う/使わないが必要以上に克明に分かれている)を紹介できないかな、と悩んでいたところ、随分前にお気に入りフォルダーに入れておいたのを思い出して、今日、紹介します。イエス尊待法エントリーを読んでからのほうが良いと思いますので、まだの方は先にご一読を。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<韓国人は、人に会えば、まず年齢を聞く。言葉遣いをどうすべきかを決めるため、すなわち「さん」を付けるべきか「です」を付けるべきかを決めるには、年齢を知る必要があるからだ。

年齢だけではない。韓国語を言い始めるには、相手について知っておくべきことが本当に多い。職業、教育水準、結婚したかどうか、親や配偶者の職業、経済的能力、乗っている車の種類、住んでいる街、着ている服など。もちろん男か女かも重要である。

職業といっても、そこには貴賎があり、その職業のどの職位なのかも知って置かなければならない。それらの項目でこれといって優れたものが無かった場合、その人はタメ口を言われなければならない。私がタメ口でいいですよと先に言うこともなくはないが、殆どの場合、私にタメ口をきくかどうかは相手が決める。

だからこそ、だろうか。他人より上を行くものが年齢しか無い人たちは、わずか1,2年差にもものすごく敏感になる。いや、数ヶ月、数日も重要である。

1月に生まれた私のような人は、その前の年の12月に生まれな人と友だちになるためには「あなたより1年後だけど早い時期(1月)に生まれた」とかならず強調する。わずか数日の遅れで、ずっと『下待』されたくはないからだ・・

 

・・今日の韓国語のタメ口は、社会的関係ではなく、身分の違いを表わす。カースト制度のように、社会全体の固定された身分ではない。代わりに、韓国は、個人単位の身分階級がある。各自が自分を含めて、周りの人を一列で並べて作った階級である。誰かがランクをあらかじめ決めておいたものではなく、その階級を作る責任は各自にある。明確な基準がないから、年齢、職業、性別等に応じて、自分の勝手で決められる。極めて個人的な決定ではあるが、それは社会的な偏見を反映している。タメ口は、そうやって私が作った身分社会で、私よりも低い人に使う言葉なのだ。

朝鮮時代のような公式な身分社会は無くなったかもしれないが、言葉遣いを通じた身分作りは、日常と分離することができない、生活そのものになってしまったのだ・・>

https://news.v.daum.net/v/20090614134504977

 

ビジネス目的でもなければ、韓国人「たち」がお互いに敬語を使い合うことはほとんどありません。かならず、誰かが誰かに敬語を使い、その逆はタメ口を使います。こういう考えが根強いからこそ、イエスもタメ口を使う超レア訳の聖書が出来上がったのでしょう。疲れる話です。

 

 

3月4日(水曜)は午後まで更新できないので、これを4日の朝のエントリーだと思ってください。

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (136)

63 Replies to “自分勝手に身分制度を作る人たち”

  1. やっと分かった気がしました。何が?
    この前、映画「パラサイト」のアカデミー賞受賞の後、
    その監督や出演者たちと文大統領が懇談したことがありましたよね。

    その時に文大統領が言った言葉として、
    「我々も格差を無くすために頑張っているが、それにはまだまだ時間が掛かる」
    という感じのコメントがあったんですよ。うろ覚えで正確ではないですが。

    その記事を見ながら、私はどうもどこかで何かの認識がズレているような
    気がしたんですよね。でも、それが何なのかが上手く掴めないままに
    なってしまっていたわけです。今、それが何だったのかが分かりました。

    私が見る、韓国社会が抱えている問題の本質というのは、文大統領が言ったような
    単純な「経済的格差」の問題にあるのではなく、この記事にあるように、
    人間に「貴賎」を付けて、それを「道徳」として承認してしまっている、
    その社会のあり様、社会構成員の価値観の方にこそあるのだ、ということです。

    確かに「半地下」というのは、韓国の格差社会の象徴なんでしょうが、
    あくまでそれは経済活動の上での個人の収入の格差の問題です。
    この「半地下」が強調されることで、本質が見えにくくなってしまっていたのだと。

    実際には、韓国社会に存在する問題の本質とは、半地下がどうとか以前に、
    人間同士が対等な状態で存在できない、と言うところにあると思うわけです。
    この記事の内容が示しているように。

    つまり、私が文大統領の言葉に感じた違和感とは、
    たとえ韓国社会から「経済的格差」を無くせたとしても、
    道徳としての人間の「貴賎」の差を受け入れ、承認する文化が
    韓国社会に広く存在する限り、映画「パラサイト」で描かれた、
    人間の上下関係による差別意識や価値観は、まるで動じることなく、
    そこに存在し続けるであろう、ということです。

    あ、コメントの最後に言うのも何ですが、私は「パラサイト」観てませんけど。(汗)

  2. 90年代の中ごろ、会社が韓国のソフトハウスに制作外注していました。私は委託元のマネージャーとして月一ペースで出張。相手の会社の韓国人のマネージャー、初対面から暫くは物凄いへり下りで接して来て、飲みに行ってもお酌ばかりして来るため、今度は私が注ぐ番と言うと滅茶苦茶遠慮し、タバコを吸うときも私の方は向かずに反対向きに煙を吐く始末。自分から距離感を設けるようで壁を感じていたが、数か月した頃にいきなり英語で「何年生まれですか?」と聞いてきた。「私が1963年です」と丁寧に答えた途端に態度が一転して豹変。「俺は1961年だよ」と言う感じで、それまでのお酌やタバコの遠慮勝ちな態度は消え失せ、踏ん反り返って「酌をせい!」のような感じ。なんだこいつは?と思い、他の韓国人に聞いたら、韓国では1才上だと、それだけで偉くなるのだとか。増して2才も年下なら、主人と下僕の関係だそうな。なんか当時流行っていたビーバップハイスクールの中高生ヤンキーの世界観にあぜんとしたことを思い出しました。彼も相当に酔っていたこともあり、本心が態度に出たようで、次の日は謝りに来て、しかし態度は急に中途半端なへり下り方になったのでした。人間のレベルが低俗過ぎて笑うしかなかったなぁ。ホント

コメントは受け付けていません。