中国外交部「適切な措置なら、日本も中国もお互い理解できる」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国側の『相応措置』とやらの発表が、なかなか来ません。何か発表があったら別に更新するとして、別のことをエントリーします。

でも、別ネタとも言えない気もします。なにせ、日本が制限したのは「中国と韓国」ですが、中国外交部の対応は、韓国とは桁外れに落ち着いているからです。以下、朝鮮日報の記事から、部分引用します。

<中国政府とマスコミは、日本の入国関連規制強化に非難を自制して収容する雰囲気を見せている。ザオリージェン(※多分、趙立堅)中国外交部スポークスマンは5日(現地時間)の定例ブリーフィングで、日本の中国人入国規制・隔離強化の決定に対する中国の立場を問う質問に、「まだ関連記事を読んでいない」としながらも、「中国も日本も関係なく、自国民の健康と生命の安全を保護し、地域と世界の公共衛生の安全を保護するための一連の科学的、専門的、適切な措置であるなら、誰もが理解できるだろう」と述べた。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

彼は続いて「中国と日本、両国は外交チャンネルを通じて緊密なコミュニケーションを維持している」と付け加えた。

ザオ・スポークスマンは、習近平中国主席の日本国賓訪問延期と関連した内容を伝えながらも、「現在の日中両国は、コロナ19防疫に総力を傾けている」と伝えた。中国国営メディアは、習近平注釈の4月日本を訪問日程が延期となった内容に焦点を合わせて報道するだけで、日本の中国人入国規制・隔離強化決定ニュースについては大きく取り上げなかい雰囲気だった。中国でコロナ19確診者が急増した時期に、中国政府が世界各国の中国人入国禁止措置に極度に敏感に反応したのとは対照的である・・>

https://news.v.daum.net/v/20200306142454292

DAUM経由ですが、なぜかコメントが一つもありません。

 

また、別にエントリーを書くほどの内容ではないのでここで一緒に紹介します。韓国各紙が、「安倍総理の韓国・中国入国制限措置に、日本内でも批判が強い」と報道しています。「他でもない日本内で批判がある!」を強調する、いつものパターンです。別の意見があって当たり前だとする考えが無いのでしょうか。

聯合ニュースは、東京新聞、毎日新聞、朝日新聞の記事を取り上げながら、「日本内で批判が起きている」「朝日新聞によると今回の対応が効果がなかった場合、安倍総理は致命傷を負うことになる」などと報道しています。

https://news.v.daum.net/v/20200306101111441

あと、京郷新聞の記事によると、旅客船の運行は予定通り9日から全面中止となり、カーフェリーは貨物だけを運送することになる、とのことです。

https://news.v.daum.net/v/20200306183551645

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5