韓国大統領府、対抗措置で「主権国家として当然だ」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

また出ました。主権国家アピール。韓国政府が、『なんで日本にだけ強く対応するんですか?』という指摘に対し、『主権国家として当然のことだ』と答えました。その理屈だと、日本政府が取った措置は日本の主権のはずですが、それについてはどう考えているのか、謎です。

以下、東亜日報の記事から部分引用します。

<・・大統領府は8日、日本人のビザなし入国を許さないことで、日本にだけ強硬に対応したという一部の指摘と関連、「合理的批判ではない、事実を歪曲する主張だ」、「主権国家として当然すべきことをしただけだ」と述べた。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

青瓦台カン・ミンソク スポークスマンはこの日、書面ブリーフィングで、「韓国に入国関連措置(禁止・制限・手続の強化)をとった国が100以上に及ぶのに、韓国政府は唯一日本にだけ政治的・感情的に強硬対応しているという趣旨でいくつかのマスコミが報道している。さらに、中国に何も言えないで、日本だけ非難しているともしている」・・

・・(※しかし)「日本の過度で不合理な行動に対し、韓国は、透明性・開放性・民主的な手続きのコロナ19対応3原則に基づいて、節制された方式で対応する措置を取ったのだ」、「国民の健康安全を最優先にしながら感染症流入の徹底管理に主眼を置いて下した決定であることを明らかにしておく」と話した・・

 

・・続いて「現在、韓国に入国禁止制限・手続き強化措置をとる国の多くは、モルディブのような観光国であり、独自の防疫能力が落ちる国だ」とし「これらの国と残りのほとんどの国は、コロ​​ナ19確診者の数などを考慮すると、韓国に対して、日本のように感染の危険が高くない。したがって、このような国々に対して、日本とは異なり、対応する措置は必要ではない」と説明した・・>

https://news.v.daum.net/v/20200308171757750

 

とりあえず自分の権利だけ主張する人は、他人にも権利があるという事実を忘却してしまいます。入国制限は、日本の主権国家としての措置ですが、そこまでは考えていない、いや「考えてないことにして」いるのでしょう。

引用部分だけでも、大きな矛盾が見えます。日本のことを「他の国より、韓国に対する感染の危険が高い」と思っていて、国民を守るためを最優先にして、主権国家なら、韓国政府は、なぜいままで日本からの入国を制限しなかったのでしょうか。

ちなみに、日本政府は「とりあえず今月末まで(見てから判断する)」としていますが、韓国政府は、時限を設定していません。これは、「韓国が日本より先に措置を取り消す(再びビザ免除にする)ことは無い」という意味でもあります。日本がまず措置を取り消して、それから「日本が折れた!」としながら韓国も取り消すつもりなのでしょう。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5