大邱の医療崩壊、まだまだ続く・・入院できず「ただ待つだけ」の重症確診者だけで304人

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

大邱の医療システム崩壊、まだまだ直る気配がありません。重症でいますぐに病院での治療が必要なコロナ19確診者だけで、304人だそうです。ローカルメディアでは随分前から医療システム崩壊を指摘する記事が出ていましたが、いまさら大手は『医療システムがちゃんと機能しない兆候が現れている』としているし、政府は「偉いぞボク偉いぞボク」ばかりです。

以下、聯合ニュースの記事から部分引用します。

<新型コロナウイルス感染症(コロナ19)事態で死亡者が相次ぐ大邱(テグ)の医療システムが、正常に動作できないでいる兆候が、あちこちで現れている。呼吸器症状でコロナ19感染が疑われても、市民は検査を受けることができず、選別診療所の間でたらい回しにされ、重症で病院での治療を急がなければならないのに、自宅でただ入院を待つだけの確診者は、300人を超える・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・一線の診断検査とは別に、入院治療が急であるにもかかわらず、病室がなく、自宅で待つだけの重症感染者も相当数だ。市によると、これまで大邱と他の地域の20以上の病院で確保した病床は2千641個(9日午後5時基準)である。しかし、大邱全体の確診者5663人のうち、2198人が入院し、1888人は10ヶ所の生活治療センターに入所した。

自宅待機、入院待機確診者は、1422人にのぼる。このうち304人は重症であり、必ず入院が必要と判断された。

さらに、入院待機中の感染者の中には高齢でしかも持病を患う患者もおり、適時に治療を受けられなかった場合、状態がさらに悪化する可能性が高い。実際、大邱では、確診定判定を受けて自宅で隔離中に、医療措置をちゃんと受けられず死亡する切ない事例が相次いだ・・>

https://news.v.daum.net/v/20200310180749908

 

引用部分に生活治療センターという言葉がありますが、これについては、「毎日経済」から引用してみます。

<大邱・慶北地域を中心に急増しているコロナ19患者収容問題で足元に火がついた政府は、2日、軽症患者を管理する生活治療センターの運営を開始した。しかし、すでに大邱・慶北地域確定者が連日400〜500人も発生するなど制御不能の状態に陥っており、地域の医療需給システムが崩壊した状態なので、後の祭り対応ではないのか、との論議が起きている。特に、生活治療センターがコロナ19軽症患者を収容する施設である点で、現在最も緊急な事案である重症患者が入院出来ないでいる問題は、相当期間、続くしかないという指摘だ・・>

https://news.v.daum.net/v/20200302180010412

文政府「世界標準だ!」/世界「ぎゃー(逃げる」・・な展開が、今日も続いています。

 

 

遅くなりました。前々から指摘されていた、コメントの際に『急いで投稿しようとしています』とメッセージが出る現象に対処しました。ただ、そのために解除した機能もあり、しばらく様子見とします。何か不具合が見つかれば、本インフォメーションにコメントください

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (158)

116 Replies to “大邱の医療崩壊、まだまだ続く・・入院できず「ただ待つだけ」の重症確診者だけで304人”

  1. 大学病院に行くと、行きたい科に行くために、そのフロアを探すなど普通ですが、韓国医者はみな呼吸器科になった。チキン屋にみたいに。
    大きな病院は基本予約制だと思うのですが、まさかノーショーやってないですよね。紹介だけしてもらって行かないとか。
    犠牲者が出ている今、鬼の首とったみたいで不謹慎ですが、既視感が多すぎます。
    セウォル号、スピードスケート女子パシュート、チキン屋、ノーショー、
    韓国だから起こる。流行ると(煽られると)自分の専門性が吹っ飛び、となりと先を争う競争に奔走する。
    「歴史を忘れた民族に明日はない」なら韓国に明日はないですね。

  2. >七誌さんへ

    ここは七誌さんのいうとおりだと
    思ってますよ

    治療できなくとも、隔離だけ
    するために、検査をしたら
    世界が韓国を隔離した。

    疫病の蔓延には、隔離がもっとも
    有効だそうです。
    韓国が感染者を好評しなければ
    世界は韓国を隔離できなかった。
    それは確かです。

    1. 私も隔離が有効だと思っています。
      重症化したり、重篤化する人がいる一方で、一定の割合で感染していても無症状の人がいます。

      感染していても無症状の人達は、自由に歩き回っている状態です。
      無症状者が周りに感染させないのであれば、それでもよいのですが、実際には周囲の人達に感染させていきます。
      これではいつまで経っても、流行が収まらず、感染者が減りません。

      病床数の関係で、病院に隔離できなくても、自宅隔離(自宅待機)だけでも、だいぶ違うでしょう。
      自宅隔離(自宅待機)の方法は、一人暮らし、家族と共に暮らしている場合などのガイドラインが必要でしょう。

      今の政策では、なかなか検査もしてもらえないので、重症化するまでほっておかれます。
      4日以上高熱の状態が続かないと、なかなか検査してお貰えません。重症化した人は、見捨てられています。

      重症化し、駅で倒れる人もいました。多分、具合が悪いが頑張って歩いているうちに、臓器の不全で倒れたものでしょう。
      これは軽症の内に医療を受けられなかったことを表しています。駅で倒れてからでは、迅速な治療は期待できません。

      肺だけでなく、多臓器が不全を起こします。
      肺炎、肝不全、腎不全、髄膜炎(こういう記事も見ました)になる人まで現れています。

      病気になってからの経過は、人によってさまざま、医師にとっても何が起きるか予想できないのが、この感染症の特徴です。

      1. もはや特殊なケースに対応するフェーズではありません。
        (もはや、というかこういう感染症の場合は最初から。)

        全体として抑える。最終的な感染者の数ではなく、流行を遅らせて感染者(重症者)のピークを抑えることで、医療インフラを守り、最終的な死者数を抑える。これが基本方針です。

        無症状や軽症の場合は、ウイルスが増殖していないので「比較的」に周りに感染させません。→ 他人との接触を避けて、軽症なら自宅待機で。
        発熱が続くなど症状が重くなれば、ウイルスが増殖してるため「比較的」に感染力が高い。→ 病院で隔離。治療。

        無症状や軽症から突然重症になる場合 → ごめんなさい。何とか早く病院に来てください。(SARS や MERS はこのケースが多かったので違う対応なのですが。)

        医療インフラ(使用可能な病床の数)が、入院が必要な重症者の数より多い場合には、入院して治療が必要な人に全員対応できます。この場合の致死率は「十分な治療が受けられる状態での」致死率になり、低く抑えられます。例えば、死者数 = 重症者数 * 5~10% とかでしょうか。

        しかし、重症者の数が上回れば、上回った分の人は十分な治療が受けられません。トリアージして最大限まで救うだけです。こうなると、例えば、
        死者数 = 病床数 * 5~10% + (重症者数 – 病床数) * 50~100%
        になります。致死率が跳ね上がります。これが、イタリアで起こっている事態です。(韓国は人口あたりの病床数は世界2位なので耐えている?)

        逆に言うと、最終的に非常に多くの人が感染するとしても、ピーク時の重症者の数を十分少なく抑えることができれば、全員に十分な治療ができます。

        参考
        厚生労働省による新型コロナウイルス対策の目的(基本的な考え方)
        ttps://www.mhlw.go.jp/content/10200000/000603002.pdf
        # これを理解した上で↓

        本格的な流行に備えるシナリオ
        ttps://www.huffingtonpost.jp/entry/story-corona-preparation_jp_5e66f0c1c5b60557280a1ee3
        # 文中で何度も但し書きがあるように「シナリオ」を「シナリオ」として読めない奴は読むべからず。

        1. 政府の発表には、鵜呑みにできなところがあります。矛盾が感じられます。
          既得権益の利益を守る、経済的な思惑で動いているように思えます。
          結局のところ、患者が重症にならないと検査しない、というのは間違っていると思います。弱者の切り捨てですね。

          あなたとは意見が違うので、何を話しても無駄のように感じます。あなたの見方には、賛同してません。
          あなたと意見交換には、何らの有益性も感じません。今後は返答をご遠慮ください。

        2. 誤解されたままは嫌なので、説明しておくと。

          上記などは、私の意見ではなくて、政府などの考え方を(自分なりに理解して)説明しているだけなんですよね。
          少なくとも論理的にはおかしくないと思っているから紹介しているわけですが、全面的に賛同して自分の意見にするかどうかは別の話です。

          ただ、政府の考え方を理解することは、どんな意見を持つ人であっても有益性はあると思うのですけどね。
          また、それに対して(感じられます。思います。ではなく)きちんと論理的に反論することも、どんな意見を持つ人に対しても有益性はあると思います。

        3. 私の見方では、2月の中頃には全国民に対する検査の準備をするべきだったでしょう。クルーズ船での感染が確認できた段階です。
          この時点で、中国からの人の流入を制限すべきでした。

          目に見えない感染者を、いち早く発見し、早く処置により、重症化させない、治療を長引かせない、という方針です。

          政府の対応(加藤厚生労働大臣の対応)は、国民を守るという観点からは、防疫や対応がチグハグだと感じます。
          厚労省の既得権益があり、検査体制を拡大していないとも思っています。

          こういう対応は、隠蔽工作を意図しているのでは、疑われても仕方ないでしょう。今回の対応で誤れば、首相の評価も下がります。

          PCR検査が保険適用となっても、月末にならないと、それもいろいろな手続きを踏まないと、容易には検査を受けられません。

          このウイルスは、すでにいろいろに変異していっていると思います。
          病気の症状や、病状の経過があまりに多様で、症状や経過が首尾一貫していません。
          患者がどうなるか、医師にも予想が付かない。

          普通のウイルスのように、感染後に皆が似たような経過をたどらない。
          これはウイルスが変異し、多様化していっている証拠ではないかと考えています。

          政府の対応は、後手後手になっているように思えます。少なくとも先手先手の対応ではありません。
          オリンピックのこともあったと思います。オリンピックの責任者である森元首相とも仲が良いですしね。
          いろいろな既得権益や利益団体ともつながりがあるでしょう。なんとしても経済的な利益のために、オリンピックを開催したい人達がいます。

          感染者が多くいるような状況で、オリンピックを開催しても、世界中から非難され、日本の評判は堕ちます。
          オリンピックを観戦しに来た外国人が、国に帰って次々に発症したなら、その非難の矛先は日本に向きます。
          もう元の信頼は取り返せません。

          国民に病気にかかった場合の責任を押し付けていると言えるでしょう。

          1. 「既得権益」「隠蔽工作」といった用語を使うと、多くの人にとっては論外になります。それらが正しくなかった場合、全く見当違いの無意味な論になるわけで。
            特に、今回のような事態には、多くの専門家(世界的な名声を持つような専門家も含む)も関わっているわけです。彼らは、プライドも倫理観も高い人々だと思いますよ。彼ら全員に「工作」などはできません。

            参考として挙げた資料は読まれましたか?
            「既得権益」「隠蔽工作」などを考えなくても、合理的に説明できるものとして紹介しました。
            また、読まれていれば、ある程度は学術的な定量的な数値でもって反論しないと同じ土俵に上がれないことが分かると思います。
            (専門家ではないからと言うなら、専門家にまかせるしかありません。主張したいなら同じ土俵に上がれるように頑張るしかありません。)

            なお、オリンピックなどの経済的な利益を考慮するのは真っ当です。経済的損失は人を殺します。経済的繁栄があったからこそ、今使える医療インフラがあることを忘れてはいけません。
            疫病と経済のどちらを優先するかは思想の問題ではありません。一人でも多く生かせるようにするだけです。だらら、定量的ではないとダメなのです。
            また、未知の事態においては、新しい情報によりその計算が日々変わるので、チグハグになるのは当たり前です。だから、チグハグなことは別の思惑があることや無能であることの証明にはなりません。(別の思惑や無能さからチグハグになることはもちろんありますが。)
            (ちなみに、2009年の新型インフルエンザの時もしばらく右往左往していましたよ。死者数200人に抑えて「成功」しましたが、多くの「失敗」もまたありました。)

          2. >名有名無さん
            >①全国民に対する検査の準備をするべきだったでしょう。
            >②目に見えない感染者を、いち早く発見し、早く処置により、
            >あなたとは意見が違うので、何を話しても無駄のように感じます

            横から失礼しますが、余りな恐ろしい事を気楽におっしゃるので横やりを入れたくなりました。
            ・全国民に対する検査が何時の段階で出来るとお思いですか?
            ・検査の精度とか、感染の時間で感染を正確に表しません。死んだときには正確に感染を特定できます。
            ・早く処置と言うのは何をする事でしょう?治療法は未だ無いのです。

            今更、貴方の考えを聞いてびっくりしました。
            意見が違うので話しても仕方ないとお思いになると思いますが、これは意見の問題ではありません、知識、情報の理解力の問題です。
            検査には精度があって大変な混乱が予想され、全国民に陰性/陽性とレッテルを張る事の差別の恐ろしさ。
            以前、貴方の特定の分野で知識が素晴らしい事も知っています。
            正直、貴方は教養も知識もありますが、特定の分野に偏っていて、現在の情報、知識は解釈できなくなっています。社会から遊離して極端な変人です、老害となりつつありますが当然自覚は無いのでしょうね、とても残念です。

      2. 名有名無さん

        名有名無
        2020年3月12日 13:58
        ——————-

        感染者のうち重症化する患者はどのくらいなんでしょうねえ?。

        一部のことをさも全体であるかのように思い込ませ人々の恐怖心を煽るのはやめてもらいたい。

        医療リソースは有限なんですよ。
        感染しても無症状か軽症で自然治癒する人がほとんどです。
        高齢者で持病持ちの感染者の死亡率が高いのです。
        高齢者に医療を集中するのが合理的でしょ。

        検査が受けられないから、感染したことがわからず重症化してしまう。
        というのは大嘘です。

        現在認可された特効薬がないので対症療法しかありません。
        検査を受けても受けなくても、症状が出た段階で治療が始まるのです。
        無症状の患者を治療する方法は現在ありません。

  3. 国民全員がマスクをすることに意味はあるのか?
    マスクはあくまで感染者が咳・痰を飛ばさないことで未感染者に飛沫感染を起こすのを防ぐものである。
    感染してない人が着用しても、ウイルスの粒子は容易にマスクを通過してしまうので医学的な予防効果はない。
    誰かが自分の目の前で咳をした時に、顔に飛沫がかかるのを防げるだろうという意見もあるが、そもそも目の前で咳をぶちまけられる環境の方が問題です。
    ただし、全員がマスクをしていれば結果的に感染者もマスクを付けないわけには行かないので、日本のお家芸である同調圧力もこういうときは意味があるかもしれない。
    また、この病気は接触感染の要素が強く、ウイルスの付いた手で自分の目・鼻・口をいじると感染するようなので、マスクをすることで鼻・口をいじりにくくなるという利点はあるかもしれない。
    マスクで鼻・喉を湿潤状態にしておくことで、良好な免疫力を保つ効果もあるかもしれない。
    しかし、これらは「かもしれない」からの推論でしかありません。学術的な統計データがなければ「医学的に有効」とは言えない。
    結論、国民全員がマスクをすることは、医学的には意味はない(=有意を主張する質の高い論文がない)。医師にマスク不要論者が多いのはそれなりの事情があると思って下さい。
    個人的には、まったく無意味とも思いませんが。

    1. 誰かが言っていましたが、おしゃべりを抑制する効果が一番あるのかもしれませんね。

      それなら「あめちゃんねぶっとき」でもいいかも。
      『あめちゃんをねぶることによる感染症予防効果について』でイグノーベル賞いけないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。