「全世界が韓国を称賛するのに日本だけが批判している」

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国のケーブルテレビ局CBS(キリスト教放送)「ノーカットニュース」が、「全世界が韓国を称賛しているのに日本だけが批判している」とするニュースを載せました。民間の記事の話で始まり、これといった説明も無しに「安倍が悪い」で終わる、凄い記事です。以下、部分引用してみます。

<全世界が認めた韓国のコロナ19防疫システムを、日本が正面批判した。何よりも、日本国内のコロナ19未検査の根拠を韓国の「医療崩壊」から探していることで、議論が予想される。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

日本の報道機関「ビジネスジャーナル」は11日、「新型コロナPCR検査の抑制は、日本政府の英断(英断・賢く勇気ある決断)なのか・・・徹底した検査で医療崩壊した韓国とイタリア」というタイトルの記事を掲載した。

この報道機関は、コロナ19の検査を増やすべきだという日本国内の世論に韓国とイタリアの事例を紹介しながら、「軽症に至るまで徹底的に検査することは弊害がある。韓国も大量に検査を実施し、医療崩壊を招いている」と批判した。

武藤正敏前駐韓日本大使は4日、「JBプレス」に寄稿して韓国のコロナ19検査システムが日本のそれを「上回る」と評価しながらも、「医療崩壊に近い状況をもたらしたのも事実だ」と指摘しした。それとともに「感染者のほとんどが研修等孤立して医療関係者の集中的な管理と治療を受けられずにいる。大邱と慶北に確診者が集中することを予測していなかったため、該当地域は、自宅待機して症状が悪化して死亡する事例が相次いている」とその理由を説明した・・

 

・・、問題は著しく少ない検査数で内部不安が広がると、その反証を韓国から探す日本政府の行動にある。 2020東京オリンピック開催を控え、韓国に対する操作・歪曲世論でコロナ19危機を突破しようとする意図だと読まれる。

東アジアの国際政治の専門家である大邱カトリック大学のキム・ヨンチャン政治外交学科教授は、「日本は国民の不満や不安を鎮めるために、韓国の試行錯誤を「誇張」して歪曲している」と一針した。「(※日本は)国民が過度に個人化されており、集団の声が出せず、安倍政府は十分に自分たちの意のままに国民が動くだろうと考えている」、「内部結束のための敵対勢力が必要だから、また韓国を利用して、十分にコロナ19事態が隠蔽可能であると判断したようだ」と分析した・・>

https://news.v.daum.net/v/20200313051200774

「いまの方式は間違っている」という声は韓国、特に現場でも聞こえていますが・・そういう人たちも土着倭寇、または地球に紛れ込んだ安倍星人なのでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (194)

136 Replies to “「全世界が韓国を称賛するのに日本だけが批判している」”

  1.  今回の騒動では、私は、韓国の取った「コロナ肺炎封じ込め」のやり方が頭から間違っていたとは思いません。韓国なりに成算があったのでしょう。
     ただ、封じ込めができそうにないということが分かった段階で方針を転換すべきであったのに、そうしなかった点で間違いを犯しました。このあたりの問題が、官僚制特有の硬直化現象なのか、文大統領をはじめとする韓国左派(ポピュリスト)の問題なのかは、後世の判断に委ねられるべきでしょう。
     逆に、わが国が幸いにも医療崩壊を免れて何とか持ちこたえている(つまり、早々に封じ込めに限界があることを見切ったわけですが)のがどのような政策判断によるのかという点も、いずれ検証されるべきでしょう。
     今回の件は、韓国特有の悪い点やポピュリスト政治の危険性とともに、自然災害に対する備えが十分であると思っていても、自然の力は人間の能力を軽々と上回りますから、備えを過信してはならないことを教えてくれているように思います。
     自信過剰の韓国人らには、そのようなことは、よほど痛い目に遭わないと分からないのではないかと思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。