文政府は、懸念の視線を「関心を集めた」と楽しんでいる

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

1つ前のエントリーのコメント欄、「名無しで」さんからの情報です。

以下、朝鮮日報の記事、部分引用します。

・「韓国の先制的防疫対応、莫大な検診実施、透明な情報公開などは、今後の感染症対応のための良い先導モデルである」。武漢コロナウイルス感染症確診者数で世界第2位の国である韓国の、ホン・ナムギ経済副首相は、(※3月)4日、国際通貨金融委員会の会議でこのように述べた。それまでは政府・与党がオン・オフラインで国民を説く際に使っていた宣伝論理を、外国の高官たちにまでそのままに突きつけたのだ。その自画自賛を、27カ国の代表が聞いた。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・政府の「コロナ自画自賛」の主な根拠は、外国の記事である。企画財政部は、3日、外信の肯定的な反応を集めた宣伝物をインターネットに掲載した。最初のページに、ドイツと英国の有力メディアの記事が掲載された。英国エコノミスト紙が「医療分野の正直さは希望よりも大きな価値」と、ドイツのシュピーゲル紙が「韓国政府の戦略は、断固とした透明性」と、それぞれ韓国政府を賞賛したかのように表現にしておいた。

・まずエコノミスト記事だが、その原文に韓国への肯定的評価は無い。「韓国とイタリアのように、すでに病気が広がったとすれば、中国人入国禁止は効果がない」という文章が、韓国関連記述の全てだ

・政府はまた、シュピーゲルの記事の「Radikalen」という単語を「断固とした」に翻訳したが、原文の内容として、「過激な、やりすぎた」という意味に近い。記事は、「(韓国政府が)CCTV、クレジットカードなどを分析し、確定者の移動経路を公開する」と紹介している

本ブログでも似たような内容を紹介したことがあります

 

・海外の主要メディアの中には、韓国政府を批判的に扱ったところが多い。ニューヨーク・タイムズ紙は、「韓国の大統領のコロナ終息発言は大きな対価を払った大きい間違い」と、ワシントンポストは「コロナ事態を正しく説明しなかったのはムン・ジェイン、政府の失敗」と、 ABCニュースもマスク不足を指摘した。このように、全世界が投げる懸念の視線を、私たちの政府は、まるで『関心』を集められたかのように、楽しんでいる。その間、韓国武漢コロナ累積感染者は7000人超え、死者は50人を超えた

https://news.v.daum.net/v/20200309031531542

読者さんの中に、「ブログ主、『関心』の部分が書きたくてこの記事をエントリーしたに違いない」と思った方がおられるなら、その御方は本ブログの公認常連です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5